ベテランの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ベテラン2015年製作の映画)

베테랑/Veteran

上映日:2015年12月12日

製作国:

上映時間:123分

3.9

あらすじ

犯罪の匂いを嗅ぎ分け、悪党はぶちのめす武闘派ベテラン刑事“ソ・ドチョル”(ファン・ジョンミン)。勝負師“オ チーム長”(オ・ダルス) 、スタイル抜群の紅一点“ミス・ボン”(チャン・ユンジュ)、肉体派 “ワン”(オ・デファン)に、末っ子刑事“ユン”(キム・シフ)まで曲者揃いの特殊強力事件担当、広域捜査隊。 長い間追ってきた国際詐欺集団を捕まえ、昇進に浮かれていたドチョルは、あるパーティーで財閥3世…

犯罪の匂いを嗅ぎ分け、悪党はぶちのめす武闘派ベテラン刑事“ソ・ドチョル”(ファン・ジョンミン)。勝負師“オ チーム長”(オ・ダルス) 、スタイル抜群の紅一点“ミス・ボン”(チャン・ユンジュ)、肉体派 “ワン”(オ・デファン)に、末っ子刑事“ユン”(キム・シフ)まで曲者揃いの特殊強力事件担当、広域捜査隊。 長い間追ってきた国際詐欺集団を捕まえ、昇進に浮かれていたドチョルは、あるパーティーで財閥3世“チョ・テオ”(ユ・アイン)と出会う。テオに犯罪の匂いを嗅ぎとったドチョルは、“罪は犯すな”と警告するが、まもなくテオの同族会社シンジンブ物産で社員が遺書を残し飛び降り自殺を図る。ドチョルはこの不審な自殺の裏にはテオが絡んでいると疑い、一人捜査を始める。しかし、相手は韓国政府にさえ影響力のある大財閥。警察上層部からの圧力などもあり捜査は打ち切りを迫られるが、ドチョルの執念にチームは一丸となり事件の核心に迫っていく。迫り来る捜査の手に、テオは金と権力を使い、あざ笑うかのように悠々と包囲網から抜けていくのだがー

「ベテラン」に投稿された感想・評価

ぶん

ぶんの感想・評価

3.6
ドラマみたいで観易い。
この内容で日本の刑事ドラマだったら観ないかもしれないけれど、韓国映画だから面白い。
格差社会の闇の中で、黒幕を暴くというよくある韓国ストーリーだけど、最後のスッキリ感を求めてラストまで飽きない。
ラモ

ラモの感想・評価

5.0
強いファンジョンミンカッコいいーーーーーー!!!最高だった。みんないいキャラ
XmasStory

XmasStoryの感想・評価

3.5
佐藤二朗さん似のオ・ダルス氏が出てるだけで贔屓目にみちゃいます。そこ差し引いても痛快アクションなのは間違いなし。
財閥の悪いやつに立ち向かう刑事アクション映画。色んな人がみやすい王道ストーリーだけど、韓国映画って絶対グロテスクなシーンがあるのよね…
最後のアクションかっこよかった!
韓国の財閥の闇を暴く映画。
韓国の情勢を示唆したところで大ヒットを記録した。痛快までの道沿いは、警察版半沢直樹みたいな感じ。

チームものではあるが、主人公の行動を主に追って行くので、ガチガチの警察チームものとしての活躍を期待すると少し物足りない。だが、そういう意味ではバランスがとれている。

一番の見どころはやはりアクション。
同監督のベルリンファイルでも見せた、世界にも通用するアクションは面白い。
それに比べて話のスケールは小さく思えるが、だんだん大きくなって行くのも見もの。
しかし、一事件を追って行く様は、こじんまりしているし、そういう意味では話の展開が進展しているのかという明確な部分が弱い気がするが、アクションでカバーしているので問題はない。

全体的に楽しめる韓国映画のひとつである。
Natsuno

Natsunoの感想・評価

4.0
心に何かメッセージをくれるわけではなく、どうしようもなく腐った奴らvs正義感に燃える刑事 というよくある構造ながらも、俳優陣の素晴らしさに支えられて爽快感を持って見終えることができる。ユ・アインの狂った演技最高。
15年韓。とってもスタイリッシュなんだけど、この展開は懐かしの西部警察とか特捜最前線とかではないですか。そこら辺に郷愁を感じる方はツボに填まるはず!痛快さは仕事人及ですし。胃弱な家人は「まだやるの?」と音を上げていた。
森

森の感想・評価

2.8
痛快で面白い、ファン・ジョンミンがいいなあ。
やま

やまの感想・評価

-
とても!テンポがいい!!
最初はトントン進みすぎて心配になったけど、後半になるにつれて室長のクソさも増し、主人公の大義名分も大きくなって、物語全体が厚くなったからすごい面白かった
アクションもたくさんだったけど、韓国ノワールのアクションとは違って、ハリウッドみたいな派手さがあり、見ててスカッとしました!
マドンソクオッパの登場にめちゃめちゃ湧いた