レディ・バードの作品情報・感想・評価

レディ・バード2017年製作の映画)

Lady Bird

上映日:2018年06月01日

製作国:

上映時間:93分

4.0

あらすじ

2002 年、カリフォルニア州サクラメント。閉塞感溢れる片田舎のカトリック系高校から、大都会ニューヨークへの大学進学を夢見るクリスティン(自称“レディ・バード”)。高校生最後の 1 年、友達や彼氏や家族について、そして自分の将来について、悩める17 歳の少女の揺れ動く心情を瑞々しくユーモアたっぷりに描いた超話題作!

「レディ・バード」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

 田舎から都会に上京した人(特に親に反対されながら)、もしくはそういう家族をもつ人には特にたまらない映画かも。

 思春期から大人に向かう少女の日常を、少女のまわりの人も含めていきいきと描いた傑作!
 主演の女優とその母親がすばらしい、調べてみたら「ブルックリン」の主演女優シアーシャ・ローナンが主演なんですね。
 こちらも人生の逆転をねらってアイルランドからニューヨークに単独で渡る女性の物語。母親との確執の描かれ方も似ていて、あわせてぜひみてほしい。

 とにかく、親に愛されてない、こんなところ(実家、故郷)出てやる!と思春期を拗らせていた全ての人にみてほしい。

 クリスティンは、めっちゃキリスト信者っぽい自分の名前が大嫌い、カトリックの価値観も嫌い。だから自分で「レディバード」という名前をつけて、まわりにもそう呼べと強制する

えーと、レディバードってクールな名前なんだろうか(笑)この辺が彼女の残念なとこです。

生活しているサクラメントも、西海岸も大嫌い。ニューヨークにいけば、おされで文化的な生活ができると信じてる。経済的な理由と心配性から、娘を西海岸、地元の大学に通わせたい母親とは激しく衝突する
 そのくせ大好きな曲はヒットチャートのトップ曲(つまりサブカル好きからするとダサい)
 
お母さん、私のことなんて嫌いなんだ

実はレディバードの母親はアルコール中毒の親に育てられ、満足な愛情も教育もうけられなかった。リストラされた年上の夫の分も稼がなきゃ、と連日夜勤もこなすほど身を粉にして働いているから余裕がない。愛情を素直に表現できないところは、レディバードそっくり。つまり似た者母娘だったりするところが面白い

 サクラメントの中で、レディバードは自分の暮らすところを“スラム”という。優しいけど、鬱をわずらう父親が運転する車で毎朝学校に送ってもらうけど、ぼろいクルマがはずかしいから手前で下ろしてもらう。お父さんがそのことでどれだけ傷ついているかもしらずに。

 レディバードのとんがった言動は知らずにまわりのひとを傷つけている。本人が、そこに無自覚
優しい太っちょの親友、悪行を大目にみてくれるシスター、実はゲイだったボーイフレンドも


 レディバードは背伸びして、金持ちの友人や彼氏と付き合う。彼らとつるめば、自分も素敵になれるという思い込みが痛々しい。彼らに影で笑われているのにも気づかずに

 ラスト、レディバードは自分がこれまで忌み嫌っていたものが、どれだけいとおしいものだったのか気づきます。
というか、ニューヨークに上京してすぐ気がつくのはすごい。元来ととても素直な女の子なんでしょうね。
わたしなんて40手前になってようやく故郷のよさがわかりましたから(笑)
グレタガーウィグ初監督だというので。

カリフォルニア州サクラメントに住む、カソリック系の高校に通う女子高生が主人公。
自分の名前が嫌で「レディバード」と勝手に名乗っていたり、
車から飛び降りて、骨折してピンクのギプスをはめていたり。
冒頭からちょっとイカれ気味の主人公。笑

初めての彼氏。初めてのキス。そして失恋。そして初体験。


高校生はもう大人の一歩手前で大人になるための準備期間。
本当は自分のことを認めて欲しいけれど母親とはいつも喧嘩してばかりで
素直な気持ちで向き合うことができず葛藤しながら物語が進む。

印象に残ったのは、シスターとの面談のシーン。
「あなたがこの街をどれだけ愛しているのかよく伝わる。」
と言われて、耳を疑うレディーバードが、
どうしてそう思うのか尋ねるシーン。
「よく観察していることと、愛する事は同じこと。」
さらっと言ってのけるのだけれど、ズーンと胸に響いてくるいいセリフだと思いました。

正直主人公と自分があんまり共通項がなくて、自分の若い頃を重ねたりはできなかったけれど、
もう、若いってバカだなぁと思いつつも、とても愛おしい主人公でした。

しかし、ティモシーシャラメ。。。
最高にいけ好かないクズでよかったです。笑
call me by your nameで軽いティモシー熱にうなされていたので、
ちょっと正気に戻ることができ大変よかった。
ありがとうレディバード。ありがとうグレタガーウィグ。
やっぱりイケメンはクズじゃないと安心できない。
田舎出たい、高校生のくせに携帯電話持ってない、右腕骨折してだるそうに授業受けてる笑、この3つは自分が高校生の時に経験済みだからちょっとおかしかった。

