20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、…

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

天狗

天狗の感想・評価

3.7
好きな女優さんの一人、アネット・ベニングの主演作ということで。

監督はあの「人生はビギナー」の人でした。還暦もとうに過ぎてから堂々とホモ・カミングアウトする父親の話だったと記憶。

本作は「母親」と「子の成長」が描かれます。

①家族とは、血のつながりよりも一緒に住むこと
②その意味で家族というスモールワールドは、人の成長にとって大きな意味を持つ
③スモールワールドでありながら映画のためのコンテンツとしては無限

アネットの演技は勿論ですが、脇を固めたグレタ・ガーウィグとかビリー・クラダップがいい味出してます。

とはいえ、観る人を選ぶ作品のような気がします。エル・ファニングをあえてキャスティングしているのはそれが懸念だったのでないかと思慮します。
ぷに

ぷにの感想・評価

-
うまくいってほしい、何はともあれ幸せであってほしい
ので、試して考えて決めて壊して感じて止まって…と何とかもがく、だけど偏ってる、視界はすっきりしない、自分は不幸かもしれない…
そんなことない!私はこれでいい!何があっても。
何があっても、何でもいいんだよね。正直不幸でも、それがなんだっていうの?じたばたしてるうちに季節はめぐる、人生は進む、いまはもう21世紀。
kensyo

kensyoの感想・評価

4.3
僕はこういう、押し付けがましくなくて、自立していて、暖かな光が射すみたいな、人間をテーマにした物語をうまく受け止められない。どう扱っていいのか分からない。

でも、こういうお話を観ると、まだたくさんの学ぶべきものや愛すべきものがあるんだなっていう気がする。

隣で話をして眠るためだけに、せっせとハシゴを登って思春期の男の子の部屋に来るジュリーの言うことを、個人的には結構共感出来るんだけど、嫌う人も居るみたいだ。

系は全然違うのに「アトミック・ブロンド」を思い出すのは、強い女性が出てくるから?
ssmtmt

ssmtmtの感想・評価

4.8
何とも粋だ。人が成長していくさまを言葉で表情で行動や現象で、全てを語りすぎずにさらっと教えてくれる。しかも成長するのは15歳の子だけじゃない。
あと凄く映画的なシーンがたくさんあってしびれまくる。マイクミルズの最高傑作と思う。
ALOHA

ALOHAの感想・評価

4.1
母親の愛をウザく感じる年頃の少年とシングルマザーと、それを取り巻く人々。
全員が大きな愛情を持ってるんだけど、注ぎ込む対象がわからずに持て余してる感じが堪らない!
チョイチョイ挟んでくるカットも好き。
なかなかめっけもんの作品でした!
0naiii

0naiiiの感想・評価

3.9

アビーがいいキャラ過ぎる。
じんわり、あったかい。


 「サムサッカー」「人生はビギナーズ」のマイク・ミルズ監督が自身の母親をテーマに描いた半自伝的ドラマ。多感な思春期の少年が、自由奔放なシングルマザーと2人の個性的な女性たちに囲まれて過ごしたひと夏の成長の物語を、ユーモアを織り交ぜ瑞々しいタッチで綴る。主演は母親役にアネット・ベニング、その息子をルーカス・ジェイド・ズマン。共演にグレタ・ガーウィグ、エル・ファニング、ビリー・クラダップ。
 1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシアと母ひとり子ひとりの生活を送る15歳の少年ジェイミー。家には他に、子宮頸がんを患いニューヨークから地元に戻ってきたパンクな写真家アビーと元ヒッピーの便利屋ウィリアムが間借りしていた。さらにジェイミーの2つ上の幼なじみジュリーも夜な夜な彼の部屋にやってきては一緒のベッドで眠っていく。けれども決して体には触らせてくれない。そんな中、反抗期を迎えた息子のことがまるで理解できず、お手上げ状態になってしまったドロシア。そこで彼女は、アビーとジュリーに息子の教育係になってほしいと相談する。こうしてジェイミーは、強烈な個性を持つ3人の女性たちと15歳の特別な夏を過ごすことになるのだったが…。
dicman

dicmanの感想・評価

3.6
なんかいい
まゆ

まゆの感想・評価

4.7
今の自分にぴたっとハマった映画でした✨
思春期の複雑な感じ、女のめんどくささ(いくつになっても笑)、人生の失敗、人間の不器用な部分をサラッと描いてる作品。
出てくる人たちみんな自分に正直で、相手のことを否定しない。
人にも自分にもなるべく柔軟でいたいものです。
あと、少しの悪いことって大事だよなあって。
真面目すぎると人生つまらない。
写真とナレーションのあの感じも好き。
色使い、音楽もよかったなあ。
>|