レディ・バードの作品情報・感想・評価

レディ・バード2017年製作の映画)

Lady Bird

上映日:2018年06月01日

製作国:

上映時間:93分

3.9

あらすじ

「レディ・バード」に投稿された感想・評価

なつき

なつきの感想・評価

4.0
思春期の子供の日常と成長を丁寧に描いてる感じがした。父親と母親のタイプの違う愛し方というかこの家庭は母親の方が愛情を素直に子供に示せないパターン。空港のシーンなんかそれがよく現れてて父親がちゃんとそれをフォローしてるのがまた良い。今までぼんやりとした理由でよく思えなかった相手もふとした事きっかけで近づけるようになったり、心を許せる友達の大事さに気付けたり、離れて理解出来る親からの愛情と親への愛情があったり。決して哀しいお話でも無いんだけど涙じわっと来る作品でした。数年後の大人になった彼女
の姿が見たい。


君の名前〜のティモシーシャラメも出てたけど顔に似合わぬなかなかのクズっぷりでそこは笑った。
aiaiaikun

aiaiaikunの感想・評価

4.3
住んだことのない街に憧れて、理想の自分と現実の差にうんざりして八つ当たりしてしまったり、友達と一緒なら無敵だしってばかなことしたり興味に貪欲だったり、飛び込んでみるけどほんとそれって私?って立ち止まったり、
もお〜JK!大好きよ!

やっぱアイラブホームタウンだし唯一無二のファミリー大事だしBFFなんだよね。自分の好きなものに埋もれられてるし、泣きたい時に泣けるってもう幸せじゃん。

チャラいティモシーがクズで最高なのでフェロモンだだ漏れマンに耐性のない方は心の準備をしっかりしてください!本当にありがとうございます!!
haru

haruの感想・評価

4.0
主人公含めて映像が余すとこなく美しくて可愛い!これは女の子が好きな映画だなぁ

自分で自分に名前をつけちゃうとことかセックスに興味津々で恋に恋しちゃうとことか思春期!って感じでよかった

大嫌いで早く抜け出したいと思ってたはずの故郷は1歩外にでてみると案外悪くなくてちょっと戻りたくなって今までの家族の想いに気づく

思春期真っ只中の17歳の少女から18歳の女性へと移り変わってく微妙な心の動きが感じれて親近感が湧いたしなんとなく映画「ゴーストワールド」に似た雰囲気を感じたな

あと色気ダダ漏れの気だるげなチャラいティモシーシャラメ秀逸!
テンポが良くて、見やすい!
離れたらわかる故郷の良さとか、親のありがたみとか、自分と重ねて観てしまった。
似た者親子なだけにぶつかり合ってたけど、深い愛情を感じた。
良い作品だった!いつかまたもう一度観たい!
花奈

花奈の感想・評価

-
聖体をお菓子のようにボリボリ食べちゃうのと、ポニーテールを引っ張るところがお気に入り !
たろす

たろすの感想・評価

4.6
これは、、、好きだ。。。。。。。。
どうしても都会に出たい気持ちがわかりすぎる。

そしてチャラいシャラメ最高!!!
ポニーテール引っ張るところやばすぎぃ!!!
あしり

あしりの感想・評価

4.0
面白かった。
素直で可愛い。
ママ〜〜〜!!!!!!!
普通としか言い様がない
妹が癌で亡くなって3年、
僕は母の元にちょくちょく顔を出すように
なった。妹は母と一緒に住んでいた。
3年前、母も僕も兄も、肉体の一部を
失ったような想いだった。

ある日母は、最近は本を読んでいるの、と
言う。小説だった。母が小説を読んでいる
姿を初めて見た。初めて知った。
家に飛んで帰って数冊プレゼントしたら、
喜んで読んでくれた。
別の日には、テレビのCMでやっていた
(モネ展)に行きたいと言うので、
母を連れて行った。(印象 日の出)に
いたく感激した母は、興奮気味に
作品の素晴らしさを僕に語ってくれた。
母の好きなことなんて考えたことも
なかった。まさか、母と、朝井リョウや
モネの話をする日が来るなんて、
思いもしなかった。

息子の通学路の近くに、三つ子のような
木がある。普段は気にも留めないけど、
12月に入ると、(その三つ子)は
地面いっぱいに黄金色の絨毯を作る
イチョウの木であることを知らせてくれる。

愛情と、注意を払うことは同じ。と
映画は言う。

妹の死後、母が妹の日記を見せてくれた。
闘病中にも書かれたその日記には、
弱音のひとつも書かれていなかった。
日記には僕と息子がよく登場していた。
妹は僕や息子のことを細かく描写していた。
僕が疲れてそうとか、眠たそうとか、
僕や息子を思いやる言葉が並んでいて、
僕は子供のように声を上げて泣いた。
僕は妹が何が好きかなんて知らないのに。

レディ・バード。
恋人、親友、住んでいる街、兄、
兄の恋人、父親、そして母親。
口論や衝突を繰り返し、フラフラと右に
行ったり左に行ったりしながら過ぎてゆく、
レディ・バードの17歳の日々。
傑作(ブルックリン)でも好演した
シアーシャ・ローナン主演。
やっと観ることが出来た話題作。

近過ぎて見えなくなるもの。
当たり前に存在し過ぎて見えないもの。

最近は具合が悪いのよ、と言って、
いつまでも電話で話し続ける母に、
僕は以前よりずっと愛情のこもった
返事をしていると思うよ。
>|