レディ・バードの作品情報・感想・評価

レディ・バード2017年製作の映画)

Lady Bird

上映日:2018年06月01日

製作国:

上映時間:93分

3.8

あらすじ

「レディ・バード」に投稿された感想・評価

清野

清野の感想・評価

4.1
こういう類の映画にめっぽう弱い私
即引き込まれて即ゾッコン
夜中の1時にママにバレないように音量を12で観るレディーバードはこれまた最高で
何回でも観たい
ほーら私またセンチメンタルになっちゃうよ
ストーリーは淡々と進みますが、ながら見しながらも作品に引き込まれるオシャレ映画でした。

主人公のレディバードをこれが女子高校生の等身大の姿なんじゃないかなって思ってしまうほど彼女の心情が繊細に描かれていました。

都会の大学に進学したいレディバードがそれを反対する母親と喧嘩するシーンや、何気ないところから生まれる友達とのすれ違いなんかのシーンもあってなんだか懐かしい感じもしました。
kyo

kyoの感想・評価

4.1
個人的にすごく好きだった映画

都会に憧れる思春期のよくある女の子の話
自分が特別だと思うレディ・バードだけどしっかり自分を持ってて好きだなぁ
親の愛も友達も故郷も離れてみて大切さに気づく。
そこもまたよかった
Max

Maxの感想・評価

4.8
去年、劇場で観ようか迷って最終的にはスルーした作品。
もうめちゃくちゃ良かったっす。もし当時観ていたら、間違いなく年間ベスト10に入れてた。

あまり裕福ではない家庭の高校生の少女の青春物語。

まぁめんどくさい時期。
些細なことにもイライラする。
反抗期もピークになる。

家族や友達との関係。
大学受験も控えている。
本当に密度の濃い時期だと思う。

やっぱり母親との関係が良かった。
母親に愛されたいという娘の気持ちと、娘を愛する故に厳しくする母親の気持ちがどうしてもすれ違ってしまって、なかなか素直になれない。
でもこういうのは時間が解決してくれるんですね。
自分が成長すればするほど、親への感謝やありがたみが増していく。

そして将来を決める大学受験。
本当にやりたいことを思う存分追求できるのは学生だけだ。
アルバイトをしたり、演劇に没頭したり、色々自分を磨いていく主人公が懐かしかった。
ただ、学費を払うのは親。
経済的に受験が難しくなってしまうことなどそこも結構深く掘り下げていた。

そういう精神的な成長も含めて、学生時代っていうのは人生の大きなターニングポイントだと個人的に思う。
学生はとにかくパワーや体力があるし、色々なことを学んで感性を豊かにできる。
約90分という短い時間で、そういった部分をここまで丁寧に描いてくれて素晴らしい映画だと感じた。

友達作りも大切。
本当に必要なのは外見よりも中身。
腹割って何でも話せる人は大切にすべき。

色々考えてしまった。
でも忘れた頃にもう1回観たい。
kouko

koukoの感想・評価

4.0
リアルな17歳の女子の家族や学校、友達や恋人との日常。子供でもなく、大人でもなく曖昧な時期。自分の自我はしっかりしてるのに、自分で決めることができない。未来に希望を抱くけど、現実にがっかりしたり、無い物に憧れたり、自分がどうしたいのかわからなくなったりとても敏感な年頃。私の世界ではこんな刺激的では無かったけど悩みは変わらないと思う。
レディバードは思ったことを言葉にして、行動できて自分で切り開いていく行動力はすごい。母親との関係は確かに愛があって分かっているのに受け入れられない、近過ぎてお互いに反発してしまう関係はよくわかる。
切っても切れない家族....10代の母との衝突が懐かしかった。
喜び方、めちゃくちゃ叫ぶの可愛いね
普通の青春映画なんだけど共感できてユーモアも交えながらの描き方がよかった。ノアバームバックっぽい雰囲気だと思った。
母親がキツいオブザキツい
お父さん凄いなぁって思うんだけど無職なんだよね…
なんかこういうの見る度に呪縛って思っちゃう

ティモシーシャラメって出てくる度に複数人とセッしてるんだけど今回も通常営業で安心しました

全体的にテンポ良くてハッピーシャウトしててだらけなくて見やすかったのである
>|