20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、…

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

yagiko

yagikoの感想・評価

3.1
エルファニング目当てで観た映画。
映像綺麗だし、ファッションも70年代ですごくおしゃれ。音楽もまぁまぁ。
ストーリーはなんかピンと来なかったし、
なんか難しかったなぁ。笑
もう一回ちゃんとみようかな
Burnie074

Burnie074の感想・評価

4.0
おびさんロードにあるウイークエンドキネマMにて鑑賞。
ヒューマンドラマは基本的に苦手な分野なんだけれど、コメディ要素も少しあり飽きも来なくて楽しめた。

登場人物に個性がありそれに所々の描写が懐かしさもあり斬新さもあり新感覚の作品で見応えがあり面白かった。
tipsy806

tipsy806の感想・評価

4.0
みんなが放つ言葉が、突き刺さることが多くて心を揺さぶられる映画でした。
みんながみんな色々あって、複雑で。
でもだからこそ愛おしくて。
今回もマイクミルズはいい仕事しておるのう。
nemui

nemuiの感想・評価

3.8
試写会で鑑賞。

待ちに待ったマイク・ミルズ監督の新作。自身の母親をモデルに制作した作品で、多感な時期に彼が感じたものが体現されていた。劇中幾度となく射し込む眩い光のなんと美しいこと。彼にとってはそれくらい輝かしい記憶なのかな。所有物を撮影すると「自分」を表現できるという写真家アビーのその考えが好き。
息子がより多様な思考に関心を伸ばす思春期がよかった いい大人になりそう
れな

れなの感想・評価

3.0
オールナイトショー 2本目

たまに意味がわからなかったけどトータル的には面白かった

このレビューはネタバレを含みます

面白いけどフェミ思想すぎてウッてなったり、親との距離近すぎてマザコンかよ…ウッてなった。女の人も男の人もあまり利口に描かれてないように感じる。セックスする気がない女を隣に寝かしちゃダメってのは感心した。
みなみ会館のオールナイト上映で観ましたが、百点満点の映画でした。
また後日長い感想を書き直すかもしれません。
観終わったあとのおしゃべりが止まらなくなる、誰かと一緒に観たい映画。
ともや

ともやの感想・評価

5.0
京都みなみ会館のオールナイト上映にて

画も音楽もめちゃめちゃ好みでした

色々な意味を込めたであろうラストのAs Time Goes Byが沁みた…

また観てえ
ryo

ryoの感想・評価

3.1
エルファニングが天使な容姿なので画面が美しい…。赤いリュック欲しくなった。

アビーが優しい。つらい気持ちを知ってる人は優しいし、不器用でも愛しいなぁ、と思える。「地球に落ちてきた男」をみて赤い髪にしたところもすき。

ウィリアムもすきだな。陶芸はちょっと意外だったけど。

少年とお姉さん、おにいさん、ママとのひと夏のお話でした。