20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価 - 188ページ目

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、…

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

Riho

Rihoの感想・評価

4.3
すごく好き。
なんだろう、登場人物がみんな人間らしくって好き、なのかな。

好きなポイントや台詞が
たくさんあったのだけれど
ピンポイントで思い出せない…
新鮮なうちにメモ書いておけば良かったと後悔。。

まあでもダントツで好きだったポイントは
ママの男前なスタンス。
こんな風に余裕があって遊びもあって強くて脆い母になりたい、とじわじわ思えてきた。
息子の心の優しい部分もとってもほっこり。

あと大学時代に好きで学んできたアメリカ史というか文化の変遷がうまい具合に入れ込まれていて、それも懐かしく、+α点。

このタイミングで観られて良かった!と久しぶりに思えた作品。
何度か観たい作品に追加。
toshi

toshiの感想・評価

3.6
エルファニング、煙草、、一目惚れ、すごいかわいい、ほんとに、ジェイド役のこも顔がすごく綺麗で美しかった、

いまだったらすこしこの映画の中のエルファニングのきもちがわかるかもしれない。どこもかしこも初恋は実らない法則なんだね。

最初のほうはお母さん良い人だったのに後半は普通のめんどくさい親ってかんじだったなあ。。ほんとにジェイドの気持ちがわかる。

それしにてもそれぞれのキャラクターがしっかり人に向き合う姿勢、それぞれの価値観をもっていて、その後の人生もちゃんと生きてる。親と絶縁したり恋をしたり子供ができたり
一時期は共鳴しあっていたそれぞれが、ばらばらになってそれぞれがまた自分らしく生きている

すごく普通ですごく変な人たちのいっときの家族の話

なにがよかったって、エルファニングの煙草と男の子の美しさと、その幼馴染みという不思議な関係かなあ
アート作家らしい色設計とトリッキーな映像表現、音楽の使い方がよかったです。

また、服装や振る舞いなど、役者たちの活き活きとした"自然なかっこよさ"はため息が出そうになるほどでした。

話は監督の前作『人生はビギナーズ』に続き、極めて私的なものですが、母の愛情や子の成長など、普遍的なものを通して人生の輝きを感じさせ、切ないような温かいような不思議な感覚にさせられる映画でした。
hina

hinaの感想・評価

3.3

公開初日にみました!

出てくる女性たちがとても強くてかっこいい。

エルファニングの可愛さ。

映像美と映画の雰囲気は好きだけど、ストーリーはなんだか少し物足りなさ?を感じる。もう少し想像を超えた何かがあるのかなあとおもった〜〜

大きな映画館貸切で見れちゃって贅沢でした!
みか

みかの感想・評価

3.8
最終日滑り込み。

映画そのものではなく、観ながら自分自身の家族との関係で改めて感じたことがあり、泣き出してしまった。
こんな歳になって思うあたり本当に大人になれていない。

あ、アネット・ベニングいいですね。
KuboKei

KuboKeiの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

最高でした。
今年見た映画の中で一番良かったです。見ている間に大きな感動や突き動かされる何か、みたいなのはなかったのですが始終色んな種類の愛が溢れていて、見ている間中嬉しい気持ちでいっぱいでした。1979年の夏、私は生まれてすらなかったけど、いつでもその時代の政治や音楽や価値観等様々なものに私たちは影響されて育っていくということが1979年のアメリカ、サンタバーバラを舞台に描かれていて、その中で様々な愛(人に関するものだけではなく、音楽に熱中する姿や、いつも身につけられている左右のシルバーバングルにも愛を感じた)を感じ、考え、変化していく人々を見て、人生だあ、と思いました。
映像も音楽も本当に素晴らしいんだけど、何より私は劇中ファッションがとても好きでした。
年齢を重ねて若者の好みが分からなくなっても、努力して自分なりに解釈して楽しむ直向きさとか、感動しました。年齢を重ねる事は悪い事ではないなと思える作品。また見たい。
とても好きな映画だったのでパンフレットを購入しました。写真もとても良いです!
せっかく公開されたと思ったらもう公開終了だと聞いて急いで渋谷の映画館に観に行ってきたのですが、ほんっっっとーーーーーうによかった....

今年みた映画の中で一番良かったと言っても過言ではない!

私もあんなお母さんになりたいしあんなお姉さんたちに囲まれて育ちたかったなあなんて思ってしまうくらい、全キャラクターが魅力的。

それにしてもエルファニングの魔性の魅力おそるべし。

P.s. わたしもヒップスターになりたい

このレビューはネタバレを含みます

オープニングから、もう、心にぐっときた。音楽もセリフも光もファッションもキャラクターも希望もみんな好きだ。
中でも、ドロシアがクラブに行って、自分に最適な(appropriate guy?と言っていたかな、うろ覚え)男性と巡り会えるかしらね、とバーカウンターで話すシーンがたまらなくキュートで微笑ましくて、好きだ。(同じようにたまらなく可愛く感じたから、ウィリアムも思わず彼女にキスをしたのだろう)ほんのり切ないのがリアルで、どうなっていくのか分からない未来を考えている余裕があったりなかったりしながらの日常を愛おしいと思える作品。好きだなぁ。
sekshun

sekshunの感想・評価

4.0
マイク・ミルズ監督の自伝映画。今回は監督の母親の話がメイン。70年代の音楽と独特の映像の魅せ方が上手かった。マイク・ミルズ少年と母親と同居人3人、唯一の男の同居人とはソリが合わないのかほぼほぼ絡みがないのが笑える。期待通りエル・ファニングとグレタ・ガーウィグがイイ。
Atsushi

Atsushiの感想・評価

3.7
どのシーンを切り取っても絵になる。
強くてかっこいい母親にキュンとなった。