20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、…

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

ちゃそ

ちゃその感想・評価

3.7
思春期の時に見ときたかった映画。
ジェイミーの環境が羨ましい。あの歳で良いことも悪いことも教えてもらえて。
アビーがくれた10代の時に聞いとけミックステープ聞いてみたい。

音楽とみんなの服装がお洒落。
ジェイミーを通してみんな成長してたような気がした。
Mina

Minaの感想・評価

3.7
“Wondering if you're happy is a great shortcut to just being depressed.”
yuka2

yuka2の感想・評価

4.3
三者三様の女性
人はいろんな問題を抱えて
いろんな選択があって
いろんな人生がある
KaiSaito

KaiSaitoの感想・評価

3.9
登場人物がこうやって丁寧に描かれてる映画好きだなぁ。。。

『人生はビギナーズ』の監督か!
納得納得。
てた

てたの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

20世紀ってそっか。一世代前なんだね。
女性に視点を当てた映画かなって思ったら、20世紀内に生を全うした母親の話だった。

エル・ファニングの破滅的な役が今回はマッチしてた。最近良くそういう役柄で見かけるんだけど、これが一番自然な気がした。
彼女、たしかに天使のような可愛らしさなんだけど、表情をいろいろ見せてくれていいよね。
それ以上に、アビー役のグレタ・カーヴィグがとっても素敵だった。
joker

jokerの感想・評価

3.5
母と息子の物語。

親離れしたい少年と、
子離れ出来ない母親。

エル・ファニングとグレタ・ガーウィグ、
この2人が物語を支えている。

もう少し関係性を明確にして欲しかった。
Toku

Tokuの感想・評価

4.4
気になった言葉
恋の痛みを知ることは世界を学ぶ有効な手段よ。

気になった音楽たち
Santa Barbara, 1979/Roger Neill
Don’t Worry About the Government/Taking Heads
In a Sentimental Mood/Benny Goodman
Fairytale In the Supermarket/The Raincoats
As Time Goes By/Rudy Vallee
I’ve Had It/Black Flag
Media Blitz/Germs
Drugs/Talking Heads
Basin Street Blues/Louis Armstrong
Get Feeling / (Slap Your Mammy)/Devo
DJ/David Bowie
The Big Country/Talking Heads
After Hours On Dream Street (11-05-45)/Johnny Hodges
As Time Goes By/Rudy Vallee & His Connecticut Yankees
Why Can’t I Touch It?/Buzzcocks
いやー、これはよかったです。好きなやつだった。
思春期の子を持つ親は是非見てほしい。
そして、同居人がみんな個性豊かだけど、とにかくみんな愛に溢れてる。
そして、一所懸命生きている。
忖度なく、本音で語り合えるアメリカ人が羨ましいです。音楽も心地よい。
去年のベスト・ダンス&ベスト・グレタガーウィグ賞候補!

本作の監督マイク・ミルズの前作「人生はビギナーズ」をDVD鑑賞したとき「Noooooo! 劇場でみればよかった!!」と嘆いたのを思い出し、今回は劇場で鑑賞!

1979年のカリフォルニア、サンタバーバラを舞台にした家族の物語であり、少年のカミング・オブ・エイジ(成長)物語である本作。
いーーですねーーこーゆー「どう転がるかわからないストーリー」。その原因は会話ですね。主人公ジェイミーと、成長する我が子との関係に悩む母親ドロシアの会話を始め、早熟の幼馴染(エルファニング)に、フェミニスト間借り人(グレタガーウィグ)、父親代わりのイケメンおっさん(ビルクラドラップ)たちの全方位要注意的な会話(ゴジラかっ)がとにかく方向性不明で、え、こうなるの?あ、そっち?え、そゆこと?ま、マジスカ?とイチイチ面白い。小さな意外性満載なんです。映画の会話なんてのは少なからずある程度の方向性があるものだと自分は思いがちなのですが、本作のキャラクターたちの会話はとにかく思い通りに転がる可能性ゼロ。まるでラグビーボールのよう。そのボールをえっちらおっちら追ってるうちに翻弄されることが楽しくなってしまう、そんな映画に感じました。

もちろん、意外性のある会話だけではおもろくないですよね。その点、どのキャラクターも型にはまっているようでちょっと違うので、こちらもなかなか興味深い。大きな意外性はなくても、面白いキャラと会話で映画ってみてられる、そんな映画だと思いました!
けっこう何度もでてくるダンスシーン。僕はラスト付近のアレがすきですねーー。
くみん

くみんの感想・評価

4.2
この映画好き!青春を政治音楽映画みんなひっくるめてプレイバックしていくかわいい映画。女に囲まれて育つナイーブなジェイミー、個性豊かな女達、みんな気持ちいいのだ。ジェイミー、いいオトコに育ったこわとだろうな!