20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、…

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

わか

わかの感想・評価

3.5
エル・ファニングがかわいいと思ってパッケージ借りしたら、なかなかの拗らせた女の子演じてた。くわえ煙草で自転車乗ってる姿が意外だったけどそこも良いし、好き。

この物語に出てくる人みんなちょっと拗らせてるんだけど、思春期真っ只中のジェイミーが一番普通と言うか真っ当な気がした。

レコードかけてちょっと酔っ払いながら踊ったら絶対楽しいよね、いいなあ〜
1979年、西海岸、サンタバーバラ。サイコーです。
yo

yoの感想・評価

-
ビギナーズの、オリヴァーのお母さんをみたときもそう思ったけれど、マイクミルズのとらえる女性はみんなかわいくて強くて弱くてほんとうにかっこいいなこうなりたいとかではなく、絶対になり得ない理想みたいなものがある あとウィリアムの立ち位置が妙にリアルでおもしろい
Sasada

Sasadaの感想・評価

3.7
親と子と、男と女と、私とあなたと。

当たり前のことだけれど、それぞれ「違っている」点があるわけで。似ていることはあっても、気があうことはあっても、「同じ」ではない訳で。

理解しようとすればするほど苦しくなるのは自然なこと。完璧に他者を理解するなんてものは幻想でしかない。

一緒にいるのにこの人がわからない
のではなく、
わからないのになぜか一緒にいて、なんだか楽しい。

きっと親子だろうと友達だろうと恋人だろうと、そういうもんなんだろうなと思います

というか、そう思わないと辛くなるだけだよと、極端な登場人物たちを見て感じました
さばつ

さばつの感想・評価

3.8
思春期の子供育てるのって色々と大変だよね。すごいわかる、、、
あ、わし子育てしたことないんだった、

やー何よりジャケットがほんとツボ。
そこだけで百万点。
けーご

けーごの感想・評価

3.8
年老いた母親ドロシアと息子のジェイミー。ドロシアは離婚後、息子の父親代わりを探していた。息子が成長するにつれて彼の行動や自分の子育ての仕方に悩んでいたのである。そんな息子のことをよく知るアビーとジュリーにジェイミーの成長を助けるようにお願いをする--


ドロシアの生い立ちを息子のジェイミーが
語るところが息子目線の母親を描いていて、すごく良かった。そしてまた母も息子のことを母親目線で語っている。自分としてはドロシアが思春期の息子の考えていることがわからず苦悩する描写や母親を疎ましく思う思春期のジェイミーの反抗的な態度がすごくリアルだなと思った。

エル・ファニングいきなりくわえタバコで自転車乗って、もう速攻で惹かれるよね。
彼女が演じたジュリーにも抱える悩みがあり、どこにでもいふティーンの女の子感がジェイミーの前で見せる姿とのギャップでぐっと引き込まれた。
彼女は自分の中では、The透明感!どんな役もこなすのに彼女自身は変わらない!
何色にも染まって、何色にも染まらない。すごい矛盾だけど、彼女には観る人をうっとりさせる魅力というか魔力がある。
今回はジェイミーを男にするために色々なことを教える小悪魔風、大人なエルが見れて満足!

この1979年っていう時代とサンタバーバラの美しさを知ってたらもっと楽しめて気持ちも入れてただろうな〜って思えた。
じえり

じえりの感想・評価

3.2
登場人物みんなが危うくて脆いのに強い
特に何が起こるわけでもないけどとても良い映画
Anna

Annaの感想・評価

3.8
思春期ってやっぱ難しい。
女一人で息子を育てる難しさ、あと複雑な女性たちに振り回される息子ね。
この年頃が一番周りの人間に影響されやすいよね。
炒飯

炒飯の感想・評価

4.0
エルファニング見たさと、好きそうな雰囲気だったもんで。

またーり、1980年代の女性達の話with息子

女性達に女性はなんたるかを教えてもらいながら、ブンブン振り回される息子くんに頑張れ!なんとかして誰かしらを抱くんだ!と応援モードになった私は、この映画の感じ取るべきものをしっかりとスルーしてしまった気がする笑

音楽も色彩も全てがクラシカルでオシャレで良きかな

ヒゲおじさんにいろいろ教えてもらうんだ!息子くん!

ラストのブリーチした彼を見たかった。。

エンドロール前のシーン、最高
めちゃめちゃ笑えたし面白かった。演技も脚本も素敵だ……。