レディ・バードの作品情報・感想・評価

レディ・バード2017年製作の映画)

Lady Bird

上映日:2018年06月01日

製作国:

上映時間:93分

3.9

あらすじ

「レディ・バード」に投稿された感想・評価

itsme

itsmeの感想・評価

3.3
素直になりたいのにうまく表現できず、そのイライラを周りにぶつけていた思春期時代の自分を思い出す。

これ観てきっと当時の母も、自分にどう接すればいいか分からず悩ませてたんだろうなーと反省。

大好きな両親、兄弟、友達に会いたくなる
みんな離れてやっと気づく宝物です
ゆう

ゆうの感想・評価

3.8
17歳の主人公。
田舎臭い地元を出たくてたまらなくて、貧しく自由のない家が嫌いで、そんな鬱憤を母親に当てつけては言い合いばかり。
母親もレディ・バードと似て素直じゃないし、お互い愛情表現が下手なもんだからすれ違ってしまう。
友達やちょっと気になる彼との関係はといえば、思春期特有の、背伸びしたい、見栄を張りたい気持ちから嘘をついたりイタズラしたり、、これまた不器用でとてもイタイタしい。

一年間の紆余曲折を経て、最後はうまく落ち着くからよかったよかった。

それにしても、ティーンのこの感情の機微、細かくとらえていてすごいなあと思う。
レビューで書いてる方他にもいたけれど、「勝手にふるえてろ」のヨシカのような、見ていて痛々しい場面がたくさん。
自分にも覚えのある感情が度々思い起こされました。
り

りの感想・評価

3.6
今の自分と重なって辛かった、
kayo8739

kayo8739の感想・評価

3.0
思春期〜‼
好きな人の名前壁に書いてて別れた子のとこバツうってるのがかわいい
なんか見てるこっちはすっかり大人になってしまった。。
家族の映画かな。あまり、グッとは来なかった。
も

もの感想・評価

4.0
1つ1つの描写がソフトで繊細で。
あの時期の微妙な気持ちのあれこれをうまく描いた作品。
思わず共感してしまうところが多かった。(私も大学から親元離れて上京したので尚更。)

離れて実感する母の存在、、
きっとクリスティンと母は今後もっと距離が近くなるんだろうな。

若いっていいなぁ、、

主人公、つぐないでキーラナイトレイの妹役だった子ね!あの印象的な瞳、、健在でした、、、
10代って本当に感情の表現激しいなあ。。、私も10代こんな感じだったのかしら。母の愛情離れて気付く。もっと素直になれば喧嘩は減るのかなあ。途中で言ってた母親が怒るのは愛情表現みたいなこと言ってたけどそれもあるよねえ。ふう。ティモシーシャラメかっこよかったねえ!
たらこ

たらこの感想・評価

4.7
高校生のうちに出会えて良かった映画。
ナック

ナックの感想・評価

4.3
好きなシーンがたくさんあった。
泣いたり笑ったりできるし、自分にとって本当に大事なものを考える事ができた。
inachel

inachelの感想・評価

3.8
レディバードからクリスティンになれたとき、きっと人生はもっと楽しく、面白くなるんだよね。

志向とか信仰って潜在的なものであるが故に知らないうちに似た者同士が集まりがち。
だからこそ自分が平凡な気がしてたまらないけど、付き合った彼氏が実はゲイだったり、スクールカーストすっとばして居心地の悪いフレンドシップつくったり、違う街で過ごしたり…様々な差異に触れることで自分の核が明確になって強くなる。

なりたい自分に憧れてもがいたっていいじゃない、痛々しい自分もぬるっと受け入れて明日からもがんばろ〜

シャラメ、斜に構えた役ハマりすぎね。笑
>|