20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、…

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

aaaaa

aaaaaの感想・評価

2.9
思春期をどう過ごしてきたかで、評価が変わる作品ですね。 僕が15歳の時なんて受験戦争で、恋愛だの言ってる場合ではなかった。笑 中学校も相当荒れてたし。
やっぱりアメリカと日本だと、環境や国民性で大分違うんですかね。

主人公が、年上のお姉ちゃんエル・ファニングちゃん♡と毎晩添い寝してるだけで、そうとうハイブリッドリア充でしょ。そんな光景は日本ではあり得ません!笑

そして僕は、幼い頃から親戚関係での女同士の修羅場を散々見てきたので、どうもリアリティを感じられない。女同士の関係って相当闇深いですよ。笑

個人的には下着姿も披露するエル・ファニングに、はあはあすればいいだけの映画ですかね。笑
素晴らしく、輝かしい女性たち。
そんな彼女達の人生の一部を見ていた。
たぶん、彼女達は本当に存在していたと思う。
女性という難しい生き物の指南書…
グレタとエルが最高
ストーリー、エルファニング、スケボー、映像どれを取っても素晴らしい傑作。
伝える、理解する、認める、空気を読むということのバランスは若いうちに身につけなくてはならない。
アルバのシャツが欲しくなる。
beams boyのコラボTシャツが可愛すぎて、先走って買ってしまってから一年後やっと見ました。笑
Tシャツのデザインの意味を今更知るというw
おしゃれ映画、色彩と服や家が素敵。
sn

snの感想・評価

-
最初から最後まで私には全くハマらず、
面白さや良さが理解できなかった…
評価が高く、期待していただけに残念。

ダラダラと進むので長く感じた。
Sae

Saeの感想・評価

3.5
こんな若者の気持ちを理解しようとする母すごいなあって思うけどなあ〜どう生きていくのか幸せなのか、いつの時代でも悩みの種よね🌱
サンタバーバラの特別な一夏
思春期の教育って難しそう
彩

彩の感想・評価

3.7
全体の雰囲気や映像がおしゃれ!若くなくてもなんであんな素敵に見えるんだ〜ペイズリー柄のブラウス可愛かった。あんなカッコのおばちゃんになりたいなぁ。
ジェイミーがとにかく美形。あどけなさもまだ残ってて、でもスケボーなんてしちゃったりして。まだ知らない事がたくさんあって、「男」になる前の絶妙な時期。そこに関わってくるのは同性の男、ではなく女性。だからこその不思議な雰囲気があったような気がします。
ラストにみんなのその後を知れたのがなんか良かった。人には色んな人生があるんだな〜としみじみ。
紅孔雀

紅孔雀の感想・評価

4.9
まさにアネット・ベニングを観る映画。かつて、プレイボーイで鳴らしたウォーレン・ベイテイに引導を渡しただけのことはあります。もう実に、ハードボイルドな母親でしたァ(その証拠に、後半でアネットに「私も来世ではボガードと結婚するかも」なんて言わせてます)。ミルズ監督の母親と2人の姉がモデルとのことですが、彼女たちの発する言葉が実に名言揃いで、のけぞりました。以下、そのホンの一部を。
その1:息子ジェイミー(以下J)と母親ドロシー(以下D)の“幸せ”についての会話:
J「母さんはむかし想像してたぐらい幸せ?」
D「そんなの、人に聞くもんじゃないわ」
J「母親だろ」
D「親なら余計よ。幸せかなんて考えたらうつになる」
その2(子供が産めないかも、と宣告された下宿人アビーへのドロシーの一言):
D「今はすごく辛いこともやがて少しマシになる。また辛くなるけどね」
その3(ジェイミーがドロシーに“女性の老い”を論じた本の一節を読んで聞かせた時の一言):
D「私は自分を知るのに本は必要ない」
脚本はミルズ監督自身。さすがアカデミー脚本賞ノミネートだけのことはあります。
中盤ちょっとだけ中だるみがあり、それで満点まで行かなかったのですが、脇役達(グレタ・ガーウィグ、エル・ファニングの女優陣に加え、男下宿人ビリー・クラダップ、そして息子役のルーカス・ジェイド・ズマンまで)の演技も素晴らしく、最後のシーンがオープニングの空撮と繋がる構成の巧みさまで考えると、もう殆ど満点であります!
本作の名言を教えてくれたムトゥさん、70年代ガジェットへの詳細な説明が見事なnetfilmsさん、そして最後のシーンの意味を示唆してくれたnaitさん‥本作の魅力を様々に教えて頂き、誠に有難うございました‼️
>|