レディ・バードの作品情報・感想・評価 - 199ページ目

レディ・バード2017年製作の映画)

Lady Bird

上映日:2018年06月01日

製作国:

上映時間:93分

4.0

あらすじ

2002 年、カリフォルニア州サクラメント。閉塞感溢れる片田舎のカトリック系高校から、大都会ニューヨークへの大学進学を夢見るクリスティン(自称“レディ・バード”)。高校生最後の 1 年、友達や彼氏や家族について、そして自分の将来について、悩める17 歳の少女の揺れ動く心情を瑞々しくユーモアたっぷりに描いた超話題作!

「レディ・バード」に投稿された感想・評価

愛情と青春

フィルマークスレビュー900本目

シアーシャ・ローナン主演の青春映画

2002年、サクラメントの田舎町に住む17歳の高校生クリスティンは、田舎町を出てニューヨークの大学に行くのを夢見ている
母親とはくだらないことで口げんか、親友との友情や恋や家族との関係、出会いと別れなど、さまざまな悩みが交錯する、高校生最後の1年を描く

上映時間93分というのが信じられない濃度の作品でした
何気ない青春の一年を描いておりました
誰でも何かしら当てはまる青春の日々なのかなあと
空港のシーンは、映画の流れ全てを物語ってる気がする
ラストで前へ踏み出した感じがなんとも〜

主演のシアーシャ・ローナンはピンク色に髪の毛を染めでイメージをガラリと変えてますね〜
かわいいし笑えるしウルっとくるしとても好きな感じだった!
ひさしぶりにどストライクだった!
Hally

Hallyの感想・評価

4.2
"あの時代"の話。
私にとっては"今も"な話。

大人と子供の狭間。愛して欲しくて、愛したくて。だけど愛し方、愛され方が分からない。全然上手くいかない。何かを成し遂げたいけどその"何か"が見えなくて。その"何か"が正しいのかなんて死んでも分からないんでしょ。それはなんとなく理解してる。だから迷って、間違えて、苦しむ。先が見えない中で手探りに動かなきゃいけない状態に困惑しながら。人は手探りで生き続け、そして死ぬまで繰り返すんだろうけど"あの時代"はまだ下手くそなんだ。大人は皆、"その時代"の苦しみを忘れがち。『ブレックファスト・クラブ』の"大人になると心が死ぬの、私は嫌"の台詞が正になんだ。だからこそ"青春映画"は世代を超えて喜怒哀楽して楽しめるんだと思う。狭間の者は強烈に共感し、大人は懐かしみ、思い出す。

狭間で苦しむ者は背伸びをする事によって苦しみから解放されようとする。私はそれを"儀式"的な行為と呼ぶ。エロ本、タバコ、恋、SEX、酒。あぁもう最高。結局 これが1番 心の中が垣間見える、もしくは心を開くことが出来るんだ。大人になって行うのとは訳が違う。夢に描いた様な童貞、処女喪失なんて中々ないんだろう。あると思って必死に生きて、やっと…。なのに心が喪失感に襲われる。それが直後、もしくは後に。タバコなんて美味しくない。酒だってそんなに…。特に日本酒とかね。だけどそれで心が開く気がして、光が見える気がするんだ。私はそれを成長、経験と呼びたい。そういう行為は総じて"いけないこと"なんだけどね。私にとっては強烈な憧れ。多分、"アメリカってこんな感じなんだ"って思う人がいるだろう。特に日本人は。人によっては確かに差はあるけど、これは私たちの国もですよ。

シアーシャ・ローナン、ルーカス・ヘッジ、ティモシー・シャラメ。次世代の枠を越えた、この3人は総じて最高だ。でもこの映画で1番凄いのはお母さん。多分、親世代の方が見れば私よりももっと凄いと感じるんだろう。"あの時代"の親は私のことを嫌ってる、怒りたいだけ、八つ当たりしてるだけ、抑圧したい、支配したいだけに感じる。私自身何度も思った事があるし、今でもたまに思う。難しいよ。これが"愛"だと苦しみの中の私たちには気付きにくい。だからこその劇中のシスターの言葉なんだよね。親の気持ちが完璧に理解して共感できるほど立派に育っている自信はないけど、空港で娘に意地を張り一回は走り出すんだけど、泣きながら…のシーンは分かる気がした。結局 間に合わないところにリアルを感じた。意地の張り合いって結局親が勝つんだよね。手紙だってそう。言葉にすると伝わらなそうだから、文字にしようとするけどまたそれはそれで。結局書けない。親になったら更に分かるのかな。

