SatoEmiko

HELL'S KITCHENのSatoEmikoのレビュー・感想・評価

HELL'S KITCHEN(1998年製作の映画)
3.8
"Life is good."
見始めは予想もしなかった展開に、クレジット最後のこのメッセージが温かくしみる不思議な映画。

物語は5人の若者が銀行強盗を起こすも、誤って仲間のひとりを撃ってしまったことから始まる。この一件で5年の刑期を務めたジョニーが出所したことで残された仲間の人生が、心が大きくて動き出す。
スローペースながら、若かりしころのアンジェリーナ・ジョリーをはじめとした俳優陣の演技の素晴らしさに、じわじわと物語に惹きつけられる作品。主役から箸役までみなリアルな生き様を感じる。それぞれが、それはそれは悲惨な泥沼で生きているのだけど、みな不思議と魅力的で…彼らを救うジョニーに見ている私の心も素直にされてしまったよう。