レディ・バードの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

レディ・バード2017年製作の映画)

Lady Bird

上映日:2018年06月01日

製作国:

上映時間:93分

4.0

あらすじ

2002 年、カリフォルニア州サクラメント。閉塞感溢れる片田舎のカトリック系高校から、大都会ニューヨークへの大学進学を夢見るクリスティン(自称“レディ・バード”)。高校生最後の 1 年、友達や彼氏や家族について、そして自分の将来について、悩める17 歳の少女の揺れ動く心情を瑞々しくユーモアたっぷりに描いた超話題作!

「レディ・バード」に投稿された感想・評価

ケンカしながら「あんたにいくら使ってると思ってんの」って文句言ってもプロムとか大事な場面でではちゃんとお金出してくれるとことか何でもかんでもお母さんのせいにしたりとか思い当たるところがありすぎて胸に沁みた…
Michael

Michaelの感想・評価

4.2
飛行機で視聴。サクラメントというカリフォルニアの片田舎に住む少女が、母親との確執や周りの友人たちとのすれ違いを乗り越えて、成長していく物語。ストーリーを通して、特に事件が起こったりする訳ではないが大学生である自分たち世代には特に共感を覚えるような場面も多々見られるので一見の価値あり。
3618

3618の感想・評価

-
映画館で鑑賞。終盤、たぶん一番肝心なところでうっかり寝落ちしてしまった模様。痛いだけて終わってしまった印象。なんてこった。

タイトルに「バード」が付く映画は気をつけねば。独り言にて失礼しました。スコアつける資格無し orz
赤鬼

赤鬼の感想・評価

4.1
レディ・バードの前半のサクラメントへの気持ちに共感しまくり、と言うかレディ・バードに共感しまくりの映画。音楽の使い方もいいしテンポ感があるし、羨ましくてしょうがなくなる映画。
Rumi

Rumiの感想・評価

3.8
特別じゃない、よくある女の子のお話。
誰でもない誰かになりたくって仕方ない気持ち。
全部まわりのせいにしたくなる気持ち。
実は大きな愛に包まれていることに気づけないこと、よくわかります。
でも、自分が自分であることは絶対に変えられない。
自信をもって自分の名前を名乗れるようになろうと思える作品でした。
Poppy

Poppyの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

・今ある自分以上の何かになりたい、なれるはずともがくレディ・バードの、可笑しく、痛々しく、ちょっぴり切ない青春の日々。
とにかくレディ・バードの生き方の様々な断片がいい意味で心に突き刺さってくる。
もう後から思い返したらジタバタすること請け合いの若気の至りの数々。でもどこかキラキラしてて楽しそう。
自信たっぷりに「私の名前はレディ・バード」と名乗る度に可愛いと思いつつもムズムズする気持ちが抑えられない笑
そんな彼女が最後には親からもらった名前を名乗るようになるのがいいよね〜。
・シアーシャちゃんの制服姿や、衣装の数々が素敵だった
・レディ・バードとジュリーが一緒の時が心から楽しそうで、本当の親友同士というのは互いに自然体になれる存在だと思える。
聖餅をスナック感覚で食べながらオ○ニートークしてるの笑ったw
・シアーシャちゃん、ルーカスくん、ティモシーくんの今をときめく若手俳優たちの共演が嬉しい。
好青年だけど誰にも言えない秘密を抱えるダニー、ダウナー系のバンドマンカイル、それぞれ好演だった。
・カイル早過ぎwのところは笑う
・カトリック系で厳しいから学校主催のパーティーでも行き過ぎた接触はNGかw
・親は子どもには苦労しているところや辛い部分をなかなか見せないものだけど、子どもは分かっていないようで心の底では分かっているものだし、どんなに反発し合っていても親は子どものことを気にかけ幸せを願っている。
なんだかんだいって、健全な親子関係だとそういうものなんだよな。
私自身はまだ子どもとしての立場しか経験してないけど、きちんと育ててくれて、決して安くはないお金をかけてくれた親への感謝は忘れないようにしたいものだ。
・ママが搭乗口に向かう時、泣き顔を見せまいと車のミラーで笑顔を作ろうとするところ泣ける…
・お兄ちゃんだけ人種が違うよなーと思ったらやっぱり養子なんだ。なかなか子どもを授からなかったからはじめ養子をとったってことなのか、繋がった…
310

310の感想・評価

3.8
思春期に誰もが経験する、キラキラ感と、モヤモヤ感。
親友の女の子との関係が良かったな。

レディバードと母親との関係はどうしても自分と重ね合わせて見てしまう。
母親は自分の事好きじゃないのかなー、とか。未だに考えてしまう自分は17歳から成長してないということだな。笑

ティモシーシャラメくんの色気!
感じ悪いやつだったけど!笑
何かに反発したり、何かに憧れてみたり、ちぐはぐな想いを繰り返してこんな風に青春を過ごしながら皆、大人になっていくのだな…とその頃を思い出す。17歳、もう随分昔の話です…笑。

レディ・バードは、恐れず正面きってぶつかっていく。その姿がなんとも潔きよく、可愛いらしい。

個人的には終盤のシーン…初免許でサクラメントをドライブしたあの景色と彼女の表情が秀逸でした。

印象に残る関係、会話も多くありましたが、特に好きだったのは、シスターが言った言葉「愛情と注意を払うは、同じこと」

誰もがどこか共感できる…そんな素敵な作品でした。
ゆ

ゆの感想・評価

-
18歳とか見てて死ぬんだが
俺はもうこの後(はじめての居住の選択の自由を勝ち得て、故郷を離れる)を生きてるのかと思うと辛いンゴね、何かを達成したいが夢は無い、存在だけで強過ぎる若さに目がやられるのであんまり派手なものは要らず限りなく実際な日々が主題でグッド

そして2002年めちゃくちゃ良い
2002年感がめちゃくちゃ良いと思う時代に既に僕は居る 、画面も泣ける
KENTA

KENTAの感想・評価

4.1
自分も18歳になったら、あれやればよかった。
モラトリアムだ。最高。