レディ・バードの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

レディ・バード2017年製作の映画)

Lady Bird

上映日:2018年06月01日

製作国:

上映時間:93分

あらすじ

2002 年、カリフォルニア州サクラメント。閉塞感溢れる片田舎のカトリック系高校から、大都会ニューヨークへの大学進学を夢見るクリスティン(自称“レディ・バード”)。高校生最後の 1 年、友達や彼氏や家族について、そして自分の将来について、悩める17 歳の少女の揺れ動く心情を瑞々しくユーモアたっぷりに描いた超話題作!

「レディ・バード」に投稿された感想・評価

ミヅキ

ミヅキの感想・評価

4.8
友達と廊下で寝転がっておかしボリボリしてるシーンめちゃくちゃ好き 人生ずっと青春だ💥
ausnichts

ausnichtsの感想・評価

3.5
つくり手に才能を感じる映画ですね。

「フランシス・ハ」では、主役とともに脚本にも加わっており、もともとディレクション意識の強い方じゃないかと思います。

この映画でも脚本を書いており、おそらく自伝的なエピソードも入っているのでしょうが、物語の展開に隙きがなく、それでいて過剰さもなく、人物描写が的確で、シーンの少ない人物でさえ過不足なく描かれていることにも驚きますし、笑いやほろりとさせるセンスもほどほどで気持ちいいですね。

http://www.movieimpressions.com/entry/2018/06/20/205118
ひめ

ひめの感想・評価

3.0
目の前の幸せに満足できなくてもっと上に上に羽ばたきたくてしょうがない。わかる。わかる自分が痛い。
pero

peroの感想・評価

-
ゼロ年代マンブルコア(知らない人はネットで調べてね)のミューズと言われ、公私ともにパートナーであるノア・バームバックと共同で脚本を書き作りあげた「フランシス・ハ」で女優として地位を確立したグレタ・ガーウィクの初監督作品。

初監督作ながらアカデミー作品賞にノミネートという快挙を成し遂げているが、映画自体は肩肘張らない作品。

サクラメントで自分の事をレディバードと名乗る、学校でちょっと浮いている17歳のクリスティン(シアーシャ・ローナン)の高校最後の一年間の物語。友達、大学進学、ボーイフレンドといっぱいいっぱいなのに理解してくれない母親(ローリー・メカトーフ)との衝突、思春期の人生はままならない事ばかり…

これは田舎でくすぶっていたグレタ・ガーウィクがその頃の自分へ送るラブレター。
それは全ての地方出身者、都会でもイケてない自分を持て余している女子への応援でもある。

自分でもどうしようもない自我を持て余していたサブカル思春期を思い出しつつ、母親の歳に近づいて来たせいか母親の気持ちにも感情移入しながら見た。

誰の目線で見てもフェアで、登場人物の画面の後ろにある物語が透けて見え彼等一人一人でも映画が出来そうな愛おしい物語。

最後にアラフォーサブカル拗らせ女子から、一言。

レディバードはイケてない自分でもNYに行けば才能が開花し変われると思っている。でもその先に「フランシス・ハ」のような自分の才能と泥試合をしなければいけない事をまだ知らない。

自分もこんなだったけど、こんな娘やだなぁ。本当に母親の愛情に感謝。
小屋っ

小屋っの感想・評価

4.8
すごいイタい!
けど、すごい愛おしい!

高校生ってこんな感じ
親との距離感の取り方のヘタクソさ
クラスの目立つ子と競ってみたり
初体験自慢とプロムで見栄を張るためのイケメン探し
結局は親友と語り合うのが1番
あーん いいなあ
笑った後めちゃめちゃ泣ける
こういうのにめっぽう弱い
2018年大好きな映画

ティモシーシャラメにどっぷりハマる予感しかしない。
最近よく見るルーカス君の演技も素敵でした。
前半まで共感の嵐
クリスティーンの性格、母親とのズレ、親の経済状況
どれもが自分と同じだった。
好きな地区の好きな家で夢を見るクリスティーンは年相応のティーンって感じでかわいかった
ただ期待しすぎたのか最後の未消化感は否めない。中盤くらいにじわじわ終わったのかな、あと友達に都合良すぎてむかついた(笑)

クリスティーンは飛び立ったけどわたしはどうか。イライラしたけど心の中にむずがゆさを残してくれた映画だった。
Kaoric747

Kaoric747の感想・評価

3.5
母親と娘の微妙な関係。「ママなんて私のこと全然好きじゃない!」とは口では言うけど、ママが一番自分を分かってることは分かってるし、顔を合わせれば喧嘩してるけど、ママが話しかけてこないと心細い。難しいものである。シアーシャ ローナンの真っ赤な髪可愛かったし、パンツスタイルカッコよかった。(2018/6/19 中洲大洋)
MOON

MOONの感想・評価

3.8
女子高生なんてこんなもんだろうなぁ。反抗するし、イケてる軍団に憧れるし。彼氏が出来てイチャイチャしてる時点でだいぶ勝ち組だよ。レディバードじゃなくて、ぽっちゃりした女の子の方が気になった。親近感わくね。
全てのサブカル女子に観てほしい
ほんで「ゔあぁぁぁぁぁぁあ!」ってなってほしい
サクラメント、NBAのキングスしか知らん町
アメフト2軍コーチ最高!
全娘に観て欲しい。

主人公嘘つきだしいかれてるし、こじらせた中二病のようなんだけど、愛おしい。

母と娘の"分かってるけど分かりたくない、分からない分かって欲しい分かりたい"ぶつかり合いとか
泣けない訳がない。

だって結局
娘は母を愛してるし
母は娘を愛してる
娘は、母は、ほんとは深いところではそれを知ってる。

母娘って、男にはちょっと分からない(であろう)絆があると思う。
歳をとって少しずつ気付くんだよね。
これは、良かった。