レディ・バードの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

レディ・バード2017年製作の映画)

Lady Bird

上映日:2018年06月01日

製作国:

上映時間:93分

4.0

あらすじ

2002 年、カリフォルニア州サクラメント。閉塞感溢れる片田舎のカトリック系高校から、大都会ニューヨークへの大学進学を夢見るクリスティン(自称“レディ・バード”)。高校生最後の 1 年、友達や彼氏や家族について、そして自分の将来について、悩める17 歳の少女の揺れ動く心情を瑞々しくユーモアたっぷりに描いた超話題作!

「レディ・バード」に投稿された感想・評価

まぁ全体的にはオモロイけど着地点があんまオモロくない。出演者が男も女も全員可愛い。
Kaede

Kaedeの感想・評価

3.8
カースト上位層にがんばって近づいてもなじめないダサい自分、あの感じな〜
まつき

まつきの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・グレタ・ガーウィグ、初監督(兼脚本)作品でこの面白さ、天才では!とはいえ下積みというか、いろんな現場で地道に監督の仕事を研究したり、脚本書く機会もあって、努力も相当のものなのだろうけど・・・。

・『スウィート17モンスター』とテーマは近いが、切り口は全然違う。

・レディバードにも、母にも、悩みで苦しむ人を思いやりでいたわるシーンがある。(レディバードは、自分がゲイだと恋に悩む友人をそっと抱きしめる。母の方は忘れたけど病院でのシーンだったと思う)。劇中、頻繁に衝突する母娘だけど、共通の優しさを持った正真正銘の母娘だということがわかる。とてもいい。

・この作品は、レディ・バードの成長が主としてあるんだろうけど、やっぱり母娘の映画、という印象の方が強い。すれ違って衝突しても、あっさり仲直り。女同士の友情にも近い。でもやっぱり親子愛があって。私の母と妹がまさにそんな感じだから、リアルだなぁと思って見てた。そして、最後、お母さんが車で我慢しきれず泣いちゃうもんだから、私ももうめちゃくちゃ泣いてしまったよー!

・自分以外の何者かになりたい。サクラメント以外のどこかに行きたい。漠然とした理想を持つ思春期。最後に「レディ・バード」の名を捨て、本名に回帰し、ニューヨークでサクラメントを想う。
ゆ

ゆの感想・評価

4.2
ぬるくてどろっとしたモラトリアムの沼をなんとか抜け出そうともがくあの感じ、はいはい、アレね、わかるって

若い頃に女子が抱く、恋愛や将来、親、友達に対する負の感情は、女が一皮剥けて垢抜けるためには必要不可欠な要素であって、それらは全部 自分の踏み台に変えることができるんだろうね

映像に薄くかかっているフィルム感がすごく柔らかくて、映画館の1番前の席で観たけど目が全然疲れなかった 優しい太陽の光をうまく取り入れている感じ とろんとした色彩
一言でまとめたくないけど、一言で言うなら、、、大好き。シアーシャ・ローナンがドンピシャのはまり役。グレタ監督作、これからも楽しみ。
kanako

kanakoの感想・評価

-
いろんなことを素直に受け止められず、親に当たってしまったりやけになったり、そんな自分のことも好きになれず、みんな嫌いだ!ってなっちゃう思春期あるあるのストーリー。やっぱり最後は親なんだなぁ😌
ジャケットの横顔…同一人物であろうか…
実家に帰りたくなるなる!な映画。

率直に申し上げると
ヒロインとお母さんで比較すると
まだヒロイン側の方に年齢が近いため
感情移入できるかと思いきやそれもできず
誰の視点で見るのか悩む作品でした。
年頃の葛藤みたいのって難しいよね。
私はやった記憶が無いので、
ここまで自我が強いと大変そうだな…
自分を受け入れるところはグッときた。

キスからの激しさ半端ないですよね
お顔立ちは大変好みでしたので
ちょっと他作品を覗いてみたい所存
7

7の感想・評価

4.5
最&高です。大好きです。痛々しくもあり愛おしい。最低野郎カイルに騙されたいと思ってしまう方は多いのではないでしょうか?そしてダニーは幸せになってほしい。
ブルックリンが巣から飛び立った後の話だとしたらこれは飛び立つまでの話。ほんとシアーシャローナンは不器用なのに目が離せない女の子やらせたら右に出るものはいないくらいはまってる
ぽぱゐ

ぽぱゐの感想・評価

4.3
女性共感度高いらしいです。

イタさも親からしたらかわいいな、と思ってくれてるんだろうと思うとそれだけでありがたいです。
そんな小さいけど偉大な話