Kaako

ラブ・アゲインのKaakoのレビュー・感想・評価

ラブ・アゲイン(2011年製作の映画)
3.8
物語は冴えない40男キャルが妻エミリーから離婚して欲しいと言われるところから始まる。
妻を一途に愛していたキャルにしてみれば、晴天の霹靂!そしてダメ押しの浮気の告白。
ヤケ酒を飲みながら1人で大声で愚痴るキャルを見かねたプレイボーイのジェイコブがキャルに妻を見返してやれと言って、恋愛指南を買って出る。
そこにジェイコブ、キャルの息子、ベビーシッターのジェシカの恋も絡むラブコメディ。

ありえない程あちこち繋がっていて、後半の修羅場は爆笑モノ。
全体的にテンポも良くて面白かったけど、エミリーが離婚したいと言った理由がイマイチよくわからなかった。
夫がダサいから?真面目過ぎるから? それだけかなぁ…浮気相手とも一夜限りみたいだし…

タイトルで既にネタバレしているけど、割とあっさりアゲインしちゃうのね と思った。

しかし「魂の伴侶」って言葉、簡単に言うけど白馬に乗った王子様ぐらいなかなか会えないと思うよ〜´д` ;


追記
魂という言葉を深く考えてしまったので否定的に感じたかもしれませんが、未婚の皆様の夢を壊すような意味ではありません。m(__)m