プリンス

スティーヴン・キング ビッグ・ドライバーのプリンスのレビュー・感想・評価

3.3
スティーブン・キングが今更これかいな!の、レイプリベンジ物です。推理小説家のマリア姐さんが、講演会の帰り道。ババアに教わった近道通ったら、木の板にクギね。パンクよ、パンク!通りかかった田舎もんに、タイヤ交換ついでにレイプ食らいーの、ドブに捨てられーの。と、エライ目に合うんですな。気絶しただけで、実は生きてた姐さん。取り敢えず帰ってシャワー浴びて。あの野郎、どうしてくれようか!と。計画を練る訳です。オトナの対応ね。まずは、順番通り。近道ババアから御礼参りね。一応、武装して行きますわ。銃は弾は入れないが鉄則の、格闘覚悟です。
しかしコレ、姐さんの車についてるカーナビが凄い!
なんかヤダなぁ〜、怖いなぁ〜〜みたいな色んなインフォメーションをくれるとゆう。ナイトライダー顔負けの、カーナビですよ。テクノロジィですな。まあ、その後の展開は想像通りです。エログロファンタジー無しの、真面目な復讐モノです。便秘の後のスッキリ感を味わいたい人向け。まあ、フツーです。