20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、…

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

天狗

天狗の感想・評価

3.7
好きな女優さんの一人、アネット・ベニングの主演作ということで。

監督はあの「人生はビギナー」の人でした。還暦もとうに過ぎてから堂々とホモ・カミングアウトする父親の話だったと記憶。

本作は「母親」と「子の成長」が描かれます。

①家族とは、血のつながりよりも一緒に住むこと
②その意味で家族というスモールワールドは、人の成長にとって大きな意味を持つ
③スモールワールドでありながら映画のためのコンテンツとしては無限

アネットの演技は勿論ですが、脇を固めたグレタ・ガーウィグとかビリー・クラダップがいい味出してます。

とはいえ、観る人を選ぶ作品のような気がします。エル・ファニングをあえてキャスティングしているのはそれが懸念だったのでないかと思慮します。
soir

soirの感想・評価

-
もうちょっと大人になってから見直したい
KOUSOU

KOUSOUの感想・評価

3.7
【脚本】20点中14
【人物】10点中8
【音楽】10点中8
【映像】10点中7
elis

elisの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

よくわかんないけどキライじゃない
RAN

RANの感想・評価

-
特に盛り上がる場面がないから寝かけた。
バナナ

バナナの感想・評価

3.6
母に会いたくなった。
登場人物一人一人をしっかり掘り下げて描いてるけど、主人公は紛れもなく母親だと分かる。
理解できない息子を理解するために、知り合いに助けを請い、流行りの音楽に触れて、新しい場所に行ってみる。男にも興味を持とうとする。思春期の息子だけじゃなく、母親もなお成長するんだというのが良い作品だった。
母親の不器用な愛と、息子の母への想いが良かった。幼馴染や同居人の年上女性との関係も清々しい。
Delpy

Delpyの感想・評価

3.7
あらすじだけ見ると「それなんてエロゲ」なのだけど、おっさんも1人混じっています
ナッツ

ナッツの感想・評価

4.5
こんなおかんになりたいな
>|