daiyuuki

スティーヴン・キング ビッグ・ドライバーのdaiyuukiのレビュー・感想・評価

3.8
人気推理作家のテス(マリア・ベロ)は、講演旅行の帰途、タイヤがパンクし人気のない田舎道で立ち往生してしまう。通りかかったトラックに助けを求めるが、それが悪夢のはじまりとなった。トラックのドライバーは、旅行者を監禁して暴行・殺害を繰り返す異常犯罪者だった。何度もレイプされ、死の淵をさ迷いながら生き延びたテス。この悪夢を消し去るには、復讐しかない。そしてテスの、孤独な戦いがはじまった…。
スティーブン・キングの小説を元にしたレイプリベンジムービー。
上手く誘導され性暴力の常習犯の餌食にされた女性ミステリー作家が、自分をレイプした鬼畜に復讐するレイプリベンジを、自分をレイプ犯に誘導した講演会の主宰ラモーナとレイプ犯の繋がりなどをミステリー作家ならではの考え方で暴いていくサスペンスミステリー、性暴力の被害者同士の連帯感、レイプ犯にリベンジするバイオレンス、レイプ犯とラモーナの繋がりが簡単に解けたり、ラモーナがテスを餌食に選んだ理由が大したことなかったり、テレビ映画ならではのスケールの小ささはあるが、テスがレイプ犯を追い詰めていく中で、テスの看板ミステリーシリーズの主人公ドリーンやプリウスのナビ・トムが助言したり、テスに情報をくれる性暴力被害者を女性パンクロックのカリスマ・ジョーン・ジェットが演じていたり、ユニークな作りのレイプリベンジムービー。