母よ、(2015年製作の映画)

Mia madre

上映日:2016年03月12日

製作国:
  • イタリア
  • / 上映時間:107分
    監督
    ナンニ・モレッティ
    脚本
    ナンニ・モレッティ
    ヴァリア・サンテッラ
    マルゲリータ・ブイ
    原作
    ジョン・タートゥーロ
    ベアトリス・マンチーニ
    あらすじ
    映画監督のマルゲリータは恋人ヴィットリオと別れ、娘のリヴィアも進路問題を抱えている。さらに兄と共に入院中の母親・アダの世話をしながら、新作映画の撮影に取り組んでいるが、アメリカ人俳優バリー・バギンズが撮影に参加した途端、思うように撮影が進まず、大きなストレスを抱えるように。そんな中マルゲリータは病院から母親の余命宣告を受ける。

    「母よ、」に投稿された感想・レビュー

    ユタ
    ユタの感想・レビュー
    2016/10/24
    4.3

    このレビューはネタバレを含みます

    女性映画監督のマルゲリータはアメリカ人俳優を迎え社会派映画を製作中だが衝突が絶えず上手くいかない。さらに別れた夫との間に生まれた娘との問題や恋人との別れなど困難を抱えていた。そんな中、入院中の母親が余命いくばくも無いと宣告されるが…


    とても繊細で優しい映画だった。主人公のマルゲリータは一本筋が通っていて真面目な女性なのだけど、悪い意味での真面目さ、気性の荒さから周りを苦しめ、傷つけてしまっている。その事に少しづつ気づきながら、周りを認め受け入れながら成長していく話と平行しつつ、母親との関係が描かれる。

    映画の中でマルゲリータは社会派映画の監督をしていて、その中で何度も役になりきるな、「キャラクターの隣にいる役者を見たい」んだ、という事を役者に指示するのだけど、
    その「役の隣に寄り添う」と言う事は、実はマルゲリータ自身も気づかねばならない事。
    娘として、母親として、妹として、恋人として、映画監督として、
    それぞれの役割を夢中でこなそうとしていると見えなくなるものがある。
    少しその役割から距離を置き、自分を、周りを見つめる事も重要なのだ。
    (そういえば、モレッティ監督自身の投影とも言える主人公の、兄の役をモレッティ監督が演じている=彼もまた自分自身の隣に寄り添っている。)
    「時には自分を解放して軽快になれないのか?」とマルゲリータに兄が諭すシーン、あれはモレッティ監督が自分自身に問いかけているのだろう。


    また、映画撮影中の運転シーン、食堂でのシーンも面白いし、マルゲリータの心象風景とも言えるような床に水があふれるシーン、トイレに母親を起こそうとするが…と言うシーンなど心に残るシーンがたくさんあった。

    そしてあの忘れがたい最後の台詞。今年一番のラストショットかも。

    人生で困難がいくつも重なって、このずっと続いていくような暗闇はいつになったら晴れるんだろう?と感じる時期って誰でもあると思うけど、
    そんな時期を経験した人、またそのまっただ中にいる人に見て欲しい人生讃歌。
    スプリーム
    スプリームの感想・レビュー
    18時間
    2.5
    監督がナンニモレッティだから見た。いい映画だと思います。シリアスでリアル。しかし全体的に退屈でした。映画館の大きなスクリーンで見るべき映画なのかもしれません。ジョン・タトゥーロが出てる。ヨーロッパで賞取るって感じの映画。
    Nちゃん
    Nちゃんの感想・レビュー
    2017/04/10
    3.1
    恋人とも別れ、娘の進路指導も抱え、兄とともに入院中の母親の看病をしている映画監督マルゲリータ。
    撮影中の新作映画はアメリカ人俳優バリーが撮影に参加した途端、セリフを覚えてこないなどで思うように撮影が進まなくなる。ストレスが募るなか、追い討ちをかけるかのように病院から母親の余命宣告を受けてしまう。

