20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

マイクミルズ監督の作品を映画館の大きなスクリーンで観られたことが本当に幸せでした。理由は自分でもよくわからないんですが、マイクミルズ監督が作り出す世界観が本当に本当に大好きです。心に響くというか、言葉では説明できない良さがあるというか…。

とにかく、「20センチュリーウーマン 」も、前作「人生はビギナーズ」での素晴らしい世界観を引き継いでおり、ファンとしてはとても嬉しかったです。音楽といい景色といい、どの場面を切り取っても美しい。

ストーリーも本当に良かったんですが、まだ核心まで読み解けていないような気がするので、今回は感想は書かないことにします。これから何度も観て、少しずつ自分のものにして行こうと思います。

ただ、ワンシーンだけ、スッと心の奥に入ってきて、涙が止まらなかったシーンがありました。ジェイミー(息子)とドロシー(母)のとある会話のシーン。ネタバレになるので内容は伏せますが、「あぁ、これが自分の両親に言いたかったことなんだなぁ」と、自分の中で整理がつきました。ジェイミーみたいに素直に言葉にはできないと思うけれど、いつか何かしらの形で伝えられたらなぁと思います。今大学の教室で、授業の開始を待ちながらこれを書いているんですが、そのシーンを思い出したら泣きそうです。堪えなきゃ。

DVDが12月に出るようなので、必ず買おうと思います。オールタイムベストであるアバウトタイムは、かれこれ20回近く観ているのですが、やはり観れば観るほど映画の核心や監督の思いに気づくことができます。20センチュリーウーマンも、そんな感じでたくさん観て、いろんなことに気付けたらなぁと思います。

また一つ、心の支えになる大切な作品が見つかりました。
maaa

maaaの感想・評価

3.5
記録。
エルファニングのたばこを吸う姿がカッコいい
素敵な母親。自分も親になったら、こんな風にいろんな人と一緒に成長していけたら幸せだと思う。
子供を思う親の気持ちは誰も同じだろー。
でも、悩みも付いてくる。
まわりの人々の助け、違う世界が見えてくる。
CarsToN

CarsToNの感想・評価

2.3
21世紀とは違う、20世紀の人たちの人間関係の複雑さや人生における困難な背景をアートで温かみのある内容で描かれてる映画。
スマホやネットなど情報社会となっている今、直で体験することがなくなってきているからこそ、観てみると新鮮な気持ちになれる。
idee

ideeの感想・評価

3.8
記録。
いずこ

いずこの感想・評価

3.4
いろんな人と関わって、多様な価値観を学べる環境って良いなぁと思った!
未来の視点からの語りが新鮮だった。
fern

fernの感想・評価

-
誰にも感情移入出来なくて最後まで見る事が出来なかった。
はな

はなの感想・評価

-
光と透明感と滲みが綺麗な映画でした

静かで、でもときどき胸の底がざわざわするような。見ていて飽きなかったな
>|