20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

20世紀の3人の女性の生き方を1人の少年の視点から追っていく感じがいい。

淡々としてますが、3人それぞれが違う世代で違う問題をかかえながら成長していくいい話です。
素敵な母親。自分も親になったら、こんな風にいろんな人と一緒に成長していけたら幸せだと思う。
子供を思う親の気持ちは誰も同じだろー。
でも、悩みも付いてくる。
まわりの人々の助け、違う世界が見えてくる。
CarsToN

CarsToNの感想・評価

2.3
21世紀とは違う、20世紀の人たちの人間関係の複雑さや人生における困難な背景をアートで温かみのある内容で描かれてる映画。
スマホやネットなど情報社会となっている今、直で体験することがなくなってきているからこそ、観てみると新鮮な気持ちになれる。
idee

ideeの感想・評価

3.8
記録。
いずこ

いずこの感想・評価

3.4
いろんな人と関わって、多様な価値観を学べる環境って良いなぁと思った!
未来の視点からの語りが新鮮だった。
fern

fernの感想・評価

-
誰にも感情移入出来なくて最後まで見る事が出来なかった。
はな

はなの感想・評価

-
光と透明感と滲みが綺麗な映画でした

静かで、でもときどき胸の底がざわざわするような。見ていて飽きなかったな
参照
http://www.elanmcarson.com/20th-century-women-list-books-mentioned-movie/
Book List:

Part of the shaping of Jamie’s identity in this emotionally piercing coming-of-age story comes from the books that Abbie gives him from her feminism studies.

And as we grow closer to the other characters, we find that what they read also plays a role in how they’ve come to experience the world and people around them.

Below are books listed throughout the film that Jamie, as well as other characters read in the course of 20th Century Women.



Our Bodies Our Selves by Judy Norsigian (read by Jamie and Abbie)
Sisterhood is powerful by Various Authors (read by Jamie and Abbie)–
“The Politics of Orgasm” (essay) by Susan Lydon
“It Hurts to be Alive and Obsolete: The Aging Woman” (essay) by Zoe Moss
Watership Down by Richard Adams (read by Dorothea)
Forever by Judy Blume (read by Julie)
The Road Less Traveled by M. Scott Peck (read by Julie)
Yokoyama

Yokoyamaの感想・評価

3.8
シングルマザーの母が息子を支えてほしいとルームシェアしてる写真家(グレタ・ガーウィグ)と息子の幼馴染(エル・ファニング)にお願いする。

グレタとエルの2人ともが魅力的で
カッコイイ人生観
そんな2人が側に居て成長出来て羨ましい

ただシングルマザーの母はもっと格好良かった
それを息子もわかってて
良い親子やった

エル・ファニングのオーラが笑
可愛いとかそんなんじゃない
そら売れるわ
>|