羽ばたいたと思ったら、また…。そうなんだよ。大学に入学すれば変わると思ってた。変わる奴も沢山いる。だけどそう上手くいかない…。

だから私にとってこれは"今も"な話。
maro

maroの感想・評価

3.4
いい感じの青春映画。爽やかな感じで楽しくみれました。ちょっと、若い女性向けかなと。主人公と相手役の俳優(二人とも)最近よく見る気がします。
りーん

りーんの感想・評価

3.8
注意深いことは愛情なのかも。
口うるさい母の細さや好きでもない故郷の繊細な表現のように、みんな本当は愛してたし感謝してた。それに気づいたことに、じんわりと感動しました。
お金持ちの子や都会に憧れて背伸びしてみるけど、やっぱり自分のもとの世界がいちばんなんだなと思いました。
サクラメントと母が重なる車のシーンが素敵です。
シアーシャさんに魅了されまくりだった。叫ぶところ好き。
ルーカス・ヘッジスさんは可愛い人っていうのすごくわかる。「call me~」で観れなかったティモシーさん、綺麗な人だなって思った。
Sasada

Sasadaの感想・評価

3.8
ラブコメディというよりは親子ものって感じなんですね。

意外と間口の広い良作の印象です。

母の運転する車の助手席から飛び降りたり
シスターに過剰に反抗しちゃったり
“イケてる”友だちを作ってみたり

クスクスきちゃうあるあるなシーンもたくさんあるんだけど、本質はかなり優しさに溢れています。

親の心子知らず という言葉があるように、
なかなか気づかないものなんですよね。

存在が近すぎてピントが合わない優しさに
大人になって気づく感じ。

暴発してしまってる彼女の自我が
両親から与えられた“あるもの”に収斂していく終盤のワンシーン。
あれがこの映画の全てだと受け止めました。

昨年の、勝手にふるえてる松岡茉優が印象的な邦画と同様に
「こじらせ女子」というジャンルがあったとしても、そこにとどまらない良作でした。
サクラメントという街の画が最後まで素晴らしかった。初めて聞く街なのにどこか懐かしさを覚える。
みつこ

みつこの感想・評価

4.0
凄く良かったー!!と声を大にして言う感じではなく、
じんわりとしみじみと共感しながら突っ込みながら笑いながら泣きながら見れる作品だった。沁みた。

今いる自分の環境を恥ずかしいと思い、背伸びをして無理をして空回りする。そういうのが本当に共感できる。
でもそうやって空回りして足掻くからこそ、自分の居場所に気が付けるんだよね。
あの時なんとも思わなかった風景が、ちょっと変わって見えたり愛おしく思えたりするのって凄く素敵。

事あるごとにぐちぐちいう母親との喧嘩もわかるし、一緒に泣いたり、服を選んだりする仲を見ていると、母親って本当に掛け替えのない存在だなぁと思う。
その母親と娘の中立にいる父親の存在も大きい。
父親と、ありがとうってハグをしてるシーンを見てちょっと羨ましく思った。
感謝はしてるけど私は恥ずかしくてそういう表現ができないんだよね。

そして、今回はたまたま、母の日と父の日のプレゼントを持ちながらの鑑賞だったのだけど、なかなかのセルフ演出だった。

一人暮らし前に観たブルックリンといい、
シアーシャ主演の作品は
私の中で観るタイミングがベスト過ぎて
心に沁み過ぎる。

ティモシー・シャラメが画面に映る度ドキドキした。なんなんだろうかあの艶やかさは…
anapan

anapanの感想・評価

3.9
名前の件とか、周囲をザワつかせる言動とか、あと髪の毛の色とか(笑)
もろもろ赤毛のアンをアップデートしようという試みだと思ったんだけど、こういう作品こそNetflixのドラマとしてたっぷりのボリュームで観たいです。Netflixのアンという名の少女がとても良かったのでそんなことを思ってしまうのかもしれない。
さ

さの感想・評価

3.2
少し期待し過ぎてたのかも...
あっけなく終わった感じがした
えっ、もう終わり?みたいな。

追記 : 隣に座ってた人の笑い声がうるさ過ぎて集中出来なかったせいもあるのかも
上映中は静かにしてほしい...笑うべきではないシーンもめっちゃ笑ってたら多分サイコパス...