レディ・バードの作品情報・感想・評価

レディ・バード2017年製作の映画)

Lady Bird

上映日:2018年06月01日

製作国:

上映時間:93分

あらすじ

2002 年、カリフォルニア州サクラメント。閉塞感溢れる片田舎のカトリック系高校から、大都会ニューヨークへの大学進学を夢見るクリスティン(自称“レディ・バード”)。高校生最後の 1 年、友達や彼氏や家族について、そして自分の将来について、悩める17 歳の少女の揺れ動く心情を瑞々しくユーモアたっぷりに描いた超話題作!

「レディ・バード」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

 田舎から都会に上京した人(特に親に反対されながら)、もしくはそういう家族をもつ人には特にたまらない映画かも。

 思春期から大人に向かう少女の日常を、少女のまわりの人も含めていきいきと描いた傑作!
 主演の女優とその母親がすばらしい、調べてみたら「ブルックリン」の主演女優シアーシャ・ローナンが主演なんですね。
 こちらも人生の逆転をねらってアイルランドからニューヨークに単独で渡る女性の物語。母親との確執の描かれ方も似ていて、あわせてぜひみてほしい。

 とにかく、親に愛されてない、こんなところ(実家、故郷)出てやる!と思春期を拗らせていた全ての人にみてほしい。

 クリスティンは、めっちゃキリスト信者っぽい自分の名前が大嫌い、カトリックの価値観も嫌い。だから自分で「レディバード」という名前をつけて、まわりにもそう呼べと強制する

えーと、レディバードってクールな名前なんだろうか(笑)この辺が彼女の残念なとこです。

生活しているサクラメントも、西海岸も大嫌い。ニューヨークにいけば、おされで文化的な生活ができると信じてる。経済的な理由と心配性から、娘を西海岸、地元の大学に通わせたい母親とは激しく衝突する
 そのくせ大好きな曲はヒットチャートのトップ曲(つまりサブカル好きからするとダサい)
 
お母さん、私のことなんて嫌いなんだ

実はレディバードの母親はアルコール中毒の親に育てられ、満足な愛情も教育もうけられなかった。リストラされた年上の夫の分も稼がなきゃ、と連日夜勤もこなすほど身を粉にして働いているから余裕がない。愛情を素直に表現できないところは、レディバードそっくり。つまり似た者母娘だったりするところが面白い

 サクラメントの中で、レディバードは自分の暮らすところを“スラム”という。優しいけど、鬱をわずらう父親が運転する車で毎朝学校に送ってもらうけど、ぼろいクルマがはずかしいから手前で下ろしてもらう。お父さんがそのことでどれだけ傷ついているかもしらずに。

 レディバードのとんがった言動は知らずにまわりのひとを傷つけている。本人が、そこに無自覚
優しい太っちょの親友、悪行を大目にみてくれるシスター、実はゲイだったボーイフレンドも


 レディバードは背伸びして、金持ちの友人や彼氏と付き合う。彼らとつるめば、自分も素敵になれるという思い込みが痛々しい。彼らに影で笑われているのにも気づかずに

 ラスト、レディバードは自分がこれまで忌み嫌っていたものが、どれだけいとおしいものだったのか気づきます。
というか、ニューヨークに上京してすぐ気がつくのはすごい。元来ととても素直な女の子なんでしょうね。
わたしなんて40手前になってようやく故郷のよさがわかりましたから(笑)
マ帆

マ帆の感想・評価

3.9
これ本当に洋画??ってくらいリアル
こんなに洋画に というより
映画に共感したのは初めて
レディバードのお母さんが
レディバードとお母さんの関係性が
びっくりするほど自分と似てる、、

‘‘私のママはいつも怒る理由を探してるの’’
一字一句違わず同じセリフを友達に言った事がある😹😹

でもそこに
‘‘でもそれがママの愛なの’’
って付け加えるのがレディバード

私はレディバードと同じ年齢で
その考えには至れなかった

ラスト 車のシーン ボロボロに泣いた
あとティモシーシャラメ最早芸術
LC1326

LC1326の感想・評価

4.5
お母さんを思い出してエンドロールに涙が流れた。そんな映画だった。
すごく好き!!

