20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • 20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、…

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

喧嘩の原因を劇場で笑ってしまい恥ずかしかった
あとエルファニング身長高い
える

えるの感想・評価

3.2
思春期の子供と片親の物語は、日本だと つかみ合いのケンカかグレて出ていくパターンばかり。
この高齢出産だったシングルマザーは、難しい年頃になった息子を自分だけでは教育できないことに気づいて、まわりの人々に足りない部分を埋めてもらおうとお願いする。
特別な先生じゃなくて、いろんな経験や弱さを持った普通の人々。
その交流で、それぞれが 自身の人生を考えていく。
ちょっと単調な展開もあったりしたけど、俳優が魅力的で見入ってしまってた。アビーもジュリーもすてきな女のコでした。
音楽や時代感覚もたまんないです。(世代的にw)
時々入る”あとから目線”のナレーションにはちょっと疑問がわきましたが。
ファッション、音楽、映像、今の日本に受けないわけがない、少しレトロで、若い人にはちょっぴり新しく思える作品。最高でした。
2017/08/11 下高井戸シネマ

「自分が10代の頃に聴いていたら生きるのがもっと楽になってた曲」を集めたミックステープを、作ってくれる愛、わたしもそれが欲しかった、わたしも作りたいと何回思ったか、このくだりでぶわーって泣いた
予告でイメージしてたのと違った。
自分にはハマらなかった。

エルファニングみたいな女の子が幼馴染みのお隣さんだったら思春期の男はどうにかなっちゃうね。
I was very excited to see this movie because I like the directors other movies but it fell short of expectations. I found the plot to be boring and aimless at times and found my self loosing interest. It had some redeeming qualities but overall I didn't like it.
TTTT

TTTTの感想・評価

5.0
公開初日に、新宿ピカデリーで。『人生はビギナーズ』が好きなのでとても期待して観たが、それ以上の作品だった。『フランシス・ハ』でしか知らなかったグレタ・ガーウィグの演技の素晴らしさ。
こっそり会いに行ける幼馴染がほしかった、許される存在
miku

mikuの感想・評価

4.1
エルファニングの天使さを見に行ったのだが登場人物マルッと愛せた。。
アビーが(自分の持っているものを1つずつ写真で撮るとどんな人間かみえてくる)みたいなの好き。
ジュリーがジェイミーにタバコの吸い方教えるところとか
ジェイミーのスケボー姿とか好きなところたくさん。
ラストのルディヴァリィの音楽良かったなぁ〜〜