kaz

ラブ・アゲインのkazのレビュー・感想・評価

ラブ・アゲイン(2011年製作の映画)
4.0
鑑賞後、じんわりと温かい気持ちになる。

私は「耳をすませば」が大好きだが、もしかしたら、「一歩間違えればストーカー」という設定に弱いのかも知れない。

もしかしたら私は変態なのかも知れない。まぁ、観ていて楽しいし変態でもいっか。

世間はサザエさんのように狭いが、それを感じさせない展開が非常に面白い。

ラストのビンタなんて、最高でしょう。

登場人物がそれぞれ印象的でチャーミングなのも良い。

後半の男同士の摑み合いも笑える。

星は4.2くらいか。

あと、ケビン・ベーコンは悪役の印象が強いのか、初めから嫌な奴にしか見えない。実際、そんな嫌な奴でもないのに。印象は怖い。