田舎から出てきてる 母親を持つ女子なら
誰もが共感するところ満載の映画です。


以下ネタバレ⬇︎
シアーシャローナンがまず可愛いし、
親友のジェニーもサイコー。2人のノリも女子の親友同士っていう感じで共感。
はじめの彼氏がなかなかしてくれないとか笑
ゲイだと分かって拒絶するけど、
バイト先に訪ねてきた時に 内緒にしてくれってなだれかかる彼を大丈夫よとなだめるシーンも良い。
2人目の彼氏のカイルがいるようなイケてるグループに憧れて入ってみる事ってあるんだよねー!!けどやっぱり身の丈に合わなくてなんか違う!ってなるところよい。

そしてなんと言ってもニューヨークへ見送る母が車を走らせた後また 待ってと空港へ戻るまでの一連のシーン最高!!!
パパもいい!!!
ミラクルなんてない。監督/俳優で遠い存在のグレタもよく居る普通の女の子なのかと嬉しくなった。ただ主人公と自分を重ね合わせて見てしまっていたのでイライラするはずだったが、、テンポが良くてサラっと流せた。それが想定外で…笑。イライラしたかったんですよね、自分に対して。

本作品を私はまだ"青春"とは言えない。まだ絶賛青い春中やからや。自分で言うが、可愛いだろ。

私も母親に話してないことがある。認めてもらえない事わかってるし、そもそもとても純なので異性との話題がない。早く良い報告がしたいしパーティ行かな。

父息子、父娘、母息子、ここでは特に母娘、それぞれの関わり方の違いが興味深い。そしてたまたま親が近くに居て、ピースフルな家族である事に感謝している。

旬な役者が出ており、特に主役のシアーシャ・ローナンは本当に良かった。

こんなにダラダラ長々語るとは…良い映画だったと言うことかなぁ?
Johnny54

Johnny54の感想・評価

4.0
シアーシャ・ローナンちゃんの熱演(というより究極に自然な演技)も相まって別次元に昇華している青春ドラマですが、骨格は母さんと娘との愛憎物語。大学進学を控えた女子が母や周囲とくっついたり離れたり。ストーリー展開上で何か大きな事件が起こるでもなく、淡々と、でも確実に進んでいくストーリーは、主人公が少しだけ、でも確かに成長している姿を自然な形で見せてくれます。
何かに打ち込んで成功するでもなければ、あることがキッカケで親娘の感動的和解!といったこともありません。ごくごく普通の親娘の物語が逆に心を打つ、スルメのような映画でした。とはいえ空港のシーンはなかなかに泣けます。凡百の映画で描かれてるような、また観客が期待するようなシーンではありませんが、現実はこうだよねー。グレタ・ガーウィグの今後に期待です。
好きすぎて、観てからずっとレディ・バードの話してるくらい好きです。
ティモシーシャラメがベーシストだなんて聞いてない!!!好き!!それだけで評価は満点です!!ありがとう!!

真面目な話すると、登場人物全員がびっくりするくらい真っ直ぐ生きてて、かつて感じた色々なことがフラッシュバックしました。
もっと重々しい話かと思ってたから拍子抜けするくらい良かった。
シアー・シャローナンは世界の至宝だと思います。
誰もが身に覚えのある思春期の痛みともどかしさ。
nnposu

nnposuの感想・評価

3.1
性も友情も夢も希望も全部抱えて、エネルギッシュな若さで駆け抜けていく主人公の、田舎を飛び出したくなる気持ちが痛切にわかる反面、娘を見守り育てる母の気持ちの方も理解できて、どちらかというと主人公の母に感情移入してしまった。歳を重ねたからなのか。
ムチコ

ムチコの感想・評価

3.7
i want you to like me...
とても清潔な映画。よくできていて、何もかも予定調和。全部見たことある。思春期映画のよかった場面を全部過不足なくモンタージュした傑作選みたいな。グレタ・ガーウィグは誠実な人なんだろうなとは思う。

カトリック校であることが強調されていたけどそのへんの感覚のズレ(主人公の家はカトリックではないの?)がいまいち把握しきれず。アメリカ人にはわかるのかなあ。
てんとう虫のladybirdかと思ったらlady とbird の間はスペースが空くのね。
>|