レディ・バードの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

レディ・バード2017年製作の映画)

Lady Bird

上映日:2018年06月01日

製作国:

上映時間:93分

あらすじ

2002 年、カリフォルニア州サクラメント。閉塞感溢れる片田舎のカトリック系高校から、大都会ニューヨークへの大学進学を夢見るクリスティン(自称“レディ・バード”)。高校生最後の 1 年、友達や彼氏や家族について、そして自分の将来について、悩める17 歳の少女の揺れ動く心情を瑞々しくユーモアたっぷりに描いた超話題作!

「レディ・バード」に投稿された感想・評価

田舎の恋と退屈。
モラトリアムに直面しているときは衝突ばかりだけど、受け止めてくれた親やまわりの理解のおかげで今がある。
改めて尊くてかけがえのない瞬間だったと気付かされます。
kazz

kazzの感想・評価

-
いつも肌身離さずそばに置いておきたいような作品で、ほぼ自分のことのようだった。突き刺さった。
Zawa

Zawaの感想・評価

4.3
058/8.7

時の人とも言えるグレタ・ガーウィグの監督作品だが、若手作家っぽい奇をてらった感じが全くなく、本人が実際に感じてきただろうエモーションや、それを伝えるための物語を真正面から捉えていた。
監督自身の目線や視界が真っ直ぐでクリアなんだと思う。
個性的だったりいびつだったりするフィルターを持つ作家も面白いが、こういう作り手だって貴重だし、一定数いてほしい。

笑える箇所はたくさんあったが、それもコメディのための笑いではないというか、リアルに身近にいる人々を見つめた時に感じるおかしみに近い。

そして、そんな映画だから、主人公たちの感情が高まるシーンでは、こちらも涙腺が決壊してしまう。
男が観てこれなのだから、女性だったらさらにグッと来るのだろうか。母娘間のなんともえない距離感とか、特に。

ヒロイン役のシアーシャ・ローナンがものすごく良い。
ジョー・ライト監督作の『ハンナ』の子かと思うと、感慨もひとしお。

『スリー・ビルボード』でフランシス・マクドーマンドの息子役をやっていたルーカス・ヘッジズの、なんとも言えない感じ(学校にたまにいる、非リア側だがオタクにも振り切っておらず、良くも悪くも邪気がない感じ)とか絶妙過ぎた。
『君の名前で僕を呼んで』のティモシー・シャラメのアンニュイで俺様な感じも良かった。

監督は、なにげに構成力というかまとめる力も高く、ヒロインが独り立ちしてからのアップ&ダウン(からの気づき)があまりにスピーディーで驚いたが、決して乱暴とは思わなかった。

今後もぜひ青春モノを作っていってほしいが、全くの別ジャンルだとどうなるのかも気になる。
ぶんず

ぶんずの感想・評価

4.0
思春期17歳!家族、友情、恋、都会への憧れ…好奇心と不安が交差する感情の揺れ。自分も経験ある大人への通過点。当時を思い出しぐっと込み上げるものが。古着屋のシーンとか母娘あるある過ぎて。観ながら私も母と口聞かなかったり取っ組み合いの喧嘩とかしたな〜と思い出してた。当時の理由覚えてないけどw母娘の喧嘩なんてそんなものだ。
YUCHI

YUCHIの感想・評価

3.6
とにかくムズカユイ恥ずかしさが続く作品。
良い意味でイタい。
そして昔の自分も、いや今の自分にも共通するおバカな部分があるから恥ずかしかったのか・・・
何にも一生懸命で色々噛みついてそれでもまだもがいて自分は飛べると信じて。
青春を90分に詰め込んだ作品。
決してスポーツや純愛のようなきれいな青春ではなく至って普通の青春が見れます。
主人公がとてもチャーミングで感情移入してしまうんだけど、何者かになれる、何かを為せると信じて実際に行動に移せるような生き方を自分はしてこなかったという部分も刺され続けてるような感じがした。
レディバードはガッチリしてるし男の子っぽい顔だから、女の子みたいな(というかそういう問題じゃないくらい美しい)ティモシーシャラメが相手役?として映えてた。「ただ綺麗なだけの中身のない男」っていう使われ方もあるのね。
「私vs世界」に見えなくもないんだけど、実際は周囲のみんながとても優しいということに気づいてからもうずっと泣きっぱなし。口が悪いけど本当はいい人、というのに弱いのでお母さん絡みのシーンも泣けて仕方ない。映画の世界全部が好きになると、「悲惨さとモラルは別」「ステキな夜になりますように」とか何でもないセリフもパンチラインになってしまう。
レディバードはすごく前向きだけど実はほとんど何も上手くいってないし、多分この先ニューヨークでもあんまり思う通りにはいかないのかもしれないけど(監督の半自伝なら映画監督になるのかな)そんなことは問題じゃなくて、筋もなんてことないし着地も普通といえば普通なんだけどそんなことは問題じゃなくて、今後の人生で何回も観直したい映画だと思った。嬉しくて一人で「あーっ!」って叫んじゃうようなことなんてこの先あるのかな。
繰り返しテロのニュースが出てくるんだけど、戦争以外にも悲しいことはある、みたいなセリフが刺さった。映画を観た6月18日の朝に地震があったから、そういう意味でも忘れられない映画になったかもしれない。中盤からずっと泣いてました。大好きです。
mayukko

mayukkoの感想・評価

3.5
わたしも田舎から都会に出て親の偉大さとか分かった典型的なパターンだけど、なぜか感情移入できず。「スウィート17モンスター」は応援したくなるイタい女子だけど、こちらは応援したくならない嫌いなタイプのイタい女子という感じ。シアーシャは高校生の中に混じるとちょっと老けて見える
でも演出はとても良かったし、ルーカスくんとティモシーくんの両方との恋を見れたのは嬉しい!
k

kの感想・評価

3.0
地元に何も思い入れがない自分には全くハマらず!(そういえばブルックリンのときもそうだった…)
主人公の心の変化はスウィート17モンスターと近いものを感じた。
あと単純にカトリックではないのでよく理解できない&おや?と思う点が多かったのが残念。
coco

cocoの感想・評価

-
きぇ~全然面白くなかった。故郷の描き方は良かった。まぁでもそんな力入れてないのかも。やっぱグレタガーウィグを見るのが好きなんだ。GG賞とアカデミーノミネートかぁ~うーん。
みほた

みほたの感想・評価

4.2
母と娘の描かれ方がどこか自分にも繋がる部分があったな。娘の気持ちに共感しつつ、将来母の気持ちも分かるようになるんだろうなと。