レディ・バードの作品情報・感想・評価

レディ・バード2017年製作の映画)

Lady Bird

上映日:2018年06月01日

製作国:

上映時間:93分

3.9

あらすじ

「レディ・バード」に投稿された感想・評価

この世のすべては愛ってかんじ よかった
kai

kaiの感想・評価

3.7
じっくり味わう作品。

『"愛情"と"注意を払う"って同じことじゃない?』
印象に残るシスターの言葉です。

自分もまだレディバードと同じティーンなので、それを過ぎてから観たらまた思うことが違うのかもしれません。
Yuuuu

Yuuuuの感想・評価

3.4
The思春期
親の干渉もうざいし、自分の住んでるところに面白味がない。現状を変えたい。自分は何のために生きてるんだろう?
誰もが持つであろう思いを描いた作品。共感できるところもあって、面白い作品だった。
最後、親から離れてみて親への感謝や地元の良さ、信仰心など初めてわかることもあるのだと感じた。
Y

Yの感想・評価

-
地元を離れたいとかとにかく都会に出たいとか自分より可愛い子と仲良くなりたいとか母親と兄弟がとにかくうざいとか10代の気持ちがありのまますぎてあの頃が蘇りそうになった。
レディバードの部屋可愛すぎるし赤髪似合いすぎとてヤバかった。
並

並の感想・評価

4.0
“Being successful doesn't mean anything in and of itself. It just means that you're successful. But that doesn't mean that you're happy.”
このセリフすこ。

雰囲気すごい好き。思春期の葛藤をところどころ笑えるシーンを混ぜて描いてて飽きずに観れた。こういう映画好きだなー

こういう思春期の主人公系映画では珍しく大人が観ても「あー若かったあの頃…」ってならずに観られる親切設計だと思う笑
rio

rioの感想・評価

3.7
私も都会に住みたいから都会の大学に行きたかったけど、自分で奨学金や助成金を調べて申請するなんて高校生のころの私にはできなかった。
学費や田舎が嫌なことなどわかる〜って思うところは多かったのに深く共感できなかったのは、クリスティン自身や周りの環境の良いところに目がいってないものねだりをしてしまうから。
ShunItoh

ShunItohの感想・評価

4.0
反抗期真っ只中、親からもらった名前すらも嫌なレディバード。共感性羞恥をくすぐられました。
スクールカーストを気にして大切な親友を裏切ってみたり、親兄弟に悪口を言ったり、身の丈に合っていない行動をしたり、故郷の街を離れたがったり。
それらは全て思春期の少年少女特有のもので、昔の自分を見ているようだった。
街を離れると不思議と思春期や反抗期は突然終わるもので、レディバードも進学を機にガラリと変わる。親への感謝が溢れて、郷土愛に目覚め、信仰心を取り戻す。そこで彼女は自分のことをクリスティンと名乗る。
ありふれたテーマと展開ではあるが、哀愁漂う演出によって良作へと昇華している。
おつる

おつるの感想・評価

3.8
高校の時ってこうだよねを上手く描いてて見やすかった!
親はうざったいし、友達ともうまくいかない時もある。
なんだかんだ貴重な経験になるんだけれども笑
田舎に住んでる女の子ならもっと共感できたんだろうなぁ
もも

ももの感想・評価

3.6
黒歴史と呼ばれそうなものがたくさん詰まってて、こっちが恥ずかしくなる!でもその当時は、最高な出来事だ!とか、自分のこだわってるものが大したものではないということに気づいてない感じとか、イタいけど、ちょっとわかってしまう。自分が母親になって娘ができたとしたらまたみたい
お父さんが母娘の喧嘩の板挟みになって お兄ちゃんのPCでソリティアしてるのに、可愛さを感じた。


共感できる現実な要素が 共感する様に ラスト前までいっぱいあって、焦りっぽいソワソワした気持ちに最後 理想を気持ち良くぶつけられる。

映画を観ながら 自分の経験と同じ構造を見つけると快感な観賞になるかも
>|