20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

アビーだわ
chak

chakの感想・評価

3.0
私は息子でも母親でもないのでこの映画の伝えたいことが感じとれなかったけれど、エルファニングちゃんのあざと可愛さやタバコをスパスパ吸うシーンが見れたたけでも嬉しかった。
15歳思春期、異性の親子関係は難しいんだろうな。母親は外の息子を知らないけれど、息子からしたら知られたくもない分かるよ分かります。
何度か寿命を言われるシーンがあり、この時期が関係が永遠ではない事を突きつけられて切なかった。色合いや部屋のインテリアがお洒落
mono

monoの感想・評価

3.7
多分、親になる前だったら
きっともっとお母さんに対して嫌な気持ちを抱いてそう。
見ていて不快に思う事もあったかもしれない。もう、それは分からないけど。
けれど、親である今
絶対に気にしてしまう気持ちも
それをウザいほど口に出し、行動に移してしまう気持ちも痛いほどよく分かるし
分かるからこそ見ていて辛いという瞬間もあった。
自分を俯瞰して見ている感じだったなぁ、、。
まだ私の息子は小さすぎるし
同じような状況では全くないけれど
大多数の親子の状況なんじゃないかと思ってしまう。いや、分からないけど。
アビーとか、親子を取り巻く3人のキャラも良いよね。
みんな違ってみんな良いよね。

でも、どの人の気持ちも分かったな〜
あ、うそ
ちょっとウィリアムは分からん。

てかビリー・クラダップってあの頃ペニーレインに出てるんだー!
だれだろー!
(調べたらめっちゃ主要人物だった。だがしかしそれがどの人が思い出せないおバカ)



もーほんと、お洒落でお洒落でお洒落でお洒落で
いや、もう分かったよ!!!!!!
って言いたくなるくらい詰め込んできて
それがちょっと、引き算してほしかったなー
逆に勿体ないなーと思ったなぁ、、
好きだけどね。
そんな詰め込まない方が素敵に仕上がるのにな。内容どっかいっちゃうじゃん。
まぁ好きだけどね。
古沢

古沢の感想・評価

4.0
綺麗な音楽は社会の腐敗を隠す
mm

mmの感想・評価

-
🙋‍♀️
Her

Herの感想・評価

4.5
登場人物同士の距離感と関係が素敵だった。思春期にこんな人たちが周りにいたらなと羨ましく思う。フェミニズムの取り上げ方もいい。何回も観たくなる。
ドロシアさん好きだな。報われる瞬間がいくつもあって良かった。
エルちゃん可愛いな…
有酸素

有酸素の感想・評価

3.8
パンクとフェミニズムを通してモダンな感性を教えてくれるアビーがとても頼もしかった。
息子が好きらしいトーキンヘッズを軟弱者のやつね、でもこっち(ブラックフラッグと比べて)のほうがいいわっていうドロシアと考える前に踊ろうと誘う彼が良かった。
こういう人物描写が細密な映画ってひとり共感できるキャラクターがいないと退屈してしまうのにまったくわたしには無関係な世界だけど突き放されずに妙に寄り添わせてくれる優しさがある。
貝崎

貝崎の感想・評価

3.0
普通にいい家族と同居人たちのええ話的な感じなんですけど、こんな普遍的なことがひとつの映画になるのは素敵よね。Netflix作品ぽいけど。

当時のパンクムーブメントにグレタ・ガーウィグのパンクス感がもう彼女がここにいるの必然だなって感じで、ボウイに影響受けたというヘアスタイルとかストリート系の写真スタイルとか、フェミニスト発言とか、彼女は本当こっち系に欠かせない存在。
お母さん(アネット・ベニング)がジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)を理解しようとART FAGとBLAK FLAGのお勉強したりクラブで遊んでみたり本当チャーミングで可愛いな。素敵なお母さんだしまっすぐで可愛い息子だし、彼らのその後もそれぞれ素敵な人生を歩んでいてそれなりに面白くて退屈だった。
>|