レディ・バードの作品情報・感想・評価

レディ・バード2017年製作の映画)

Lady Bird

上映日:2018年06月01日

製作国:

上映時間:93分

3.9

あらすじ

「レディ・バード」に投稿された感想・評価

親の愛のムチが鬱陶しく感じる17歳の女の子の葛藤や友情を描いたドラマで、目立った演出とかや展開はないんだけど見てて少し優しくなれる素敵な映画でした!

世界の何処かで起きている悲しいニュース意外にだって、私達の身の周りで起きる些細な事件だって誰にも分かってもらえない悲しいニュースだ!羽ばたいてみよう!地に足をつける時に本当の愛を知る時まで…
しん

しんの感想・評価

-
無理して背伸びしても、何か後々しっくりこない
これは経験済み
A

Aの感想・評価

-
どうしても共感できなくて
lalantino

lalantinoの感想・評価

4.0
“Love and paying attention are the same thing.”

サクラメントは西海岸の中西部と言っていたけど、田舎のコミュニティあるあるがとても可愛く、でも切なく美しくも描かれていて、優しさが溢れた映画だった。
SowkiOKA

SowkiOKAの感想・評価

3.5
青々しくて痛かった中高生の自分を愛せる年齢になりました。
淡々として、ディテールを愛でたい映画だが、母の愛に気づくところは感動する。
ogi

ogiの感想・評価

3.9
ニューヨークの大学に進学したいクリスティン(自称レディーバード)と地元での進学を望む母親。
少し事情のある家族、友人関係、彼氏、、等々、いろんな紆余曲折を経て成長する女の子の物語

I love you…thank you…
心からの想いからは重みがあるけど、、
なかなか言えないことってどうしてもある。

でも何気ない日常において、思い通りにいかなくて必要のない言葉を吐き捨てたり、物にあったり、嘘をついたり、悪態をつくけど、、でも本当は誰だって愛されたい。

実はいろんな人が、いろんなところで迷ったり、悩んでいるのに、ついつい自分だけが不幸なのかと思いがち…
そんな事をちょっと考えさせられました^_^;

レディーバードと名乗りたい自分、
クリスティンと名乗りたい自分、
ここが何気にお気に入りポイントです^ ^

主人公に対してすべて理解できると簡単に片付けられる訳ではないけど、映画を通して伝わる思いは充分ありました。

クリスティンも周囲もきっと幸せになれるはず…そんな風に思える作品でした。
「愛情と注意を払うって同じ表現じゃない?」

17歳から18歳へ
青春、思春期、親とのすれ違い、離れてから気づく愛情を描いた映画

他にも青春映画はあるけど、ここまで思春期を丁寧でリアルに描くのは凄い

中二病、恋愛、進路、反抗期、自分の小さい頃に当てはめながら観よう
MoeNegishi

MoeNegishiの感想・評価

3.9
なんの変哲も無いアメリカの田舎町に住む女の子の日常な90分だけど、そういう類の映画の中でもかなり無難なトーンなんだけど、
母娘のぶつかり合い、パパの優しさ、街並み、印象に残るシーンがたくさん!
クライマックスもジーンときた😢
この類の映画の中で1番素敵なお話でした👩🏻‍🦰要は家族愛🙆‍♀️
れいな

れいなの感想・評価

4.2
ママとうまく出来ない高校生、よくわかる。。友だちも回りまわってやっぱ最初の子。。わかる
>|