グッドモーニングショーの作品情報・感想・評価

グッドモーニングショー2016年製作の映画)

上映日:2016年10月08日

製作国:

3.1

あらすじ

災難その1「女子アナから交際関係をバラすと迫られる!」 災難その2「プロデューサーから番組の打ち切りが告げられる!!」 災難その3「立てこもり事件に巻き込まれ、直接交渉するハメに!!?」 澄田真吾は、朝のワイドショー「グッドモーニングショー」のメインキャスター。かつて報道番組のエースキャスターだったが、ある災害現場からのリポートが世間から非難を浴びて番組を降板。以来、現場からのリポート…

災難その1「女子アナから交際関係をバラすと迫られる!」 災難その2「プロデューサーから番組の打ち切りが告げられる!!」 災難その3「立てこもり事件に巻き込まれ、直接交渉するハメに!!?」 澄田真吾は、朝のワイドショー「グッドモーニングショー」のメインキャスター。かつて報道番組のエースキャスターだったが、ある災害現場からのリポートが世間から非難を浴びて番組を降板。以来、現場からのリポートが怖くてできなくなり、同期入社のプロデューサー石山聡に拾われて今に至っている。 ある日、いつものように深夜3時に起床した澄田は息子と妻の言い争いに巻き込まれる。面倒くさいことから逃げるようにテレビ局に向かう車内で今度は、サブキャスターの小川圭子から連絡があり、二人の交際を今日の生放送で発表しようと迫られる。彼女は澄田の日頃の優しい振る舞いを“私だけ”と勘違いしているのだ。さらに石山Pからは番組の打ち切りが告げられ、踏んだり蹴ったりの事態に困惑していた。 そんな時、都内のカフェに爆弾と銃を持った男が人質を取って立てこもっているという速報が飛び込む。芸能ゴシップや政治家の汚職事件、行列スイーツ特集を押しのけ、立てこもり事件をトップのネタとして番組はスタートするが、その直後、警察からとんでもない知らせが入る。なんと、犯人の要求は「澄田を呼べ」というものだった!過去のトラウマもあり現場に出ることを拒否する澄田だったが、石山Pからの命令、番組視聴率のため、というよりも圭子の暴露を防ぐために思わずデマカセで現場に向かうことをカメラに向かって宣言してしまう!澄田は防爆スーツにカメラとマイクを仕込ませて、銃と爆弾を持った犯人の様子を生リポートすることに。しかも、タイムリミットは番組終了時刻。それまでに犯人を捕まえなければ爆弾のタイマーが作動してしまう・・・。

「グッドモーニングショー」に投稿された感想・評価

deenity

deenityの感想・評価

3.0
ワイドショーを題材にしたドタバタコメディで、家で何も考えずに見るにはぴったりの作品です。
だいぶ訳わかんない展開です。犯人の要求はアナウンサー。もう振り切って見てくれ、という意思表示として受け取りました(笑)
そのアナウンサーもなんかいろいろ悩みを抱えてて、家庭でもいろいろあって、職場でも降板とか色恋沙汰とかあって、そういう問題が一気に絡み合い、そして解れていくという上手くハマれば面白くなる作品ですね。
コメディということで三谷幸喜の作品なんかをイメージをしましたが、はっきり言えば、何か違う。これじゃない感があるんだよなー。

序盤の局の裏側のドタバタは正直面白くて期待したんだけど、犯人登場アナウンサー出動辺りから徐々に失速。
とりあえず一つの事件を体を張って全力で視聴者にお伝えするっていうのはいいんだけど、犯人の情報をブログで調べてお伝えするってのはさすがにまずいんじゃないか?って思った。コンプライアンス的に。
しかも投票結果を捻じ曲げといて何もなしって。今我々は裏側を見てるんだから謝罪らしい部分を多少見せた方が良かったんじゃないかな。

まあ意外と伏線、というか題材を上手く使っていて最後の投票とかは正直笑えたし、長澤まさみとか良かったんだけど今一歩抜け出てない感は否めないかと。
小森

小森の感想・評価

-
ワイドショーに出てる奴らは全員偉そうでムカつくという常識にどう答えるのか期待してたけど途中で華麗にスルーされて残念。人の生き死にで視聴者投票をする狂気の展開からお涙頂戴に持っていく気持ち悪さが逆にワイドショーらしくて良かった。
リョウ

リョウの感想・評価

2.7
凄く”踊る”っぽい。
ただ視聴者に向けてというより、テレビ局に向けて作ってる感じがして全然感動しなかった。
犯人役は意外で面白かった。
TOMOMI

TOMOMIの感想・評価

3.2
鑑賞記録
可もなく不可もなくと言った感じでした。

ドタバタコメディーかと思いきや、社会問題にも切り込んでいて、考えさせるような所もあった。
ドタバタコメディ。
もっと笑えるかと思ってたけど、そんなに笑うシーンなかったかな。
クスッとは笑うシーン少しはあったけど。
生放送の現場の大変さが描かれてる。
テンポがちょっと悪くて、少し長く感じました。
気軽に観られて、緊迫の場面でもクスッとさせてくれた。映画っていえるほどなにか残るものではない。さすが中井貴一。その他のキャストもとてもいいので、安っぽくならずに済んでいる。
視聴者の声を大切にしているようで、テレビの思惑次第では視聴者の声も操作してるよ、ってい皮肉か?
ぴぽぱ

ぴぽぱの感想・評価

3.5
もっとコメディなのかと思ったら意外と違って、しんみりさそうとしてきた。
みね

みねの感想・評価

3.1
もっと笑える要素があるかと思っていました…
中井貴一は上手だし、濱田岳もいい。
>|