20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

大人の階段登る〜〜君はまだ……H2Oの思い出がいっぱいを冒頭引用してみました。

思春期の少年を持つシングルマザーと少年を取り巻くオンナの子の独特な関係性が物語の主軸。

エルファニングが登場の都度、集中力が増すオヤジ。彼女、独特の魅力があり惹きつけられる。キュートだわ。

母親目線からの思春期を迎えた少年の成長物語。珍しい切り口で楽しめました。

⭐️教訓⭐️いつの時代も母親は強し。母親の愛情は青年期までは鬱陶しいが、齢を重ね、その愛情の深さに気付くこととなる。若い男性諸君!母親を大切にしよう‼︎
マユオ

マユオの感想・評価

5.0
ルーカス可愛い。
思考が死ぬほど可愛い。
好き。

映画全体の雰囲気が本当にオシャレ。

めちゃくちゃ好きな作品になった。

いい音楽に合わせて手を取り合って踊る。そんなのが、私の夢だ。

情報量が多め。

エル・ファニングがタバコをくわえてるのが本当に可愛かった。

60〜70年代キャディラックもホルクスワーゲンもめちゃくちゃ好き。

音楽のセンスが抜群。
もた

もたの感想・評価

3.0
前半の思わせぶり加減が少しきつかった。
まず何よりエルファニングの可愛さたるやいなや。キャストが良い。レディバードの監督のグレタ・ガーウィグがレディバードそのものだった。
2019年13本目。監督のマイク・ミルズはCM監督上がりみたい。だからか、切り取りたい1枚絵がたくさんある映画だった。ドロシアとジェイミーが株価チェックをしているところを正面から捉えた時の1枚絵が特に素敵。ティファニーブルーと白のチェック柄の床に、同じくティファニーブルーのキッチン、パステルイエローの食器棚が可愛くて、ポップでマットな空気がずっと流れている映画だった。サンタバーバラ行きたくなった。
そしてなにより、ものすごくものすごく、感情の機微をとらえた映画で、ドロシア、ジュリー、アビーそれぞれの影響を色濃く受けながらジェイミーが育っていく様子が素敵でした。と言いつつ、あまりに良い映画すぎて1回で内容を全部飲み込めなかったので、もう1回観ないと。機微に気づけない。
エリカ

エリカの感想・評価

3.0
オシャレな映画で良かった。
激しくないけど飽きなくていい。
40歳で産んだ子供、15歳になると自分は55歳なわけで。
自分の育った時代との考え方や生活スタイルのギャップについていけないと思うのはやっぱり当たり前な事だと思う。
結構過激で刺激の強い事を言っちゃうのはちょっとびっくりしたけど、これは自分も同じように守られて生活してきたからかもしれない。
外の世界のあの子を知らなくても、親だから子の全てを知らないといけないわけではない。
光の入り方が綺麗だった。
10人いれば10人違う生き方がある、同じ人生なんてない。
Yuki

Yukiの感想・評価

3.9
一人一人の人生が物語で、一人一人がその物語主人公で、始まりがあって、終わりがあって、、わたしはどんな物語を書こうか、、、
赤髪のグレタ・ガーウィグかっこよすぎじゃん

Talking Heads BLACK FLAG
tomo

tomoの感想・評価

4.8
エルファニングが美しくかわいすぎる。
映像がおしゃれ。すき。
>|