ワンダーランド駅での作品情報・感想・評価

「ワンダーランド駅で」に投稿された感想・評価

ちくわ

ちくわの感想・評価

4.5
恋愛を神格化したり、これは運命だ!みたいな映画がどうも苦手なので、この映画くらいが丁度いいわ〜心地よいわ〜ってなる。
恋愛なんてものは所詮タイミングで椅子取りゲームみたいなものだし、そのときの気分次第で相手が違ったりなんてこともあるんだから、重く考えず、ボサノバ流しながら昼寝するくらいの心持ちでいるくらいが丁度いいのかもしれない。最後にやっと出逢えた2人だって、それっきり会わない可能性だってある。
それでも、しばらく忘れかけていた、これからもしかしたら恋仲になるんじゃないかなみたいなドキドキを思い出させてくれたり、運命めいたものも全否定はできないよなと、気楽に鑑賞しつつ考えることも多い映画で大満足でした。
ボサノバが最高
お口直し的な感じで
なんも構えずに見たラブストーリーがとても好きな映画になることってありますよね
元彼から始まり広告に電話してくるのは変なやつばっか。
美人でも男運ない人はないんだなー。

彼女の退屈な生活も、
彼の魚まみれの生活も
どこかシンパシーを感じる部分があった。

人生も恋愛も運命などは存在せず、また努力したら報われる訳でもない。

そう考えれば毎日リラックスして過ごせそう。
自分らしく、ありのままに。
こば

こばの感想・評価

5.0
原題:Next Stop Wonderland
何故かわからないけど、個人的にベスト映画の一つ。
雰囲気が大好きです。ボサノヴァに浸かる感じ。
本を開いたら…とか、格言のくだりとかも、全部好き。
(夜中にまったりテレビで見るタイプの映画ですね)
この映画で活力を得ていた日々がありました…
しお

しおの感想・評価

4.0
素敵なすれ違いの連続。音楽も心地よい。
安いTVドラマ品質。昔流行った流行のイージーリスニングのBGMも安っぽさの向上に結びつけてる。知性はあるが寂しい主人公が母や周囲のおせっかいで男たちとデートして値踏みする(それも全くいい男がいない)。始終大量のおしゃべりで状況を説明する。おしゃべり好きな女性はこういうの面白いんでしょうか。

このレビューはネタバレを含みます

久しぶりに観てみました。

一言で片づけるなら
「逢〜うのか 逢〜わへんのか
どっちやね〜〜ん♬」みたいな(笑)

過去にも数回観てるんだけど
人の記憶なんて曖昧なものですね。
おぼえてないシーンで
新たな発見があったりして。

絶世の美女とは言いがたい
ホープ・デイヴィス(エリン)
だけどすごく魅力的。
(役柄も相まって)
やや儚げに見えて芯がある。
ブロンドの髪を耳にかけたり
アップにしたときのおくれ毛が
とても綺麗。
そしてほんのちょっぴりエロい。
いい意味で(笑)

やたらとイタリアン顔の
アラン・ゲルファント(アラン)
劇中の男たちのほとんどが
ゲス野郎か中2病みたいな奴ばかりだから
余計に魅力的。
(役柄も相まって)
微笑んだときの優しいまなざし。
誠実な感じが この男なら間違いなしって
思わせてくれる(笑)

エリンとアラン。
2人に共通してるのは
笑顔のときでも なにかしら
憂いを帯びたような
悲しい表情をのぞかせるとこ。
でもそれがまたスクリーンで
素敵に映るのですよ✨

印象的なのは本屋での
ちょっとしたシーン。
エリンが落とした本を拾いあげて
閉じようとすると
店主が「閉じちゃダメだ。何も読まずに
本を閉じるな。どんな言葉ひとつでも
読めば心に響く」と告げる。
て言うか!!
その言葉そのものが心に
響いちゃったんですけど〜☺️
この言葉ってすべての物事に通じる
魔法のサプリメントみたい✨(笑)

ラストのワンダーランド駅で降りて
2人で海岸を眺めるシーン。
エリンとアランの表情が
今までになく輝いてる。
"やっと出逢えた!"という感情が
無意識の中で広がっているのでしょう。

そして 2人の心の動きに寄り添うように
全編に たゆたうボサノヴァの名曲たち✨

たった今から
大人の恋という列車🚃が
走り出す予感💕
もちろん❗️
ワンダーランドという名前の駅から。
sae

saeの感想・評価

3.9
"毎日ひとつ美しいものを見れば、心が豊かになる"
苦しい満員電車を降りて2人で海を見にいくシーンが好き
内容は退屈だったけど曲がヴォサノバとジャズの名曲揃いで音楽ディレクターのセンスが良い
>|