20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、…

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

R

Rの感想・評価

3.3
すごく期待しすぎてたのか、、
わからぬ(;_;)エルファニングがこんな役柄だったとは!!!!ショック!でもあいかわらず可愛くて黄色いTシャツがすごく似合ってた〜☺️☺️☺️

外国の少年少女の思春期ってなかなか難しいね。。日本とは違ってマリファナとか横行してるし ぶっとんでる人たくさんいるし(笑)
子どもを守るには親2人、ましてや1人なんかじゃ到底無理だって思うのもふつうか。
子どもは親のいうことなんか聞いてくれないし。
だったら子どもが信頼を向けている人に、彼らの支えになるように導いてほしいって頼むのは、それもふつうのことか。
だから後見人とかあるのかな〜

しかしお母さんの思惑とは違って、
いい男レッスンとか、
どうしたらかっこよく振る舞えるのかとか、
性やセックスについても直球で教えてくれる女性たち。

どうしたら女の子にモテるかとか
本来人前で話し合うことが恥とされてる性に関して、それこそが一番の関心である性に関して、彼女たちは隠すことなく彼に教えてた。

人間って教えてもらえないと知りたくなるし、隠されると見つけ出したくなるし、だから彼女たちのようにむしろ開けっぴろげにした方が、
ああ、そうゆうことなのか。で、済むと思う。
心と体がひとつになれると思う。

エッチしない女の子と寝るのはもうやめな!
自尊心が低くなる

その通り!(笑)
まぁ流れる感じの映画

このレビューはネタバレを含みます

1979年の南カリフォルニアを舞台とした作品。

激しさはなく、淡々と綴る物語かもしれない。
しかしこの時代に溶け込めるかのような音楽や雰囲気、この部分をどう解釈するかによって面白さが決まる。

個人的にはテーマがちょっと合わなかった。
思春期真っ只中の息子、その趣味や思考を理解しようなんてことがどんなに大変なものなのか。
自分が同じ年頃の頃は無味乾燥なものだったな、と激しく後悔。
両親に話を聞いたことがあるけど、全く手のかからない子供だったそうな⤵
shibuki

shibukiの感想・評価

4.1
母親に限らず、意思は受け継がれていくものなんだな
色味や突然のインサートが今風でオシャレ
煙草をくわえるエルファニングにどきっとする

ちょっと退屈だけど、スクショして部屋の壁に貼りたいようなどきっとするセリフが何個かあった
Ryosho

Ryoshoの感想・評価

-
お母さんが、息子であるジェイミーのことを「Kid」って呼ぶ声がとてもやさしい響き。

グレタ演じるアビーが、「私が10代の頃に聴いてたら楽になれた曲」を集めたミックステープをプレゼントするのがよかった。こんな姉ちゃんいたらいいのになってなった。

モノクロ写真の挿入にあわせて、登場人物複数人のモノローグが入るのが割と新鮮だった。
ch

chの感想・評価

-
2018/09/20 tv
Chisato

Chisatoの感想・評価

4.0
風景も出てくる人すべてが美しく、クールだった
それぞれの生き方、いい男の育て方などみていておもしろい
素直でやさしいジェイミーがかわいい
usagi

usagiの感想・評価

4.6
すごい好きな筈なんですが、DVDで観たので途中で眠くなり過ぎて何回も見直してようやく最後まで観れた、くらい話の進むスピードはゆっくり、かつ途切れ途切れなので、これは映画館で集中して観ないといけなかったやつだなぁと思った。誰に感情移入するかと言うと母親だったので子供を持っても幸せか、なんて人それぞれなんだろうなぁと当たり前のことを思った。
さえ

さえの感想・評価

4.1
時代の移り変わりの真ん中を生きる、シングルマザー親子。
息子を、とにかく"幸せ"になれる人間に育てたい母親と、
自分の成長期と時代を一気に飲み込むように、"大人"になろうとする息子。


特に素晴らしかったのは、やはり母親の人物像。


息子は、"大恐慌時代の人間だから"などと、何度も自分と線引きをしようとしていましたが、
彼女は、時代に置いていかれている厄介な大人などではなく、
新しい時代を肯定的に受け止めようと努力し、自分の過去にとらわれ過ぎてない、
母親という役も含め、彼女の人間としての力強い軸を感じられました。

離婚歴と、息子の悩み、自分の幸せ、葛藤を表現する、
アネット・ベニングの人間味溢れる演技力。
本当に素晴らしいです。

そして彼女の人物設定だけでなく、
親子を取り巻く登場人物までもを綿密に作り上げたマイク・ミルズ監督の力。

思想・生き方・見た目…それぞれが違う方向に伸びていて、
人生の一コマを見ることができる映画でした。
>|