    母親の死と向き合いことが監督としての生き方とリンクしているかのような。
    こんなにモヤモヤを抱えていたけれど、母親の死と正面から向き合うことで、少しは気持ちが晴れたような、ね。
    FukiIkeda
    FukiIkedaの感想・レビュー
    2017/04/08
    4.1
    母と娘。
    性別が女性である事を除けば、監督の自叙伝的映画になるのかな?
    教師の母に育てられた女性監督マルゲリータは社会派ドラマの映画を撮っていた。同時期に自分から恋人から去る身勝手な強さ。父親に親権がある一人娘の進路についても母として応えなければならない。
    そんな中、知らされた母の余命宣告。
    なのに現れた主演俳優は思い通りの演技ができず、完璧主義のマルゲリータを苛立たせる。
    誰でも体験しうる人生における立ち行かない事の重なりだったり、葛藤だったり、妥協だったり、闘いだったり、受容だったり。
    母の知らなかった一面を知ったり、娘の知らなかった一面を知った時の完璧主義であるが故の心のモヤモヤ感、色んな事が重なり、体験した事のない母の死という不安に直面して、仕事の疲れから、夢と現実が混濁し、どんどんと不安定になっていく様。笑いも交えながら、リアルに描いている作品だなと。
    ラストシーンの母の一言、そしてマルゲリータの表情にゾクゾクして目頭が熱くなった。
    ぽん
    ぽんの感想・レビュー
    2017/03/30
    3.8
    生と命に向き合った良い映画でした。途中で諦めそうになりながら観たけれど、本当に観て良かった。
    回想シーンでご飯3杯いける
    2017/03/19
    3.3
    イタリアの大御所、ナンニ・モレッティが手掛ける、映画監督として活躍する女性に降りかかる受難を描いた作品。

    離婚、反抗期の娘、撮影の難航、そして余命宣告を受けた母親。女性特有の情緒の揺れがとてもリアルで、観ているこっちもかなりナーバスになってくる。

    特にアメリカ人俳優バリーが撮影に参加してから巻き起こす騒動が、傍から見ればおかしいものの、なかなか厄介。スタンリー・キューブリックと仕事をした事があるという自慢話(でも出演シーンはお蔵入りになったらしい)等、業界人の嫌な部分を凝縮したような人物で、ナンニ・モレッティによる業界批判的な意味合いが込められているのではないかと思ってしまった。

    映画の撮影を題材にした映画という事で、その多重構造や、主人公の妄想等、構成がやや難解である。この辺りをどう解釈するかで作品の見え方も変わって来ると思うが、そこを紐解くポイントとなるのが、監督本人が主人公の兄として出演している点だ。男女の違いこそあれ、仕事や母親との関係で疲労困憊する主人公は監督本人を投影したものであり、彼女を優しく見守る兄は、監督が求める救済という構図である。つまり本作品は、監督本人が自らを救済するべく製作した作品と言えるのではないだろうか。
    さちこ
    さちこの感想・レビュー
    2017/02/26
    4.5

    このレビューはネタバレを含みます

    うまくいかないことが続く主人公の女性映画監督。教師であった母が、心臓病で、長くは行きられない。日常と母の死を見つめる。誰にでも起こる、日常の肉親の死をえがく。
    samanthasEiko
    samanthasEikoの感想・レビュー
    2017/02/22
    3.0
    ✨✨✨
    奥田瑛二郎
    奥田瑛二郎の感想・レビュー
    2017/02/14
    3.0
    息子の部屋を観て1発でファンになったけど今作は微妙だな。
    てか全然入ってこなかった。
    何度か心が折れそうになったが意識朦朧としながら一応最後まで観たが。
    切身
    切身の感想・レビュー
    2017/02/13
    3.5
    やってしまった…。
    またもや、劇場で観たのにタイトルうろ覚えでレンタルしてしまった。開始1秒で気づきショック。

    えぇ、要約すると、なかなか独り身の女性というのは辛いこともあるものです。って感じ。
    ライフサイクルで、様々なイベントが重なる時って、良くも悪くもすごいストレスがかかる。
    特に、悪いイベントが重なると、本当に立ってるのも辛くなる。

    そういうのは、誰しも起こりうることだけどなかなか予期できないし、運と言うしかない。

    そう言う意味で観る人によっては自分のことのように辛いかもだし、自分には関係ないと思えるかもしれない。
    >|