レディ・バードの作品情報・感想・評価

レディ・バード2017年製作の映画)

Lady Bird

上映日:2018年06月01日

製作国:

上映時間:93分

3.8

あらすじ

「レディ・バード」に投稿された感想・評価

ayastasia

ayastasiaの感想・評価

3.5
母親とのもどかしい関係性が懐かしくてクリスティンと同い年くらいの時に見てたらめちゃくちゃ感情移入しただろうなぁ。
こんな破天荒で思春期こじらせてる子もなかなかいないし、ママも不器用すぎてもどかしかったけど最後は親子の愛を感じられるお話だった。
sgkn

sgknの感想・評価

3.5
前評判で期待値が大きすぎたか割と普通なティーンネイジャームービーだった!
ティモシーシャラメの存在感はさすがだね。
M

Mの感想・評価

-
洋画のこの感じ、すき
母親ってやっぱり母親。というのを映画を観て改めて感じられる環境にいることにも感謝できた
自分が女性で生まれたらより感情移入ができたのかもしれない
misaki

misakiの感想・評価

3.1

女子高生の毎日をぎゅっとまとめたようなお話。

恋愛も家族との事も勉強も親友とのことも、目まぐるしく変化して
葛藤や感情でいっぱいになるけど

ひとつ落ち着いて振り返れば
一瞬で、大切なものだったなと気付く
Mii

Miiの感想・評価

3.3
これがかの有名なティモシーシャラメか!!!かっこいい!
m

mの感想・評価

5.0
制服にピンクのギブス、ピンクの切りっぱなしボブ、壁に書く好きな男の子の名前、賑やかなパーティから少し離れたプールサイドでのキス
好きな要素がぎゅっと詰まった泥臭くて痛くて愛しい等身大の青春映画だった

プロムシーンの撮影時、監督のグレタ自身もピンクのドレスを着ていたってエピソードがとても好き
こじらせてんな〜自分が17のときってどんなだったか
文化の違い感じるし感情移入できないことが多くてなにしとんねんこいつと思うところもあるけど、刺さるものはある
母目線で捉えられる点も良い
むぅ。フランス映画に憧れたアメリカ映画という印象。登場人物の誰にも感情移入できず。文化的に理解できない範疇があるのかもしれない。自分が少しでも違う心境だったら楽しめたのかもしれないと思うと残念。
>|