レディ・バードの作品情報・感想・評価

レディ・バード2017年製作の映画)

Lady Bird

上映日:2018年06月01日

製作国:

上映時間:93分

4.0

あらすじ

2002 年、カリフォルニア州サクラメント。閉塞感溢れる片田舎のカトリック系高校から、大都会ニューヨークへの大学進学を夢見るクリスティン(自称“レディ・バード”)。高校生最後の 1 年、友達や彼氏や家族について、そして自分の将来について、悩める17 歳の少女の揺れ動く心情を瑞々しくユーモアたっぷりに描いた超話題作!

「レディ・バード」に投稿された感想・評価

良かった。ドラマティックになり過ぎず、淡々と、でも眩い光が散らばっていて、映像が綺麗だった。主役のレディバードがチャーミングで愛おしい。母親と繰り返してしまう喧嘩、父親との優しい関係、自分の家族と重ねながら観た。良かったな。高校時代は男運が無かったようだけど、これからきっともっといい恋愛が出来るはず。
田舎あるある。
本当に窮屈で生きづらい出て行きたい。それは青春時代を知ってる友人から離れたいというのも含め。
でもプロムのシーンを見ていると、恥ずかしい時代を共有した友人も大事にしなくてはなー、と。

で、そのイケてない親友がジョナヒルの妹と知った時の喜び。
鯖

鯖の感想・評価

4.0
去年、高校生だった頃の私と重なって涙がボロボロ零れた
dolly

dollyの感想・評価

4.2
あまり宣伝してなかったので、前情報なしで観たら、良いではないですか。誇張なしのアメリカの親子関係、学生生活、恋愛、進学問題 etcが参考になった。個人的に好きやなこういう感じの映画。
21世紀の赤毛のアン的な感じ?

自分のことをレディバードとか言っちゃう中二病全開な主人公

でもね 痛くないんだよね
それが多感な時期って奴やん?

なんか妙に共感できた

親 友達 恋人 兄弟 先生 将来
アオハルを取り巻く全てが詰まってる作品だった

愛されてる側は愛されてるって気づいていてもどこか掛け違いですれ違ってしまう
せつねーよ!

ポスターの煽りを文句が最高
羽ばたけ!自分!
na

naの感想・評価

4.5
面白かった!思春期の複雑な感じがすごく繊細だっだ!友達との関係、親との関係、恋人との関係。想いが強ければ強いほど伝わらなかったり歪んだり。何事にも一生懸命で、勢いがあって、キラキラしていて。もしかしたら人生の中で1番輝ける時期なのかなあって。とんがってたり脆かったり感情が揺さぶられたり。華のセブンティーンって言葉があったように、やっぱり17歳って特別なのかなって。何もわからないまま将来の進路が決まっていったり、ある意味分岐点にもなるのだけれど。無知だからこそできることもある。可能性無限大だよなあ。都会に憧れてた田舎暮らしの生活とか、親に言われること全てに反発したくなる気持ちとか。たぶん誰もが経験したことある複雑な気持ち。観ていてあるあるって思ったり、単純にフフって笑えたり。複雑な想いで揺れる思春期を過ごした人すべてが共感できる作品でした!最後に親子の想いが通じるところ、とっても良かった。なんか結婚式の手紙みたいな感じで。"初めてこの街で運転したとき感動した?この感動を伝えたかったけれどその時ママとは心が離れていたから。"ここに込められている想いを想像するとなんかくすぐったくなる。総じて甘酸っぱい青春いいなあって思った。眩しい!でもこれって大人にならないとわからなくて。その時はみんな一生懸命生きてて、それが青春なんだよなあと。大人になっていろんな世界を知るとあの時こうすれば良かったと思うけど、何回やり直したとしても同じこと思うんだと思う。
hayami

hayamiの感想・評価

3.6
レディバードが成長していく様子がリアルすぎる。母娘共に未熟、唯一の救いは父親がほんの少しだけ大人なことか。

すべての関係性、特に親子間で、圧倒的に対話が足りない。言葉の「キャッチボール」が足りない。歳食ったから大人になる訳ではないことは承知だけれど、それでも少しだけ長く人生を生きている側の人間が「親子」という人間関係を築こうとしないことが悲しい。築こうとしているのかもしれないけれど、その方法選びが下手すぎる。親子であれ他人、価値観は人それぞれのもの、人が何を考えているかは話してみないとわからないし自分が何を考えているかも言葉にしないと伝わらない。あまりにあたりまえのことなのに気づかないまま歳を食った人のなんて多いことか。

なんだか少しむしゃくしゃしてしまった。ありふれているからこそ。いや、その未熟さこそが、監督が切り取りたかったものなのかもしれないんだけど。
ゆきち

ゆきちの感想・評価

4.2
機内での鑑賞。
字幕なしだったけどどうしてもみたかっあので!!!
母娘の会話、主人公の葛藤、色々重なることがあってグッときた
yoko45

yoko45の感想・評価

4.1
 母親と口論になり走行中の車から飛び出てしまう場面からはじまり、最後の最後までハラハラしました。
 主人公はわがままで色々やらかしますが、人の話を聞くことのできる優しい子でもあります。「愛情と注意を払うって同じ表現じゃない?」先生の言葉が素晴らしいです。無関心でいられないから衝突することもあるのでしょう。
 親友と仲直りし、親からもらった自分の名前を受け入れ感謝する、成長する主人公を演じるシアーシャ・ローナンが生き生きとしています。

(メモ:アメフト部のコーチは演劇部も指導できる)
13

13の感想・評価

-
こんな青春はなかった、、
>|