20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

大人の階段登る〜〜君はまだ……H2Oの思い出がいっぱいを冒頭引用してみました。

思春期の少年を持つシングルマザーと少年を取り巻くオンナの子の独特な関係性が物語の主軸。

エルファニングが登場の都度、集中力が増すオヤジ。彼女、独特の魅力があり惹きつけられる。キュートだわ。

母親目線からの思春期を迎えた少年の成長物語。珍しい切り口で楽しめました。

⭐️教訓⭐️いつの時代も母親は強し。母親の愛情は青年期までは鬱陶しいが、齢を重ね、その愛情の深さに気付くこととなる。若い男性諸君!母親を大切にしよう‼︎
息子がイケメン!!
その周りがぶっ飛んでて
母が周りに協力頼んでるが、教育なるのかならないのかよくわからん。タバコすいまくりぃー!笑
よっこ

よっこの感想・評価

3.5
男の子の思春期ってこんな感じなのかな…って。笑
親の気持ちもわかるし、難しい年頃。
さと

さとの感想・評価

4.4
観終わったあと涙が。たまらなく心が揺れてしまうマイク・ミルズ監督の作品。

レビューを観ると酷評も多いんですね。私は車のラクガキみたいに“ART FAG”なのかな。自分でもどうしてこんなに響くのか理由がわからない。けれど、私の心の柔らかいところをギューッとつかまれる感じが。

涙の理由を理解したくて監督のインタビューをいくつか読んでみました。監督が自分の息子さんへの想いを「誰かを傷つけることなく、そっと誰かに見つけてもらえるような人になって欲しい。ただただ幸せになって欲しい。その手助けができるといいなと思って育てています。」と答えていて、それが私の息子に対する気持ちとよく似ている。

そういう監督の価値観、優しさ、温かい目線が映画全体に染み渡っていてそれを感じるから泣いてしまうのかなぁ。大好きです。

ちょっと思うところあって追記……
昨今のフェミニズムを巡る色々に思うことがあって、でも声高に強い言葉で罵るみたいな怒りの表明もなんか違うと思ってた。でも、憤る気持ちは人一倍ある。そこに男性であるマイクミルズがこの優しいやり方で女性を肯定してくれることに感動しているのかも、と鑑賞後、しばらくたってから思い至りました。
Lisa

Lisaの感想・評価

-
正解はない!
hona

honaの感想・評価

3.4
親は子どもを心配してあれこれ世話を焼こうとする、どこの国でもいつの時代でもそうなんだ。そんなに心配しなくてもいいと思う。
よっち

よっちの感想・評価

3.8
寝る前に短めのもの一本…と思ってたらしっかり119分ある映画でびっくり

母の気持ちと息子の気持ちとどちらも分かる
子育てに正解はないなーと思った
親にも、子供にもお互いわからないことがあるし、言わないと伝わらないことも、言っても伝わらないことがあることを教えてくれる作品。
母と子の考えの違いだけでなく、ティーンエイジと中年、男性と女性など様々な価値観の相違を知ることができるのもポイント。そのどちらもが優劣のつけられないものだという描き方をしているので説教くさくもない。
また全編を通して朝日が差し込むような描写が多く、70年〜80年代のロックやジャズなどの音楽が組み合わさり、おしゃれで穏やかな雰囲気が魅力的である。
mooch

moochの感想・評価

3.6
1970年代頃のアメリカ🇺🇸の話。
親子の成長とそれを周りで支える人達とのドラマチックムービー。
その当時の写真や音楽も交えながら進んでいく感じ。
ぶこつなアメリカって感じの時代がカッコいい。今もアメリカはアメリカだけど、この時代のアメリカこそ、私が思うアメリカだと感じた。
>|