20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、…

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

20世紀の3人の女性の生き方を1人の少年の視点から追っていく感じがいい。

淡々としてますが、3人それぞれが違う世代で違う問題をかかえながら成長していくいい話です。
最高。
なにもかも好み。
Sarah

Sarahの感想・評価

1.1
エル・ファニング目当てでみたのでどんな内容でもいいや!
なんて思ってたが、こっちの方だったか…(〃_ _)
このゆっくり過ぎるのはダメだなぁー。自分。

シングルマザーで息子の難しい年頃にどうするか!って言うのはいいと思う

けど、描き方が悪くて悪くて…

途中で観るのやめようかと思ったよ。
紺

紺の感想・評価

-
iPhoneの初期設定に苦しみながら観たから、あんまり内容残ってない。もっかい観ようかな。
ののの

のののの感想・評価

4.8
今の私には響く言葉がたくさんだったです。
Yuzukai

Yuzukaiの感想・評価

-
マイクミルズ、好き。
何回か観ないと理解できないかも。
あと、期待してみたから良さ半減したのかもしれない。
みんな幸せになって、観てる自分だけ置いてかれた感じになってメンヘラになった
うに

うにの感想・評価

3.5
邦題、そのまま使ったのは正解だったと思うよ。これを20世紀だとか、完全な日本語にされなくて本当に良かった、、。
わたしの努力が足りなくて読み込めなかっただけならいいのだけど、話のピースが全て揃うのが遅すぎて、前半は何に向かっているのか正直分からなかった。けど、最後は理解出来たし、名言だらけ。あとは音楽や服や部屋のセンス、時々混じるMVの様な映像にどきどきした。ただ、79年という設定の胡散臭いところが少々、どうしても古く見せようとしているのを感じちゃってそこが残念だった、素敵な映像なのだけど。
Sakiko

Sakikoの感想・評価

3.2
エレファニング目当てで見たけど良い映画だった。
美しくてローカルな映像で台詞のチョイスが良かった。
英語をちゃんと勉強して字幕なしでまた今度見たいな。
やっぱり日本人の思春期を超してる。
>|