ダウンサイズの作品情報・感想・評価

ダウンサイズ2017年製作の映画)

Downsizing

上映日:2018年03月02日

製作国:

上映時間:135分

3.1

あらすじ

人口が増え続け、住みづらくなってしまった地球。物語はノルウェーの科学者によって、なんと人間の体のサイズを13cmに縮小する方法が発見されるところから始まる。今や地球規模の社会問題として人類を悩ます人口過多問題が一気に解決する「全人類縮小200年計画」が持ち上がるのだった。ネブラスカ州オマハでストレスフルな生活を送るどこにでもいる平凡な男ポール・サフラネック(マット・デイモン)と妻オードリー(クリ…

人口が増え続け、住みづらくなってしまった地球。物語はノルウェーの科学者によって、なんと人間の体のサイズを13cmに縮小する方法が発見されるところから始まる。今や地球規模の社会問題として人類を悩ます人口過多問題が一気に解決する「全人類縮小200年計画」が持ち上がるのだった。ネブラスカ州オマハでストレスフルな生活を送るどこにでもいる平凡な男ポール・サフラネック(マット・デイモン)と妻オードリー(クリステン・ウィグ)。彼らは少しの蓄えでも裕福になれ、幸せな生活が約束される縮小された世界に希望を抱き、13cmの身体で生きていくことを決意するのだったが-。

「ダウンサイズ」に投稿された感想・評価

あむ

あむの感想・評価

2.6

このレビューはネタバレを含みます

日本語広告の煽りから「小さくなってみたもののどうする!?」というコメディ映画を連想させてしまうため思っていたよりは...という感想が多いように思う

「小さくなって実は不自由な事が判明した!」とか「誰かの陰謀で人類を小さくさせていた!」とかそういうオチを期待してたけど、「そうまでして人類が生き残るべきか、目の前を良く見て今を生きろ」が題材だったのかしら...

結局どのSF映画にも登場する科学を駆使して人類が生き残ることはなんとなく懸念されているような気がする

所々笑えたし、科学の進歩が突き進んでいる中で身近にも感じたし、レビュー読んでから見に行ったから期待はしてないけどそんなに悪くなかった...
でも全てにおいて2時間もやっててハッキリさせない所が多く腑に落ちないって感じ


人類滅亡が近づいてバーン!みたいな終わりにしてなかったのは良かった笑
普通に面白かった
she

sheの感想・評価

1.6
話は面白い視点なんだけど
なんか論点ずれてくから?って感じ
予想以上に面白かった。良い映画だった。単純なコメディかと思ったら割とハードな展開で見応えがあった。いろいろと風刺的な要素も面白い。
あと、全編に漂う古典的なSF作品のような懐かしい雰囲気もよかった。
ユウキ

ユウキの感想・評価

2.0
設定はよかったけど
どういう話にしたいかがあやふや
ただ小さい人間が可愛かったので2
りょう

りょうの感想・評価

3.0
小ちゃくなったら食費も光熱費も俄然少なくなってハッピーライフ!を期待してたらバッサリ裏切られた
家に来たトラックが最高
近未来。ノルウェーの科学者によって、身体を13cmに縮める技術が開発され、地球規模に広がってきた人口問題を解決するべく人類縮小計画が持ち上がる。アメリカ、ネブラスカ州に住むサフラネック夫妻は、長年マイホームを持つことが夢だったが、堅実に生活をしていただけではなかなか貯金もたまらなかった。そんな彼らにとって、小型化になるだけで裕福に暮らせることに惹かれ、その決意するのだが。。「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」のアレクサンダー・ペイン監督による異色SFドラマ。

冒頭から、間の抜かしたような、それでいて大真面目に小型化の発見を力説してくる感じ、、嫌いじゃないです(笑)。異色SFの名にふさわしい本作は、世の中のスケールを小さくするだけで、単純にすべてのモノが小型サイズに済んで、エネルギーも今の人類サイズに比べれば相対的に小さくなる。それでこそ、中産や下級階級の人たちもリッチに過ごすことができる、、、というところに潜む悪魔の誘いにシニカルなドラマを潜ませる痛快作になっています。それでいて、例えば昨今のSNS社会の闇を描いた「ザ・サークル」のようなブラックファンタジーな感じの世界には引き込まない。どちらかというと、同じマット・デイモン主演の「エリジウム」に世界観は近いかなと思います。ただ、裕福な層が宇宙に住み、下層階級が地球に残った「エリジウム」と違い、こちらはお金に余裕がない中産階級以下が小型化という新世界に移住していくというのがちょっと視点が違っているのかなと感じます。

そもそも世界観とか、価値観は社会の中ではマジョリティ(多数派)の中で形成されます。宇宙人が襲来してくる映画はたくさんありますが、なぜ、私たちと同じサイズだと規定をそもそもするんでしょう。もしかしたら、蚊くらいのミクロなサイズの宇宙人がもっと地球にたくさん襲来しているのかもしれない。それを私たちは新種の生物として怖がっているだけなのかもしれない。ミクロなサイズで単純にすべてがダウンサイズされて、コストも小さく抑えられるというところだけしか目が行かないけれど、逆にミクロになったことでマクロな世界から働き手がいなくなり、その彼ら彼女らが担っていた仕事も、マクロな人間が請け負わないといけなくなるということも生じてきたりする(まぁ、人口過密という問題の上では、些細な問題かもしれないですが。笑)。それに単純な身体差をもって、今以上にマクロな人間が世界を支配しよう(階級差をつけよう)と行動したりもする。すべては紙の上で計算できるような理想的な形に社会は進まない。ネット社会もそうですが、社会は計算し、制御しようと思えば思うほど、コントロールできない方向に進むものなのです。

こういったアンビバレンスな視座や世界観で、物語が巧みに動いていく様は見事ですが、SFファンならいざしも、エンタメ作品と考えると少しテーマが高尚過ぎるような気もします。また、同時期にマット・デイモン主演作で同じような色の作品(「サバービコン」)が公開されたこともあり、一般受けが少ししにくいようにも感じます。
boohjpn

boohjpnの感想・評価

3.1
やはしマット・デイモンいいよね。

設定おもしろ!と思って観たけど、なんか別の話になってて、あれってなった
Eno

Enoの感想・評価

2.0
ダウンサイズという発想と、それに基づいた世界観は面白い。
が、それがプロットに活かされていないのが勿体ない。
maki

makiの感想・評価

3.1
期待してたよりは面白くなかったなあー…
結局、なんだったんだ?と思っていろいろレビューを見てみる💧
SFとか社会風刺なのか…
ただ、ダウンサイズしても結局は貧富の差ができてしまうんだな…と。人間社会について考えることにはなったかな。
>|