レディ・バードの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

レディ・バード2017年製作の映画)

Lady Bird

上映日:2018年06月01日

製作国:

上映時間:93分

あらすじ

2002 年、カリフォルニア州サクラメント。閉塞感溢れる片田舎のカトリック系高校から、大都会ニューヨークへの大学進学を夢見るクリスティン(自称“レディ・バード”)。高校生最後の 1 年、友達や彼氏や家族について、そして自分の将来について、悩める17 歳の少女の揺れ動く心情を瑞々しくユーモアたっぷりに描いた超話題作!

「レディ・バード」に投稿された感想・評価

CHEBUNBUN

CHEBUNBUNの感想・評価

2.0
【脚本が弱い】
日本公開6/1ですが一足早く観ました。

女優のグレタ・ガーウィグが初監督し、ゴールデングローブ賞で作品賞と女優賞を獲った作品。町山智浩の解説もノッていたので期待していたのだが、思いの外残念であった。

本作は、グレタ・ガーウィグの辛い大学受験時代を描いている。元々の脚本が6時間分あったのを90分にまとめている。

これがまずかった。彼女の思い出の選りすぐりを挿入していく短編集のような作りなのだが、エピソード同士のアンサンブルに乏しくただ並べているだけなので、短くも長い、楽しい青春だが辛い青春という彼女が本当に描きたいものが形になっていない。

確かに、破天荒でイタいレディ・バードの生き様は『フランシス・ハ』に通ずる面白さがある。カンニングシーン、授業中に爆弾発言するシーン、実にイタ面白い。

ただ、コントを並べるだけではそれはコントに過ぎない。やはり小さいエピソードのリエゾンがやがて大きなモザイクになって始めて、映画になる。

とはいえ、辛い大学受験をした人や親との仲が悪かった人には刺さる映画なのは間違いない。私の苦言なんか気にせず、是非劇場でウォッチしてみてください。

P.S.ティモシー・シャラメはイケメン♡
Ai

Aiの感想・評価

4.8
ポーランド、クラクフの旧市街地にある小さな映画館にて鑑賞。

やっぱりcoming-of-age filmが好きだ!

都会に憧れて、田舎を出たがる子の話はそのまま自分と重なるので胸が苦しくなる。BrooklynもLady Birdも。

Lady Birdは”カルチャーのある街に行きたいの!”と言う。 けれど、行ったら行ったでアクセントの違う同級生にどこ出身?と聞かれサクラメントと答えるも分かってもらえないのでサン フランシスコと言う。Lady Birdの中に生まれる違和感と孤独。

分かる分かる分かる、と首をぶんぶん振った。

ポーランドに敬虔なキリスト教徒が多いからか、カトリックネタのギャグになると会場がドっと笑いに包まれた。

トト

トトの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

可愛らしい思春期、プロムへ行くときには自分の気持ちに気付いていたレイディーバード
娘を空港で降ろした後、気がついたときには遅かった母の姿、自分の名前を受け入れた彼女、感動しました。
登場人物の可愛いジョーク、お父さんの自虐は特に面白い。
りんこ

りんこの感想・評価

5.0
CMBYNでシャラメ君がじわじわ気になり鑑賞
こちらのシャラメ君はアメリカの中にいるイケメン(?)で、イタリアのシャラメ君とは違う雰囲気を醸し出していた。(?)

★5なのは私もこういう経験があってなんとなくわかるから。笑 田舎育ちで都会に憧れ夢を叶えて都会にいくも、、、という でもカリフォルニアも良い所だと思うけど結局ないものねだりなのはみんな同じか 高校生の時はやりたい事が何でもできるんだなと思った からこそいろんな決断が難しいのね それが青春でもある(?)私にとってそういうのは懐かしいことになってしまったんだな
94分だけどものすごい情報量!
テンポが良くてバンバン話が展開して行くし、各キャラクターとの関係も、それぞれのキャラ自体も1年という期間の中で変容していく。

で、このスピーディーさなのに観客が置いていかれないのは、母と娘を演じる主役2人の名演と、監督のコメディセンスのなせるわざ。

****


同監督の前作『フランシス・ハ』も名前の話だったけど、今回も名前がテーマ。

前作が「自分なんてこんな名前でいいや」っていう投げやり感がありましたが、今作はかなり名前というものにこだわってます。



****


巣立ち、受験、うるさい母親、失業中の父親、優等生の彼氏、ちょっとダサい親友、イケてるグループ、初体験、養子の兄とその彼女……、などなど要素が多い映画ですが、

最大のポイントは「母と娘」でしょう。

くっどくっどとチョー回りくどい嫌味なことを娘に言っちゃう母親を演じるローリー・メトカーフが素晴らしい。
この演技でいくつか助演賞とってますね。そりゃそうさ、なんでオスカー候補にならなかったんだっつー話。

