レディ・バードの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

レディ・バード2017年製作の映画)

Lady Bird

上映日:2018年06月01日

製作国:

上映時間:93分

3.9

あらすじ

「レディ・バード」に投稿された感想・評価

「一歩外に出ることで、今まで周りにあったものの良さが改めてわかる」とか。「そばにいる人を時には傷つけてしまう」とか。
ストーリーを使ってシンプルなメッセージを表現してしまっていたため、作品に特殊な印象は得られなかった。
特殊な色を付加するためにも、
セリフを極端に減らすとか、風景の映像を多用するとかの方法を用いれば良かったのかなと思う。
こういう中身がないというかただの日常を映したものはあまり好きではないのだが、これはのめりこんでしまった
10代だからこその感情を的確に表していて誰もが感情移入してしまう作品だと思う
特に母親との関係については自分も似たような時期があり、それでも母親は愛してくれていたということは後から気づく
見終わったあと、また明日から頑張ろうと思えるような心がスッとなる映画
R

Rの感想・評価

3.8
「母親に嫌われている」そう言うのは、本当に母親から見放されてしまう時が来るんじゃないかと怖くて怖くて仕方ないから。
こんなにも自分勝手でどうしようもない自分を救えるのは、最高の親友でも処女を与えた彼氏でもイケてる同級生でもない、たった1人の母親の無償の愛だけ。
けれど若い頃は母親の愛情がどんなに深いものかなんて分かり得ない、そもそも知ろうともしてない、親子ほど深くて脆くて強固でとても複雑な関係はない。
arakimaki

arakimakiの感想・評価

4.5
やっとレディバードが観られた!愛おしすぎる。
自分がティーンだった頃、芸名(呼ばれたい名)を考えてたこととかこの街から出ようとずっと考えていたことを思い出した。
わたしは色々あって出なかったけど同時に母世代の気持ちも今だから分かるし、この映画全部を抱きしめたいきもちです。
ユリ

ユリの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

レビュー忘れ

グレタ作品だし、すっごい良かった



不器用な少女と母親との関係を描いていて、結局はお母さん娘のこと考えてるって内容で、私、母親と一緒に見に行っちゃって、感想求められたのがすごい失敗した
わかめ

わかめの感想・評価

4.0
家族と上手くいってない17歳、"レディ・バード"のおはなし。
かつて17歳だったみんなが、どこかで共感できるポイントがあると思う。
個人的にはオシャレなカフェでバイトするレディ・バードが好きでした
映画あるあるのいいお父さんも登場します
ラストシーンは感動感動
17歳のあの頃を思い出せる1本
思春期女子の痛さ痒さ甘酸っぱさ。わたしもかつては17歳の少女だったのでよく存じております。というかレディバードを心の中に飼っていない人なんているのかな。みんな昔は居たでしょう、ピーチクパーチクうるさい小鳥が。大人のつもり。クールなつもり。なんでもひとりで出来るつもり。そんなつもりが積もり積もって身動きがとれなかったあの頃。ダサいことに一生懸命になることがほんとはすごく楽しいし、自分を好きになる方法がわからなかったから、お母さんの太鼓判が欲しかった。自分のことが見えていないのに周りなんて見えるわけない。ああーそうだー。わたしもそんなだったー。彼女を見ていてズキッとしたりザクッとくるのは完璧に身に覚えがあるからだ。聡明で可憐なシアーシャ・ローナンが別人のようにやかましくて参った。女の子のヒリヒリとムズムズを全身全霊で演じてくれてありがとう。あなたの凛とした横顔は、エールを受けるに相応しい。彼女はこの先、どんなレディに成長するのかな。愛したり傷ついたり知ったり慣れたりしながら、気がつけば大人になってるんだろうな。でも大丈夫、きっと一生忘れないよ。生意気で騒がしいわたしの中のレディバード。羽交い締めにしてギュッとしたい。
Satoko

Satokoの感想・評価

-
グレタガーウィグのイメージ通りの映画!すき