Tysuke

ラブ・アゲインのTysukeのレビュー・感想・評価

ラブ・アゲイン(2011年製作の映画)
4.5
まさか泣くとは(笑)
ラストのスピーチで、完全に持っていかれました。

豪華キャストなだけあって、本当に演技が上手い!突き刺さるものがありました。

序盤は、キャル(スティーブカレル)がジェイコブ(ライアンゴズリング)にイメチェンさせられていくストーリーですが、中盤から少しずつ色が変わっていきます。その脚本の上手さにどんどん引き込まれてしまう!

好きなシーンとしては、キャルがこっそり陰からエミリーを見ていたら、そのエミリーから電話がかかってくるシーン。この時のエミリーの嬉しそうな顔が可愛いくて、恋愛している顔になっていて素敵でした。好きな人が嬉しそうな顔して自分に電話をかけてくれるってとても幸せやなって思いました。普段のジュリアンムーアは綺麗系ですが、このシーンはめちゃめちゃ可愛いです!

ライアンゴズリングとエマストーンという最強カップル、この画を見れただけでも胸一杯やのに、脚本の完成度が高くて、言うことなしでした!

終盤でそれぞれの男女が繋がっていく辺りは、多少無理があるかと思いましたが、映画なんだし細かいこと気にしない!気の持ちよう大切(笑)