haikei

レディ・バードのhaikeiのレビュー・感想・評価

レディ・バード(2017年製作の映画)
4.0
大人になっても自分でない人、自分にはないものに憧れるのは変わらない。「そんなことは何の意味もない」といっときは分かったように思えても、また別の何かに憧れてる。いつか憧れに打ち負けたときは、家族や友だち、故郷が救いを与えてくれる。多分そうして生きていくんだと思う。不感症な人生よりも幸せに気付ける数が多い方がきっと楽しい。