20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、…

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

天狗

天狗の感想・評価

3.7
好きな女優さんの一人、アネット・ベニングの主演作ということで。

監督はあの「人生はビギナー」の人でした。還暦もとうに過ぎてから堂々とホモ・カミングアウトする父親の話だったと記憶。

本作は「母親」と「子の成長」が描かれます。

①家族とは、血のつながりよりも一緒に住むこと
②その意味で家族というスモールワールドは、人の成長にとって大きな意味を持つ
③スモールワールドでありながら映画のためのコンテンツとしては無限

アネットの演技は勿論ですが、脇を固めたグレタ・ガーウィグとかビリー・クラダップがいい味出してます。

とはいえ、観る人を選ぶ作品のような気がします。エル・ファニングをあえてキャスティングしているのはそれが懸念だったのでないかと思慮します。
Sadao

Sadaoの感想・評価

-
記録‼️
YY

YYの感想・評価

3.9
2018/08/16
記録
Haruka

Harukaの感想・評価

3.7
登場する女性が個性的。
個人的には映像の綺麗さとエルファニングの気怠さが好き。
1k

1kの感想・評価

3.6
フワーッとしてスヤァっとなる
雰囲気好きなやつ。
マイクミルズらしいな。

女にもいろんな生き方があるよって、自分に都合よくメッセージを受け取ろうとしたが、結局はパートナーを得て結婚することを良しとするのか。そして大半は子供を持つことが幸せとしてる。
内容的にはモヤッとするけど、出てくる人たちがそれぞれ魅力的。ジェイミーかわいすぎる。けど、これじゃマザコンにならないか心配。

2018/8/16 WOWOW録画
けんと

けんとの感想・評価

4.5
今見れてよかったと思う素敵な映画

良い男になるには…勉強になった(?)
あとはセックスをタブーにしないで食事の席で話すってシーンがすごい心に残った

そしてエルファニングめちゃきれいほんと好き、、
NaitoMami

NaitoMamiの感想・評価

4.8
「幸せかどうかなんて考えたら鬱になる」
「子どもをどんなに愛しても、しんどいことばかり」
「外の世界の息子を見られるあなたが羨ましい」
母親の言葉に共感しまくり。

本当はわかり合いたいのに、すれちがい、見当違いのことをしでかしたり、それで束の間わかり合えた気がしても、結局は真にわかり合うことはできないまま別れの時がくる。
母と息子のやるせない物語だった。
もどかしくて切ない、でもはかりしれない幸福と充足感。
私も高齢出産だったし、他人事じゃない想いで身につまされたなぁ。

20th century women と複数形になっている原題の通り、この世紀を生きる50代、30代、10代の3人の物語でもある。
3人ともそれぞれに心の痛みや不安を抱えていて、それなりにうまく順応しているように見えて不器用な生き難さも併せ持つ。

とくにエルファニングがよかったなぁ。
顔が半分隠れちゃうヘアスタイルとか、いきがったタバコの吸い方とか、細かいところまで「あの頃」の痛みや苛立ちや混乱をよく表している。
若さゆえの残酷さも。

親が教えられることなんて、子どもの人生からしてみたらほんの少しだろうし、子どもは子どもで「親の心 子知らず」なんだけど、それでも子どもは自分のことを親にもっと知ってほしいと思うし、気にかけてほしいと思うし、親と深いつながりを求めつづけるものなんだなと感じて、なんだか勇気がわいてきた。

切なさや悲しみと背中合わせに、不器用な愛に包まれた映画だった。
pansy820

pansy820の感想・評価

3.9
1つの時代、たくさんの人生。
エンドロールまでたどり着くとなんだか物悲しさを覚える。別にバッドエンドじゃないのに。
たまにはこういう映画もいいな。
力強い母の話。思春期を迎えてる男の子に対して、理解を深めようとパンクバンドのライブ行ったり向上心が半端ない(笑)難しいのは息子だけでなく、周囲の人みんなも同じ。それでも少しずつみんな成長していく、そんな感じがとてもいいし雰囲気が美しい。その中心のアネットネニング演じる母ちゃんは時に頼りたくなり時にはちょっとお節介すぎる…お盆の帰省前に見とけばもっと実家で手伝いしたかもな。
BGMもよかったです。
>|