20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、…

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

Go

Goの感想・評価

3.0
アネットベニング大好きだけどビアンぽいなーといつも思っていて、途中突っ込まれてて笑った
あしべ

あしべの感想・評価

3.6
前作「人生はビギナーズ」がとても良かったので、今作も期待して観ましたけど、
何となく前作よりも間口の狭いパーソナルな趣があった気がします。

でも、写真をバックにナレーション乗せたり、黄色いキッチンにタイル貼りにエメラルド色の洗濯機とか、
登場人物のファッションとか、マイク・ミルズ監督の相変わらずのビジュアルセンスは健在。
前作同様、選曲なんかも最高過ぎて、やはり観ていてオシャレな映画観てるなって気になってくる。

また、今作の最大の見所は母親役のアネット・ベニングでしょう。
逞ましいようで脆い複雑なキャラクターを創造してみせてます。

主人公と母親をとりまく人々もまたキャラクターがしっかり掘り下げてて、人となりが分かるのがすごい。
グレタ・ガーウィグの近所のねぇちゃん感最高過ぎる。

あの主人公が現在の監督と考えると、監督ってどんな感じの人なのかなぁと、ちょっと気になる。
RYOTA

RYOTAの感想・評価

4.0
俺もこの人のことは伝えきれないと言われるような人生を全うしたい

このレビューはネタバレを含みます

親離れ子離れできないこじらせた母と息子のお話(設定は1979年)


Talking HeadsとBlack Flagのくだりとクリトリスのくだりで笑った。私もTalking Heads派なのでダンスシーンが良かった。


割と股の緩いジュリー(エルちゃん可愛い)がジェイミーとSEXしない正しさとか、アビーのAV導入から始まるようなSEXとか、本を読んでオーガズムについて真剣に考えてる童貞(多分)ジェイミーの滑稽さとか、馬鹿馬鹿しくて好き。
ranchan

ranchanの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

お母さんが赤髪の同居人に「外の世界のあの子を見れて羨ましい」っていうシーンが心に残った。親子ってそういうもんだよな、、
母視点だと息子を愛してるのに分かり得なくてもどかしくて寂しい気持ちになるのに息子視点だと親はいつも勝手でなにもわかっていないじゃないか、ってどっちにも感情移入できる。
リアルな感じがすごく好き
10代のうちにみれてよかった映画
天狗

天狗の感想・評価

3.7
好きな女優さんの一人、アネット・ベニングの主演作ということで。

監督はあの「人生はビギナー」の人でした。還暦もとうに過ぎてから堂々とホモ・カミングアウトする父親の話だったと記憶。

本作は「母親」と「子の成長」が描かれます。

①家族とは、血のつながりよりも一緒に住むこと
②その意味で家族というスモールワールドは、人の成長にとって大きな意味を持つ
③スモールワールドでありながら映画のためのコンテンツとしては無限

アネットの演技は勿論ですが、脇を固めたグレタ・ガーウィグとかビリー・クラダップがいい味出してます。

とはいえ、観る人を選ぶ作品のような気がします。エル・ファニングをあえてキャスティングしているのはそれが懸念だったのでないかと思慮します。
りなこ

りなこの感想・評価

4.2
15歳の息子ジェイミーと、彼の言動が理解できない母ドロシアとの話。

とにかく映像がオシャレ♡

ドロシアの柄シャツ、アビーの派手派手なコーディネート(赤い髪に青シャツ、紫のショーパン、緑のタイツ!)、ジュリーのシンプルなデニムスタイル。
ファッションがみんなかわいいです。

インテリアは特に、ブルーとイエローがベースのキッチンが素敵です。
床のタイルもかわいい。
あとジェイミーがスケボーする道の石垣が好きでした(一瞬しか映らないんですが)。

そして音楽もイケてる!

舞台は1979年で、時代の流行はパンク!
「彼らはわざと下手に演奏しているの?」
と質問する母w
でもジェイミーのことを理解しようと、後半ではBLACK FLAGに合わせて踊っちゃうドロシア。かわいい。

ドロシアは戦争も経験して、ダンスといえば手を取り合って揺れるスタイルの人間。
ジェイミーも「大恐慌時代の人だから」と語るように母の言動を理解できず。
でも最後の告白で、ドロシアのことが腑に落ちます。

予想外に泣けた(;ω;)
こういう母親の話に弱いです。

ドロシア、いいお母さんでした。
普通はこんなに子供のこと理解しようとしないと思う。
かっこいい母。


それとアビー役は「フランシス・ハ」のグレタ・ガーウィグ。
キャラもフランシスと似ているので、「フランシス・ハ」が好きな人は楽しめるかもです( ˙꒳​˙ )
田所聡

田所聡の感想・評価

3.6
歳を重ねたら見方がまた変わるのかなー
もう一回見てみようかと思えた
タバコを吸う姿が様になってたから普段から吸ってるんだろうなーと
Yuumi

Yuumiの感想・評価

4.0
エルちゃんがただただ美しかった。あの声、笑い声、笑った時のくしゃっとした顔、仕草、全てに魅せられた。劇中何度も幸せになってほしいと願ったほど、彼女が放つ言葉に共感した
何回か観ればもっと理解も深まるのかな
Tommy

Tommyの感想・評価

3.5
【2017.12.14.THU】

幸せかなんて考えてたらうつになる。

その通りだなぁと思いました。

子どもを産むことは素晴らしいこと、
だけど子どもがわからなくなる。
いつの時代も母と子とは
そういう喜びと苦しみとか
複雑に絡まり合っているのですね。

だけどそんなに頑張らなくても
良いんだなぁ…

あなたがいてくれればそれでいい。