骨折り損

レディ・バードの骨折り損のレビュー・感想・評価

レディ・バード(2017年製作の映画)
4.1
なんだかとてもいい気分になった。
人生に対して絶望しているわけでもなければ楽観的なわけでもない、いい事と悪い事が半分こずつくらいの等身大の物語に勇気付けられた。声を出して笑ってしまったシーンもいくつかあって純粋に楽しかった。そして家族が崩壊したりする大げさなドラマもそんなになく、尚且つ感情がご都合主義で動いていない感じがリアリティがあり共感できた。高校生だろうが、おかんだろうが、みんな必死で生きているのは一緒なのにどうして他人は理解できないと思ってしまうのか。服をたためとうるさい母親も、血が通っていて泣いたり拗ねたりするんだと子が気づくのは多分誰しも親と離れてからなのだろう。