20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、…

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

なつこ

なつこの感想・評価

3.8
観た後に
ゆっくり時間が
流れる感じでした。

人との繋がりとか
夕飯の後ゆっくりするとか
現代の慌ただしさについて
考えてしまいました。
アネットベニング
アメリカンビューティの頃の
ステキスマイルが
まだまだ健在で嬉しかったです。
ちょっと期待し過ぎてたかも。
思春期の息子と過保護なシングルマザーと母子を取り巻く人々。その日常を淡々と時代背景だったりジェンダー論を交えて綴っていく。多分良い事を言ってるんだけど、本当に淡々としていて事件も山場もこれと言って無いのであまり作品に入り込めない感が…合わなかったんだな、多分。
S

Sの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

めっちゃいい映画やなって思ったし、めっちゃいいお母さん。最高。母親になるとしたらこんな女性になりたいもんだ。なんだか後味ちょっぴり切ないんだけど、爽やかな感じ。映画の雰囲気も凄く良い。役者もいい。あれ、褒めてしかない
LH

LHの感想・評価

3.5
海辺に行こう、海辺に行こうって言って実際そんな行かないんだけど、海辺が印象的な映画。
全体的に風景が綺麗。

モノローグで綴られる20世紀のある母子と、そのまわりの人の話。
いいとこもあれば、やっぱりダメなとこもあるし、知らないこともある、それでも寄り添って生きる。
そしていつかは手を離す時がくる。

エル・ファニングの不良っぽいけど品のある可愛いさたまらん。
Agenda

Agendaの感想・評価

3.7
男の子育てるって大変なんだなー、ってことや、人生思い通りにいかないけど行くときはするっと行くんだなーと感じた映画でした。

ジェイミーいい男になれよーと思いながらみました笑
パン

パンの感想・評価

-
"母親"。

息子のためを思って自律を願い
母離れしないとと自分に言い聞かせるが
母が母で息子が息子であることに変わりはなく。

良かれと思っては裏目に出て。
思っていることは伝えないと。
わかんないんだよな。

自分と母と重なるのは誰も同じだろうか


ジェイミー良い子

母子が生きた同じ時と それぞれのちがう時代よ


自分を格好良く見せる術を私も考えてみようかな
《観なかった事にしたい‼︎》
おっと、心の声が胸を食い破って聞こえたかもしれません…。
全体的に愚痴っぽくなりますが、手近に蓋の出来る壺とか無いので此処に書き留めます。
時に映画の話をしていて《この人、本質を捉え損ねてるのでは…》なんて思ってしまう事が有りませんか?自分はあるのです。そして今作では、自分がまんまとその《分かって無い・間違ってる人》になってしまう感じです。
なんだか全然映画が染み込んでこない…。“興味が持てない・好きじゃない”、だったらよくある事なので気にしないのですが、今作はあちこち興味深くて、しかし明確に自分の知性が足りない為に理解が出来ない、と感じてしまいました。トホホ。

70年代の終わり頃、アメリカの郊外。ちょっとだけ多感かな?って感じの十代ど真ん中の息子の扱いに、お母さんは頭を痛めています。お母さんはシングルで、サバサバしてて、進歩的で、頭の切れる、まぁ出来る人です。で、お母さんは、息子と息の合う2人の女性に彼の相談役みたいな事をお願いします。1人は彼の幼馴染で、少しだけお姉さん。性にオープンで、聡明でペシミストのジェリー(エル・ファニング)。もう1人はフォトグラファーとして働くアクティビスト。赤い髪。アーティで、繊細にこんがらがったアビー(フランシス・ハのグレタ・ガーウィグ)。映画は少年と彼女たちのセッションの積み重ねを軸に進行します。
時代が時代なので、ジェンダー論やヒッピー的価値観などがしきりに論じられます。(別にいつだって論じるべきだと思います。)カルチャーは大きな分岐点を迎えていた頃で、PUNK〜NWの音源やフォトも散りばめられていてアンテナは立つのですが、そこにだけ反応するのはご褒美だけ食べてるみたいで自尊心が許さないのです。

困り者の主人公、はお母さんのようでも、息子のようでもあります。自分が感じたままザックリ書けば、息子は年相応で何の問題もなく、お母さんはやや心配性で依存体質っぽいです。相談役の女性2人はそれぞれとても良いところはあるものの、エキセントリックに過ぎ、トータルで見ると息子くんにとっては好転するというよりは、悩みの方を大きくしているように感じられます。自分の洞察力不足かもしれませんし、そもそも混乱を描きたいのかもしれません。「どんな経験も無駄では無い」と言うなら、その通りですが、自分はこのごちゃごちゃ感が楽しいと感じられませんでした。
物語の進行の要所要所に書物などの引用の文章が映し出されます。…それは知ってなきゃダメ?これから調べなきゃダメ?導いてくださるの⁇…なんとなくこの辺りの『トゥモローランド』感に決定的に突き放されてしまいました。自分は自堕落な間抜けなのです。映画だけでなんとかしたい。
物語の着地が、部分的ですがモヤモヤを解消してくれたのと、気の利いたお洒落な演出などがとても好みだったので、それなりの高得点にはなりましたが、全体の印象は取っ付き難い、“年に2回ぐらいだけ会いたい気難しい人”といった感じに落ち着きました。
エンドロールを見ながら、公開時にこの映画を観ようと決めていた理由を思い出しました。…マイク・ミルズ監督作だったわ。過去の作品はどれも大好きです。リラックスや深呼吸で次のステップを踏み出す力をもらいました。だからって今作のスコアを上げようなんて思いません。いつも同じ様な作品を撮れ!なんて口が裂けても言えません。でも、好きじゃなければそう言います。それはP.T.アンダーソンでも、ジョニー・トーでも同様です。好きな作品を、好きな人だけが観ればいいじゃん、ていう当たり前の着地をしましたね。
…しかし、雑に括りますが、あの界隈の人達って自分の切り売りばっかりし過ぎなのではないかな。まあ、ただの愚痴です。
あー、《観なかった事にしたい!》

ネコネコメーターは若くて可愛いハチワレちゃん登場で、1🐈です。
もも

ももの感想・評価

4.2
すごい好きな映画かも。
肉親でもない、友達でもない、だけど信頼できる、そんな人が近くにいるって良いなあ。
それぞれ背景はいろいろあるけれど、悩み乗り越えようともがき、強くて、そして弱くて、けど自分を生きていて、素敵だ。

思春期の異性を育てるのって理解不能で、愛おしいからこそお互いぶつかるんだろうなぁ。
かっこいいお母さん。
kuno

kunoの感想・評価

2.5
冒頭の煙草くわえながらチャリをこぐエルファニングが現れたあたりでかなり期待が高まったものの、その後特に何も無かった。
20センチュリー・ウーマン
思春期を迎える息子のジェイミーの教育に悩むシングルマザーのドルシアと、彼女らを取り巻く人びとの特別な夏を描いた物語。親子の気持ちのすれ違いから、母の事を理解できないジェイミーでしたが、最後は素直に自分の気持ちを言ってお互い理解し合えたのは良かったなあ〜😄😄。母が悩み葛藤しながら・・なんだけど、実はジェイミーも同じで、お互いすれ違いながら展開して行くストーリーは見応えありました。その他の2人の同居人とガールフレンドも親子に絶妙に絡み、作品に深みを与えています。