レディ・バードの作品情報・感想・評価

レディ・バード2017年製作の映画)

Lady Bird

上映日:2018年06月01日

製作国:

上映時間:93分

3.8

あらすじ

「レディ・バード」に投稿された感想・評価

nozomu

nozomuの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

見て早2週間経つけど不思議な余韻に浸らせてくれた作品。

当初な印象は、シリアスな青春の中に病んでいく女の子のドラマかと思いきやそうではなかったので、いい意味で期待を裏切られた。

見た方はご存知だと思うけれど、なかなかコメディタッチな展開で、よく描かれるティーンありきの悩み、人間関係、その他のテイストは多い。

だがこの作品で着目するべきは両親なのかもしれない。

葛藤の末彼らもなるべくしてあのような複雑な家族形態を築き上げ、子供達と共に悩み、成長していく。

極めてステレオタイプな考え方
-親は何事があっても味方であるだとか、障壁になりうるとか。-
そう言ったものを取っ払い、あくまでも物語は完結しない。
そういう意味での青春劇として最高だった。
ぜひ未見の方はご覧ください。
まや

まやの感想・評価

3.8
分かってないのに分かってると思い込んで、分かってないことに気づいていく"レディ・バード"の姿が学生時代の自分と重なるところがあって、若いってこういうことかと客観的に見れた。
たま

たまの感想・評価

3.3
高評価映画だったので期待しすぎたかもしれない。

よくある10代あるある青春ムービー、走行中の車から飛び降りる子はなかなかいないけど 笑
髪色がすごくかわいいなーーーーーーーーーーーーーーーっていう感想。自分にとってそこまで響きませんでした…
青春。アメリカンカルチャーにそんなに詳しくないから腑に落ちないところもあった
meme

memeの感想・評価

3.9
高校3年生の多感で痛々しくもある
レディ・バードが、
まるで6.7年前の自分を見ているよう
だった。

親や先生に対して、
「何で分かってくれないんだろう」
「自分を認めてほしい」
という思いが先行して、
よく自暴自棄になったり言い争いを
したり。

そして、地元から都会の大学に進学して、
離れてみて親の愛を感じ、
かしこまって感謝の手紙を書いたり
メールしたりしたなぁ

巡り巡って、住み慣れた地元や
身近にいる家族が やっぱり愛しいと
思えるラストに本当に感動した

6.7年経って社会人になり
思うことは、親の干渉も、厳しい言葉も、
愛情があるから。
全ては大切な子を思ってのこと。

もし、自分に今後 子どもができたら、
たくさんの愛情を注ぎたい。
口うるさく言ってしまうことも
あるかもしれないけど、
自分がレディ・バードだったときの
気持ちもずっと忘れないようにしたい
と思った✨
映画って途中うーん…でも最後まで観てすごく良かったな と思えるの沢山ある。(真夜中のカーボーイとか最近だとRomaとか)
これもそんな映画だった。
rika

rikaの感想・評価

-
シスターと話してる時の表情の柔らかさに心がギュッとした。
自分より環境が悪い人はいくらでもいるし、恵まれていることに感謝しなきゃいけないってことは頭ではわかってるけど何者かになりたくて、それが環境のせいで阻まれてる気がして、っていうごちゃごちゃした気持ちが詰まってる。
車の運転ができるようになるとちょっと前進した気持ちになるっていうの、凪のお暇にもあったな
ばやし

ばやしの感想・評価

4.0
私も母から愛されているか不安な気持ちになることが多いが、私の母もレディバードの母のように娘をとても愛していて大切だからこそ、すれ違ってしまうのかもしれないと考えさせられた。
yoh3i

yoh3iの感想・評価

3.0
意外とよかった青春もの。
青春映画も昔と今とで変わってきてるんだなぁ。
Seira

Seiraの感想・評価

2.7
期待しすぎてでもそんなに共感はできなかった。
兄貴たちが大学卒なのにレジ係やってたり、父さんが失業中でうつ病だったり、そんな状況はアメリカの社会を象徴してるのかなーとも思いつつ。
>|