なんというか揺るがない価値観でいっぱい映画。

クリスティンが最後まで特別な人じゃないところがこの映画の凄く好きなところ。
jocx

jocxの感想・評価

3.7
レディー・バードは過去であり、未来でもある。私だったり、親だったり、娘だったり。片田舎の貧富があり閉鎖的な街、サクラメント。そこから羽ばたこうとしている。子どもから大人へ、少女から女へ、守られた家族から、母から、故郷から、そんな思い巡らす思春期。巣立った後気づく。そこは居心地のいい場所だったと、愛されていたと、祈る場所があったと。アメリカのティーンエイジャーは日本と違っているけど、反抗したり、もがいたりするのは一緒だと思う。恋をしたり、友達とケンカしたり、進学に悩んだり、そういうところは共感を呼ぶ。全体的に飽きずに観られた。ただ所々シーンがぶつ切りになり、読み取れないところがあった。厳格なカトリックの学校であったので、カトリックの知識があると、いかに主人公がヤバイか分かる。
個人的にはシスターにとても魅力を感じた。この映画は後で語り合いたくなる映画だと思う。それくらい、個人の感想がバラエティーにとんでいる。
netfilms

netfilmsの感想・評価

4.1
 キングサイズのベッドの上、母子2人は、互いが背中合わせに眠る。ベッドの上を俯瞰で撮影したジム・ジャームッシュの『パターソン』同様の美しい始まりのショットだが、2人は顔を付き合わせるわけではなく、どこかぎこちない。場面は変わり、どこかへ向かう車の道中、2人はジョン・スタインベックの『怒りの葡萄』の朗読テープを聴いている。運転席も助手席もひとしきり涙が溢れたあと、娘はカセットをしまい、すぐに次のテープに変えようとするが、母親は次のテープの前に『怒りの葡萄』の余韻を楽しみたいと言う。2002年、高校3年生の微妙な年頃、クリスティン・マクファーソン(レディ・バード)はサクラメントにある厳格なカトリック系の高校に通う。カリフォルニアのカラッとした空気、都会でありながらその喧騒を離れたサクラメントそのものが彼女の通っていた高校と同じように、古めかしい因習に縛られた街として登場する。病院で看護師を務める母マリオン(ローリー・メトカーフ)の姿は娘にとっては目の上のたんこぶであり、一刻も早くこの街を出たいと願っている。

 クリスティン・マクファーソンは親にもらった素敵な名前だが、娘は「レディ・バード」と名乗る。親に与えられた名前ではないこの「レディ・バード」と言う愛称が彼女を枷のない自由な世界へと羽ばたかせる。『フランシス・ハ』で主演を務めたグレタ・ガーウィグの初めての単独監督作は、彼女の故郷サクラメントを舞台にしている。高校3年生という年頃は、大人でも子供でもない思春期特有の最後の年頃であるが、今作の主人公クリスティンも例外ではない。大学進学に思い悩み、たった一度のプロム・パーティに思いを募らせ、初めてのセックスや失恋に気持ちが参る。そんなヒロインのありふれた日常をガーウィグは思い入れたっぷりに紡ぐ。親友で何でも出来るジュリアン・ステファンズ(ビーニー・フェルドスタイン)との明と暗、父親のラリー(トレイシー・レッツ)に聴かせたアラニス・モリセットの『Hand In My Pocket』のメロディ、90年代オルタナの符牒としてのBikini Kill (ビキニ・キル)のステッカー、10代特有の二重性を締め付けられるような苦しさと懐かしさで迫る物語は、何度もすれ違う母娘の愛を明らかにする。

 「ふるさとは遠きにありて思ふもの」という言葉は室生犀星の名フレーズだが、レディ・バードは「ここではないどこか」を目指し、そこを離れた瞬間から遠くにある故郷や家族を想う。LAからNYへ、大陸であるアメリカの西の端から東の端へと歩みを進める娘の姿だが、そこには海を渡ってしまうほどの母親からの自立の感情が深く横たわる。最初は躊躇していた母親が切り返す姿には、やはり大粒の涙が溢れた。編集のリズムや人物の感情の描写など決して完璧ではないが、グレタ・ガーウィグは誰しもが撮りえない処女長編を巧みに描き出すことに成功している。まさに奇跡のような青春映画の登場である。
これグレタ・ガーウィグだったのか。
レディ・バードは自意識過剰で反抗的でイケてるつもりの女子高生。ジム・モリスンを知らないってことは、お父さんが「キース・リチャーズと同じでいつでもハッピーさ」と言った時キース・リチャーズが誰かわかってなかったのかも。
親や兄弟を恥ずかしく感じたり、生まれ育った場所を出たいと思ったり、友達を裏切ったり、いつの思春期にもあることをしっかりダサく描いていて好き。
でも、18歳で親や家族の有り難みに気づいただけいいじゃん。俺なんか随分かかったもん。
空港で見送らずに車を運転するお母さんの表情、ぐっとくるね。
M

Mの感想・評価

3.9
自分と重なる部分が多すぎて苦しかった。
でも、親になってからこの作品を観ることができてよかった。
Mika

Mikaの感想・評価

3.5
ティモシーがイケてる
あとはこういう悩みがあるのは若いからだと思った
mk

mkの感想・評価

3.5
レディバードの母親が自分の親とあまりにも似すぎていて、過去の自分を再現VTRで観ているみたいで吐きそうだった。
一緒に買い物に行ってこれいいなと思った服を手に取った瞬間それを貶される、娘の希望の進路が思い通りにならないとわかった途端に不機嫌になってわざとらしく食器をガチャガチャと音を立てて洗う…
これ全く同じ体験したことあるのでリアルすぎて正気でいられなかった!めちゃくちゃ傷を抉ってくるなおい!

あの態度が愛情の裏返しなんてなんて絶対に思いたくない。だからあのラストシーンも信じられなかった…あの共依存っぷりを皮肉として描いてあの終わり方にしてるならいいけど、母親がやったことを美談にしてるんだとしたら到底理解できない。
とにかく家族のシーンのグロデスクさにあてられて死にそうでもうだめでした。でも彼女が親友と過ごしてるシーンはどれも良かったし映画としての完成度はものすごく高かった。超絶クソメン役のティモシーシャラメも最低で最高でした。
>|