20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • 20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、…

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

うえの

うえのの感想・評価

3.5
1979年のサンダバーバラを舞台に母ドロシーと息子ジェイミーを中心に綴られる一夏を描いた作品。

エルファニングのネームバリューだけで見た感は否めない笑。
母と息子の愛情的なものかと思いきやみんなそれぞれに悩みは不満を抱えていてやりきれない気持ちをもっているんだ的な感じだった。つまりうろ覚え笑。

エルファニングが何もせずに毎日添い寝してくるというご褒美なのか拷問なのかよくわからない設定に悶えた笑。
ジェイミーを見守る1人としてジュリーとともに選ばられたアビー演じるグレタガーウィグもショートヘアびっしり決まっててカッコよくてセクシーだった。
ウィリアンはいい男なのかそうじゃないのかいまいちよくわからなかった笑。

ティーンネィジャー少年の周りに刺激の強すぎる女性が集まって、それによる悪影響を心配する母がその女性らに自分のことを考えろと指摘され、女を取り戻そうとクラブに出かけるみたいな感じの内容。
これをもっと綺麗に儚げに切なく描いているので是非このレビューは参考にしないでいただきたい笑。
良い映画だったけどこれを表現する文才は自分にはないなぁ。そこは残念。
すごくよかった。監督の母や周辺の方々がモデルになってるらしいが、楽しく逞しい人が多いこと!年頃の男の子の悶々とした感じ、それをいろいろな形で受け止める人たち、悩んではいるものの後ろ向きではない。こういう人たちに囲まれて育った監督が羨ましい。
m

mの感想・評価

4.5
写真が途中流れるところとか、ちょっと早送りになったりするところ、人生はビギナーズと同じでマイク・ミルズのそういう演出好きだな〜と思った
ダンスシーンが印象的 私も踊りたくなった
サントラほしい
親子は赤の他人でもあり、肉親でもある。
そんな絶妙に微妙な関係に差し掛かっていく思春期の男子の心の動きを細やかに捉え、描ききった秀作。
世代の違う三人の女性と関わるなかで、自分とは?ということを少しずつ揺らいだりしながらも考え始める姿の描き方が本当に魅力的。

エル・ファニングの演技もお見事!!
kaorui

kaoruiの感想・評価

4.0
実にコクのある作品だ。
何しろオカンが男前だ。パンクはダメでトーキングヘッズは以外にいけるシーンは爆笑爆笑。
クラブでの息子の心からの笑顔の写真、誕生日に飛行機に乗っているオカンの笑顔のフラッシュバックが重なって、胸に迫る。
jjjk

jjjkの感想・評価

4.3
母と息子の関係がリアルで良い。
自分がジェイミーと同じ年の頃、あそこまでではないにしろ、15歳特有の拗らせ方がなんとも可笑しいと同時に恥ずかしくてうわ〜ってなった。
そしてアネットベニングは当たり前だけど良い!息子が何をしようと愛さずにはいられないのが母親なんだよなぁって思った。自分の母の姿と重なって涙が出た。
刺さる台詞もたくさん。登場人物たちの生い立ちや、その後が語られるのも、何とも言えない味わいがあっていい。ほっこりどけでは終わらせない、苦さが最後に残る感じも好みだった。
なんつー語り口のうまさ。あの子の命はひこうき雲。
パンク談義も楽しく、また、エルファニングちゃんをみれる幸せも堪能できる
いろんな人と会って
いろんなとこ行って
学ぶんだよね( ´ ▽ ` )

お母さんってやっぱり偉大。

そしてグレタ・ガーウィグ大好き。
miyu

miyuの感想・評価

3.9
人を理解することは難しい。
理解する努力は大切だけど、理解するために土足でズカズカ入っていくのは、自己満足に過ぎない。

この作品を観ながら感じたのは、完璧に理解することが大事なのではなく、理解できなくても、寄り添うことが大事なんだということ。 

相手にとっても自分にとってもそれがBESTなのではないかという想いを強くした。