keko

シークレット・デイ あの日、少女たちは赤ん坊を殺したのkekoのレビュー・感想・評価

3.3
ロニーとアリス11歳の子供。
二人の子供が、赤ちゃんを誘拐して殺してしまう。
アリスは、ロニーがやったと言う。
ロニーは、アリスにやらされたと言う。
7年後、出所した彼女達。

そして、誘拐事件が発生。
疑いの目はロニーに向けられるが、、、

7年前の事件も、今回の事件も首謀者はアリスだった。
アリスの母親は、娘を溺愛しながらも
別れた夫に似て太ってる娘をどこかで嫌っていたのかなぁ?
そして、子供ながらも美人で自分と似た感性のあるロニーを自分の子供のように可愛がっていたのかも。
幼心にも、アリスはその事に気付いていて、ロニーにヤキモチのような感情を抱き、ロニーに意地悪をしていたのかもしれない。だから、ロニーが赤ちゃんを殺したと罪を被せようとしたんだろうなぁ。

ストーリーは面白いんだけど、全体的にちょっと浅くて勿体ない。
観終わった後、ネタバレサイトなど読んで
何となく理解できたような感じです。