たたみ

ラブ・アゲインのたたみのレビュー・感想・評価

ラブ・アゲイン(2011年製作の映画)
4.4
大人の男性も楽しめるラブコメ。

最近読んだ藤沢和希さんの「ぼくは愛を証明しようと思う」という小説を思い出しました。モテナイ男が、モテモテ師匠にナンパのhow toである恋愛工学を伝授されるという話し。

途中までは同じなんだけど、こちらの映画は、少年の恋も絡み合い、途中からドッタンバッタン。これがまた、流れやテンポもよく、ほんとにセンスの良い映画です。

そういえば、ぼくは愛を…の話しにも、Photoshopの話テクが女性に使われていましたよ。

ジェシカ役のアナリー・ティプトンさんは、チャーミングなんだけど、Mr.インクレディブルのバイオレットにしか見えなかった(笑)
ケビン・ベーコン様もに久しぶりに拝めました。ちょい役なのが残念だけど。