レディ・バードの作品情報・感想・評価 - 199ページ目

レディ・バード2017年製作の映画)

Lady Bird

上映日:2018年06月01日

製作国:

上映時間:93分

3.9

あらすじ

「レディ・バード」に投稿された感想・評価

アキナ

アキナの感想・評価

4.5
2018年ベストにランクイン確定。
展開が早いから全然飽きないし、何より登場人物一人一人が魅力的でグッとくる。
娘の立場からも、母の気持ちも(なんとなく)分かる今の年齢に観られて良かった。
ofu

ofuの感想・評価

4.0
親の気持ち子知らず。
ケンカばかりしているのに一緒に洋服を買いに行ったり、あんなに嫌がっているお母さんに整えてもらったドレスを着て彼の家に行ったり、思春期の娘と母の感じが生々しかった。(度合いは違ってもああいう親子はよくみる)
母娘の間に入るお父さんが素敵だった。誕生日ケーキのシーンが個人的にはとてもよかった。
ティモシーシャラメはやっぱり美しかった。
さと子

さと子の感想・評価

3.8
自分の感情が大人と現実とぶつかり合う、あの10代のもどかしさが詰まった映画。

楽しい方へやりたいことを優先させてしまいがちな中で、感謝すべき人と大切にすべきものを思い返すことは大人になった今でも大事。

感動シーンが散らばっていて泣けるレベルじゃなかったのがマイナスポイント。
songsilly

songsillyの感想・評価

3.8
本当は好きなんだけれど、それが自分自身でも分からなくなってしまうことってあると思う。

この映画の主人公(レディバード)もきっとそんな人だと思う。
地元から出たくてしょうがなくて、母親から離れたくてたまらない。でも、映画の観客や一部の登場人物(シスターやお父さん)から見ると、彼女は曲がりなりにも地元やお母さんに愛着を持っているように感じるのだ。(お母さんに関しては傍から見てもなかなかの曲者ではあるが)

時間の問題か、距離の問題か(ハリネズミのジレンマ?)、主人公はそれらへの愛情を、独り立ちして来た、はるか遠く都会のニューヨークに来て実感する。
彼女はそこでクリスティンになり、教会にふらっと立ち寄る。そして、前は飛び降りるほど嫌だった、母親(大人?)と同じ視点で見た、車窓からの地元の景色に思いを馳せるのである。

自分も高校卒業と同時に地元を出たので上記の要素が特に響いたのだけれど、この映画にはその他にも、友達、恋人、学業などの、様々な学生時代のモヤモヤが詰まっている。
人によって響く部分が違いそうなので、他の人と一緒に見て感想を言い合うと面白いかも笑
my

myの感想・評価

4.2
海も山もある故郷を、
なにも無い町と呼んでいた。



という、
だいすきな広告コピーがあるのですが、
それを思い出さずにはいられませんでした。


カリフォルニア州の小さな町、
サクラメントに住む高校三年生のクリスティーンは、
自らのことを「レディバード」と名付け、
都会へ飛び出すことを望んでいた。

母親と衝突し、
親友のもとをはなれ、
彼氏と遊びまわって
好き放題やっていた彼女が
最後に気づいたものは?



ありがちなストーリーかもしれないけど、
名前の伏線や、主演の自然体な演技、
JGBTや再就職などの問題のまぶしかたが、
リアルなのにちゃんとドラマチックで
すごくよかった。

中途半端に
世の中を知ってるから、
見栄っ張りで、
口だけは達者で、
憎めない嘘をつく。

レディ・バードと
お母さんの頑固な性格が
とっても愛おしくて人間くさくて。
この作品を支えてると思う。

青春とか、家族とか、いいなあ。


ああ、この三連休は故郷に帰ろう。

このレビューはネタバレを含みます

最寄駅からお家に帰る道のりでまたボタボタと涙が出た レディバードとわたしの家庭は少し似ている わたしの家族はみんな頑固だけど傷つきやすく、そして保守的で厳しいお家 わたしと付き合いが長い人は分かると思うけど、わたしは恐らく家族のことで悩んだことが世の中の平均よりかなり多い それでも上京した今、家族の話をすぐ他人に面白おかしく話してしまう それは家族のことに「注意を払っているから」なんだよね 愛しているけど捻れてる 家族も他人だけど腐っても家族は家族なんだよな
uemon

uemonの感想・評価

3.9
観てよかった
オカンが上手すぎて泣いた〜
くたびれた感じとかよく出てたな。自分のオカンもこんな感じ
ルーカス・ヘッジズ、マンチェスターバイザシーの子か〜話題の映画に沢山出てるね· · ·!
ブルックリンとはまた違う、青春の旅立ち物語

失業じゃないけど自分の家庭状況とかぶるとこがあって、ちょっと自分の話みたいだったな
ps

psの感想・評価

4.1
まずシアーシャローナンが可愛い。ファッションも可愛い。可愛い。
中途半端な田舎で、全能感に溢れたかと思えばダメダメな自分に失望したり、母親は疎ましいしムカつくのにどうしたって認められたかったり、自分を偽ってでも「イケてる」友だちと付き合ったり、なんていうかあの時期特有の痛々しさに、悶えた悶えた。クリスティンにも共感したんだけど、わたしが歳をとったのか、お母さんに感情移入してめちゃくちゃ泣いてしまった。。
あ

あの感想・評価

3.5
誰にとっても過去の物語
これ見るより高校時代の友達と久しぶりに話した方が楽しい。女子高校生をすごいリアルに撮ってるんだけどそれだけといえばそれだけ。クソダサい気取ったお友達ティモシーシャラメも含め一回しめなきゃ気が済まないわ。17歳の時に見て泣くか40歳の時に見て泣きたかった。
marika

marikaの感想・評価

4.2
8歳くらいの頃、妹が寝静まったあとに母とリビングの机に座って2人きりでお喋りする時間が大好きだった
母はいつもお砂糖たっぷりのミルクティを作ってくれた ウェッジウッドの、苺が描かれたティーカップを、秘密だよとその夜の時間だけ使わせてくれて少し大人になった気持ちがした 映画を見ていると母とのあたたかな記憶が思い出され涙が止まらなかったです 私はあと数日で21歳になる 自分に絶望したり恋に浮かれたりお酒を飲み過ぎてしまったり日々に追われ忙殺されたりもするけれど、初心を忘れずに頑張りたいと思った!ゴミ収集車のように30代がくる前に!