こういう母親像ってものすごく嫌いなので下手すると最悪になるとこだったけど、ローリーさんがこの母親に多面性を見せたので豊かな人間として映りました。


****


主役のシアーシャ・ローナンが17歳に見えない問題には目を瞑りまして。。
(本人は撮影時22歳。老け顔なのね)

『ブルックリン』でのカリスマ性が記憶されていますが、こんなにコメディセンスのある人だとは。。

こちらも痛いキャラだけど、嫌悪感なくむしろ強い親近感で最後まで気持ちを寄せて見ていられます。



四コマ映画『レディー・バード』→ http://4koma-eiga.jp/fourcell2/entry_detail.htm?id=1987
hikarie9

hikarie9の感想・評価

3.7
字幕なしで見て全てのジョークを理解できなかったことから3.7なのかもしれない
6さいのぼくのほうがすきだった
Momoka

Momokaの感想・評価

3.4
普通のストーリーだけど監督の魅せ方がうまいんだろうなと思った
あとSaoriseのアメリカ英語にずっとハラハラしてた
ふにこ

ふにこの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

多くの人が既に言っているように普通なんです。ただただアメリカの田舎で暮らす世間知らずの十代の女の子の普通の生活を切り取った映画なんです。そこには奇跡もなければ魔法もない。
でも私はこの1人の女の子を、上から見下ろすでもなく下から大袈裟に見上げるでもなく、正面から真っ直ぐ同じ目線で撮り切ったグレタ・カーヴィグに目一杯拍手を送りたい。簡単そうに見えるけど、この視点で最後まで持っていくのってなかなか出来ないと思います。

すっごくイケてる友達や恋人ができたり、何かで優勝したり、バンド組んだり、そういったいかにも映画っぽいドラマチックな脚色がある青春映画ってなんだか甘過ぎるキャンディが歯にくっついて痛い時のあの感じがして苦手なんです(嫌いではないしそういうのが観たい時もある)。そんなキラキラした青春あるわけねーだろボケとまでは言わないけど、そういった特別な青春を本当に送ることができるのって多分100人に1人なんじゃないかな(いやもっと少ないかも)。ただ映画ってドラマチックな媒体だからその1人を取り上げがちだと思うんですが、私がこの映画を好きな理由ってその他99人を選んだところなんですよね。そして私もその他99人の内の1人だったから、すごく親身になって観れたというか、純粋にレディバードに十代の時の自分をうっすら重ねていたと思う。
あとやっぱり本当に特別なことって特別じゃないというか、普通の中の特別というか、個人的にそういうのを1番信じているので、ウマが合ったのかもしれません。

好きなシーンは色々あるんですが、やっぱり最後の電話するシーンで「初めて自分で車を運転して街を走った時、感動した?」ってお母さんに聞くシーンかな。
車っていうものがアメリカ社会(特に西海岸)やアメリカでの青春において重要なメタファーだっていうのは散々語り尽くされてる事実ですが、ここでは免許を取って公式に大人になった時の高揚感と、今まで当たり前だったことがこれからは当たり前ではなくなっていくんだということにふと気付いた主人公の悟りというか、心境の変化が上手にさりげなく表現されていて本当に大好きです。運転席から見る青空と、お母さんが運転する横で助手席から毎日見ていた青空はきっと全くの別物だったんだろうと思います。
1人で何処にでも行ける自由と寂しさが痛いぐらい伝わってきた、本物の青春映画。
Cocoa

Cocoaの感想・評価

3.5
いいな〜女の友情!
かわゆい。こういう感じの女の子が成長していく過程を描いた映画、結構好きかも。
inoko

inokoの感想・評価

-
『フランシス・ハ』で非モテ女を好演して映画ファンから愛されたグレタの初監督作!

良作なのは間違いない。
けど、ジャンルは…コメディー?青春??や、自伝映画かな〜…涙腺弱いのに、青春映画でうるうるしなかったの初めてかも…💭
自分を持ってて臆さない主人公は素敵だけど、それができる人はなかなかおらんよ!なんやかんやキラキラ高校生活やないかーい!国境の壁ありけり