レディ・バードの作品情報・感想・評価・動画配信

レディ・バード2017年製作の映画)

Lady Bird

上映日:2018年06月01日

製作国:

上映時間:93分

3.8

あらすじ

「レディ・バード」に投稿された感想・評価

同じような母親持ってる私には母親に対する感動要素まじで無かった。ああいう母親持つのほんとに最悪だよ。レディ・バード見てて同情しちゃった。
これを子供の感じ方だと思うなら、じゃあ何が正解なの?て感じだし、レディ・バードが少なくとも自分のことは自分で決めてたのは大人だったと思うよ。
でもお父さんかわいいしやってほしいて思うこと大体やってくれるし好き、うちのパパもそう笑

お友達とか恋愛とか高校時代にやるようなこと大体詰まってたね、ビーニーとの友情もシンプルで好きだったな〜

意外と好きな俳優いっぱい出てた!ビーニーも、ローラ・マラーノもティモシーも出てて嬉しかった〜ローラが出てるとは知らなかった

もっと構造としてこの映画を考えてみようと思う
めっちゃいい。
桐生

桐生の感想・評価

4.2
イギリス映画館 英字幕付き
人間

人間の感想・評価

3.8
思春期の複雑な気持ちが良く描かれている。
自分が高校生のときとか、上京したときとかと重ね合わせてしまう。
親は愛しか無いのに、私のこと嫌いなんじゃないかって思ったこと私もあったなーって共感性が高い。

ティモシーシャラメがエロい。
思ったほど展開がどろどろしておらず
綺麗に終わった。

シアーシャとティモシーの掛け合いを見て
ストーリーオブマイライフをまた見たくなった。

やはりティモシーは最高に綺麗だな。

外国の家ってどれも素敵。
狭い家とされる家でも広く見える。
クリスマスプレゼントを開けるシーン、
あれは洋画でよく見る日常的なシーンだけど、憧れる。ハリーポッターの中でもウィーズリー家は楽しく感じる。

シアーシャの赤髪綺麗。
これといった沙汰は起きないけれど
事に一喜一憂しているシアーシャは
とても可愛らしかった。
たなべ

たなべの感想・評価

4.0
なんで好きな人の名前って書きたくなるんだろう。
作品の中にあるもので、わたしも知ってるものがあって、「グレタ、わかるよ〜」でいっぱいになった。愛おしい。
kakkoka

kakkokaの感想・評価

4.0
ハグのシーンのたび、色んな愛の形知っていってカワイイと思った
こういうのめっちゃ好きだなぁ。
ティーンの鬱屈の話、「分かるな、、」って思いながら観てたのが、いつのまにか、「あったな、、」になってるの、寂しいよ。
NARINee

NARINeeの感想・評価

3.9
結局みんな成長過程にいて、完璧にはなれなくても今が一番ベストなのよね。

これからの人生で一番若い日は今日しかないし、レディ・バードは毎日母親とぶつかったり恋愛や性に悩んだり友人関係で迷走したり忙しない人間関係の波に揉まれてるけど、それって人生を毎日全力で生きてるからできるんだろうな。

度々挟まれるサクラメントの風景のカットが素敵。
>|