レディ・バードの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

レディ・バード2017年製作の映画)

Lady Bird

上映日:2018年06月01日

製作国:

上映時間:93分

3.9

あらすじ

「レディ・バード」に投稿された感想・評価

Love love love love
Anyway it’s my husbands bd
Yumiboris

Yumiborisの感想・評価

3.2
高校生の時にこういう経験しなかったから主人公のような「ちょい荒れ」はしなかったけど、母親の子どもの育て方に反対だなぁ〜笑
捻くれちゃうよ、あれじゃ。

でも、主人公の女の子がちゃんと母親の愛の形を分かっていたのが良かった。

友達に関しても、なんとなくキラキラした子と仲良くなりたい気持ちは分かる。
だがしかしこういう流れだと、仲良くなれたとて途中でハズされるか騙されるw
自分を飾らなくても安心して他愛ないことを話せる子が1番の友達だ。

この作品、これから広い世界へ飛び出していく中学生から高校生に観て欲しいな〜
BAL

BALの感想・評価

4.0
青春
ぴりお

ぴりおの感想・評価

3.0
これから大学生になり1人暮らしを始める人にすごくおすすめな映画です。
m

mの感想・評価

3.7
ティモシーかっこよすぎだろ...色気やばい...
mazda

mazdaの感想・評価

4.4
ロンドン来てからの見逃したのやばい話題シリーズベスト3の1つ。ようやく見れました、、!
説明不要、見たら痛いくらい感じることがある、自分の昔やその時の家族、友人、恋人との距離感、考えてた些細なことも全部、思い出さずにはいられない。

お父さんの良くも悪くも何も言ってこないでゆるっとあたたかく頼りがいないのに何故か安心感ははんぱない感じとか、お母さんの良くも悪くも友達っぽすぎる距離感、一緒にでかけたときの話やすさも、喧嘩の仕方も、似ているからこそ親子というより幼馴染の親友みたいな感覚とか、もう自分の両親まんますぎて、だからすごく彼女の両親がとても愛くるしくて、終始頭の片隅に自分の両親がいるような感じでみていて重ねずにはいられなかった。
私も中学1年の時転校して実家から離れた寮のある学校に入ると決めた時、何を言っても基本的に怒らない父親に相談し、あとあと母親に知らせた時ものすごく喧嘩になったのをよく覚えてる。
結局その時どんだけ喧嘩しようと反対されようと怒られようと最終的に絶対に応援してくれて、だからレディバードのお母さんがラスト泣きながら運転するシーンはもうあまりにもいろいろ重なりすぎて涙がとまらなかった。
18年間育ててどれだけ馬鹿に育とうと理解できない行動しようと、娘を嫌う母親がどこにいるんだろう。
911の後にNYへ送り出しずっと一緒に暮らしてきた娘と離れて暮らすこと、心配じゃないわけがなくて、でも大好きな娘だからこそ彼女のやりたいことをやらせてあげたいし、もっと外で学んだ方がいいかもっていうきもちもきっとあって、レディバードが旅立つまでのギクシャクしたあの間には、語られないけどお母さんのものすごい葛藤したきもちがあって、こんなに抱きしめたくなるお母さんいる?ってくらい愛おしかった。めちゃくちゃ可愛いかよお母さん。尊すぎ。
セックスって何歳からするもの?って聞ける親子関係ってものすごく素敵だなと思う。お母さんとの距離感がとにかくすごく好きだったし、彼等の関係性も一人一人の意思も全て理解してあたたかく見守るお父さんも、もうかっこいいしかでてこない。普段これでもかときつい言い合いしながら、妹のパーティ前とかにさらっとgood luck って言ってたり送迎してくれたり、お兄ちゃんとの距離感もすごく好き。彼女の理想の家や初体験は手に入れられなかったとしてももうすでにこんなにも愛あふれたものをもっているってこと、彼女がNYに行って暮らし始めてきっとたぶん初めて気づくことなんだろうな。

この頃のティーンズ特有の強い自我と簡単に流されてしまうまだ残る意思の弱さが入り乱れる感じ。すごく好き。嘘もつくし、本当に大事な友人も、自分が手にしてない新しいものへの単純なキラキラした好奇心で簡単に見失いそうになるけど、かっこつけてる自分のだささに気づいて親友のもとにかけつけるところとか、正直に言ってショックな思い出と思っていた元彼の素直な告白に抱きしめる優しさとか、ぶれっぶれの彼女でもちゃんとこういう部分をもってるんだって見え隠れする感じがたまらなく好きだった。自分の意思ぶれぶれなのは本人が一番わかっているけど、ドキドキする経験も捨てられないから、すごく欲張りな自分を自分で憎めないって思ってるのがわかる、強烈に可愛い。

『同じことだと思わない?愛情と注意を払うのは。』っていうあの言葉はもうこの映画の全てだし、まんまレディーバードのお母さんなんだよね。
いつしか全てが恥ずかしくださかったと思う日がきて、さらに時が経つとその恥ずかしさもだささも愛しかったなあと思える日がくるのがわかる。レディバードだった時間を彼女は一生忘れない、忘れられない。
空気感がすごく20センチュリーウーマンっぽいと思った。レディバードはまさに21世紀の女の子。この遠すぎないノスタルジック感、匂いとか色とかが自然と連想されて引き込まれる映画ってあるよね、すごくそういう力の強い映画。何年経っても見たいと思う。
norico

noricoの感想・評価

3.5
高校生の時に見たかったな
花奈

花奈の感想・評価

4.7
いちいち琴線に触れて大変だった。とにかくめちゃよかった〜 ありがとう〜という気持ち

このレビューはネタバレを含みます

特別変わったところを感じなかった。青春ものって大体こんな感じじゃないか?あとクリスチャンが題材になってるからかお決まりの家族愛でしまっていた。