レディ・バードの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

レディ・バード2017年製作の映画)

Lady Bird

上映日:2018年06月01日

製作国:

上映時間:93分

あらすじ

2002 年、カリフォルニア州サクラメント。閉塞感溢れる片田舎のカトリック系高校から、大都会ニューヨークへの大学進学を夢見るクリスティン(自称“レディ・バード”)。高校生最後の 1 年、友達や彼氏や家族について、そして自分の将来について、悩める17 歳の少女の揺れ動く心情を瑞々しくユーモアたっぷりに描いた超話題作!

「レディ・バード」に投稿された感想・評価

女性でも無いし、アメリカ人でもありませんが、なんとなく分かるこの感覚。友達、彼氏や彼女、そして親との関係。狭い世界に生きざるを得ない思春期は、やっぱり国が違っても、その閉塞感やそれを打ち破りたいエネルギーが似てるのでしょうね。
元フットボールコーチだった演劇の先生のシーン、声出して笑っちゃいました。
とむみ

とむみの感想・評価

4.2
ティモシーシャラメの顔面の美しさが大変に素晴らしすぎてもうそれだけで1500円以上の価値があった
ローラマラノが出てたの知らなかったのでびっくり
2018(40)
Olive210

Olive210の感想・評価

3.8
シアーシャみたさに予備知識なしで鑑賞。レディバードの痛すぎる青春が面白かった。本作の要であろう母娘間の微妙な関係というのは全く感じ取れなかった。というのも早くに母を亡くしたので思い出がないのです。逆に、レディバードほどではないが、私自身もかなり無理をしていた高校時代がリアルに蘇りちょっとひいてしまいましたが、鑑賞後の感覚があまりの良いので、今になって、ああやってムチャやってたからこそ今があるんだと思えたことに、この作品に感謝です。高校時代の友達とあって恥ずかしすぎる思い出を語りたくなりました。

このレビューはネタバレを含みます

わたしは余程じゃなければ、良い点しかレビューに書かないから、どれもこれも褒めてるみたいになってしまいがちだけど、もうこれは本当に、本当に観てよかった!
上京してきてから観た中では、間違いなくいちばんハートにきた映画だった
田舎から上京してきた今のわたしの境遇ドンピシャで間違いなく出会うべくタイミングで出会えた一本

高校生活でのレディ・バードは、憧れの人に近付こうとして無理をしたり、見栄を張ったり、ダサい自分を脱出したくてもがいてみたり。理解者であるはずの親友さえも無下に扱ってしまったりして。
でも憧れって近づいてみたら本当は思っていたより良いものでもなくて、居心地の良い場所とありのままの自分がいちばん大切だってことに、ちゃんと気付くし、そうやって自分の周りを愛せるようになれば、親から授かったものも受け入れられるようになる

まあ言動に共感できない部分もあるけど、何にもない田舎と何にも持ってない自分が嫌になる気持ちは分かるから多少は目を瞑るとして

ママとの関係の描き方が本当に良かった
似ているからぶつかるってことを分かってくれているパパの存在も、反発しながら、泣きたいときはやっぱりママに頼ってしまう娘も、愛しているはずなのに素直に言えないママも、(そしてちゃんとこっそり自分で努力している兄貴も、血こそ繋がってないけど、だからこそ家族を客観視してくれる姉のような存在も)みんなそれぞれ家族の中で大事な役割があるんだよね

NYに行くんだと自分の意思を押し通すレディ・バードに、ママは猛反対して、別れのその瞬間までほとんど口を利かないけれど、車で1人になってから涙が止まらなくて、空港にすぐさま逆戻りするんだけどもう娘は旅立った後で。

わたしのママが、わたしを一人暮らしの家に送ったあと、帰り道の車で1人で泣いたって言っていたのを思い出して、ママはどんな気持ちだっただろうかと考えたら、もう号泣だった
レディ・バードのママとは違って、いつでもわたしの挑戦を、何でも背中を押してくれたことに本当に感謝したい

この映画わたしの周りでは、めちゃくちゃ良い派とまあまあ派に分かれたんだけど、多分田舎で育った女の子で、ママとの衝突も経験しながら、でもママへの尊敬はしっかり持っている、そして憧れと共に上京してきた人ならレディ・バードに自分を重ねられるはずなんだ!
少なくともわたしはそうだったから(前述した通りレディ・バードの言動に共感できない点は沢山あれど)、ハートを鷲掴みにされました

ラストのママへの電話も、あれだけ喧嘩したけど、ママに素直に愛してると言えるようになって、でもあそこでママとパパが電話に出るんじゃなく、留守電なのも良いんだよ、直接じゃまだ照れ臭いっていうのがよく分かる

それでもって、ティモシー・シャラメは圧倒的にcall me by your nameよりこっちの方がすき!大正義!序盤の横顔だけで魅力溢れてるから強いぞ!
田舎に住んでて都会に行きたいけど親が現実をぶつけてきてイライラして衝突っていう10代を経験したことがあるから共感できる部分がたくさんあった。親元離れた瞬間大人しくなる感じとかもすごく分かる。

でも20歳を過ぎた今の自分はどちらかというと親目線でこの映画を観てしまって、お母さんは別に意地悪してる訳じゃないんだよ!分かれよ!分からねぇか!でも君の気持ちも分かるよ!ってなりながら観てた。

個人的には母の日に観るべき映画No.1だと思う
matsubo

matsuboの感想・評価

3.0
これくらいの年頃の女の子が主人公の映画って定期的に作られているような気がする。何があるってきかれるとパッと思い浮かばないけれど、何となく既視感がある。

レディ・バードを私はあまり好きになれなかった。学生時代に会っていても友だちにはならないタイプの子。

最初のボーイフレンドのある場面を見てしまった後、訪ねてきた彼を抱きしめてあげたのはえらい。

アメフト部の2軍監督だった先生が演劇部にやってきての板書には笑った。

お父さんとか演劇部の神父様とか神と結婚して40年のシスターとか、大人が個性豊かで魅力的だった。

字幕翻訳: 稲田嵯裕里
@TOHOシネマズシャンテ

この愛すべき傑作を抱きしめたい。
ごま

ごまの感想・評価

4.0
自分が大学受験するとき
親に黙って受験して揉めたの思い出した
レディ・バードと母親のぶつかりとか
本人の葛藤やら喜怒哀楽は
思春期を過ごしたことのある
女子なら一回は経験してるのでは?
ってなりました
emiozaki

emiozakiの感想・評価

4.0
なんて愛しい主人公なのか…上京してきた時を思い出してキュウっとなる。
kaname

kanameの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

細かいところなんだけど、クラスのイケ女子に家がバレたとき「なんでそんなこと気にするの?」って言われるやつ。

あと、エロ雑誌買う店の中東系の店員さんの、まるでふつうに存在してる感じ。

こういうシーンを描くとき、安易なステレオタイプにしないことが少しずつ世の中を変えていくと思う。グレタ・ガーウィグ!大好きです。