レディ・バードの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

レディ・バード2017年製作の映画)

Lady Bird

上映日:2018年06月01日

製作国:

上映時間:93分

3.9

あらすじ

「レディ・バード」に投稿された感想・評価

佐藤皓

佐藤皓の感想・評価

3.6
うーーーーーん。
期待しすぎてたかもなぁ。
minAmi

minAmiの感想・評価

3.8
若さのエネルギーって凄いなぁ〜
ちーろ

ちーろの感想・評価

4.0
レディバードがひたすら我が道を突き進むストーリーかと思ったが、レディバードとお母さんを軸にさまざまな登場人物とのかかわり、レディバードの心情が描かれていて、非常に感情移入できた。
お母さんに愛されてないと少し反抗しながらも、認めて欲しいと直接訴える部分などから、尖って見えるようにレディバードも平凡な少女の心を持った子ということがわかる。
序盤★2 中盤★2 終盤★2.5

田舎町に退屈し、
広い大空を自由に飛び回りたいと願う
“レディ・バード”は果たして羽ばたけるのか…?

スクールカーストでいえば間違いなく上位ではない、
自称“レディ・バード”こと17歳クリスティンのオトナの階段登る青春系で、
俳優グレタ・ガーウィグが監督・脚本の半自伝的物語。

こういう雰囲気の作品って
好きなヒトは好きなんだろうけどね。。。

終盤でのクリスティンの
気づきと成長は単純にええとは感じますが、
だいたいお国は違えどある程度は共通する
十代女子あるあるにおっさんのオレが
「そうそうわかるぅ〜!うけるぅ〜♪」
っと微笑ましく共感するわけもなく、
レディ・バードの言動にオトコとして
「かわいいなこんちくしょーっ!」
っと微笑ましく魅了されるでなし、
いろんな賞にノミネートや受賞したり
批評家や多くの観客に絶賛されようと
オレのセンスとは合わなかった。。。

2019年81本目
ayashan

ayashanの感想・評価

4.1
思春期の多感な時期って、何しても超ハッピーだったり、逆にしょうもないことで落ち込んだりする。大したことでは無いかもしれないけど、ティーンのその時期に起こったことって、当時は気持ち揺さぶるくらいの出来事も、今となってはそんなことあったなあ、くらいのもので。
日常からちょっと背伸びして恋をしたり、新しい出会いを期待してみたりするんだけど、ね、不思議と地元とか友達がイチバン最高!ってなるんだよね。
親とぶつかり合っても自分の進みたい道に行こうとして、それを実行する勇気のある女の子ってツヨいなぁ〜〜!愛って凄い。
そしてティモシーシャラメが、美よ、美。
noooooo

nooooooの感想・評価

3.6
10代後半のモヤモヤしたなんとも言えない気持ちをうまく表現していて共感できる。
yumiiii

yumiiiiの感想・評価

3.8
良かった(๑•́ωก̀๑)

10代って可愛い!
kaitoasai

kaitoasaiの感想・評価

4.0
前から気になってた作品。
いい映画。
レディバードの揺れ動く心情をうまく表現してると思った。母親との関係もあるあるだなと思って見てた。生まれた街とか家庭によって進路や仕事が決まるのではなく、自分の意志で決めることができる世界になればいいと思った。
素晴らしかった。
どこがいいとか、明確に言えないけど[フォレストガンプみたいに]素晴らしかった。
もう一度、期間を空けてみたい映画だな
fktt

fkttの感想・評価

3.7
良い映画