ダウンサイズの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ダウンサイズ2017年製作の映画)

Downsizing

上映日:2018年03月02日

製作国:

上映時間:135分

3.1

あらすじ

人口が増え続け、住みづらくなってしまった地球。物語はノルウェーの科学者によって、なんと人間の体のサイズを13cmに縮小する方法が発見されるところから始まる。今や地球規模の社会問題として人類を悩ます人口過多問題が一気に解決する「全人類縮小200年計画」が持ち上がるのだった。ネブラスカ州オマハでストレスフルな生活を送るどこにでもいる平凡な男ポール・サフラネック(マット・デイモン)と妻オードリー(クリ…

人口が増え続け、住みづらくなってしまった地球。物語はノルウェーの科学者によって、なんと人間の体のサイズを13cmに縮小する方法が発見されるところから始まる。今や地球規模の社会問題として人類を悩ます人口過多問題が一気に解決する「全人類縮小200年計画」が持ち上がるのだった。ネブラスカ州オマハでストレスフルな生活を送るどこにでもいる平凡な男ポール・サフラネック(マット・デイモン)と妻オードリー(クリステン・ウィグ)。彼らは少しの蓄えでも裕福になれ、幸せな生活が約束される縮小された世界に希望を抱き、13cmの身体で生きていくことを決意するのだったが-。

「ダウンサイズ」に投稿された感想・評価

もっとコメディ映画かと思ってたので色々と考えさせられる映画でした。結局ダウンサイズになった世界でも色々な問題は同じ。
takki

takkiの感想・評価

2.4
ダウンサイズした後ならではのストーリーがあまり描かれてなくてがっかりした。
ErnieHoyt

ErnieHoytの感想・評価

2.0
ちょっと変わったいだな。観たのは2017年リリース、マット・デイモン主演の「ダウンサイズ」。人口増加の問題について、ある科学者が人間と地球を助けられる方法に成功した。それは、人間を1/14に近くする技術だった。ネブラスカ州オマハに平凡に住む夫婦がいて、生活が厳しくして、”ダウンサイズ”のオペを受ける決心をする。元の大きさになる方法はないので、幸せになるはずだったが。。。ま、考えさせるような映画なんですが、なんかもの足りない。始まるは凄いよかったけど、展開と結末はイマイチだったな。悪くはないけど、コメディではないな。
蕎麦

蕎麦の感想・評価

1.8
物語の設定としてはとても良いのだが、ダウンサイズしたならではのストーリーというものが弱かった気がする。
小さくなったならではのユーモアとかそういうものを期待してたので、期待はずれという事で低評価です。
まゆか

まゆかの感想・評価

3.2
思ったよりファンタジーじゃ無かった

環境について考えさせられる映画だったね
えりか

えりかの感想・評価

3.0
コメディと見せかけて格差社会や環境問題に踏み込み映画だった。
コメディ要素はそれはそれで面白いし、ホンチャウ出てきてからもそれはそれでよかったけど、思ってたのと違うw
MarkAKG

MarkAKGの感想・評価

3.8
ミクロアドベンチャー
みたいな映画じゃないです。

人間ドラマであり環境問題や食料難、貧困などを取り上げた映画です。

ただ足らない。

含みのあるラストはあと15分かけて説明じみていいからやってくれ!
ShoIshii

ShoIshiiの感想・評価

2.5
映画館で見なくてよかったっていうのが正直な意見。
何も考えなくていいコメディーと思っていたら社会問題について考えさせられる作品。
haluca

halucaの感想・評価

3.0
コメディと見せかけてコメディではないと身構えて鑑賞。

前半のダウンサイズする過程とか、クラッカーのシーンとか、奥さんの眉毛が半分ないところまでは面白かったけど、確かにそれ以降は全然コメディじゃなかった。もっとクリステン・ウィグが見たかった!
そして普通サイズの世界との対比も無くなって、全然ダウンサイズ感がなかった(;´Д`)

でも個人的には飽きずに最後まで見れた。
コメディではないとは言え、ポールとノク・ランの掛け合いが面白かった。特に8つのf*ckについてw機内鑑賞で日本語字幕がなかったから、DVDが出たらあの早口のシーンをどう字幕に訳したのか勉強したいw
そしてノク・ラン以外の人は恐らくリッチな生活を求めてダウンサイズしたはずなのに、やっぱりここにも貧富の差があるのか・・と考えさせられた。(なんでそうなってしまったのかは謎だけど)

終盤、ノルウェーに行ったシーンでよく分からなくなったけど、どこにいようと、どんなサイズだろうと、何か大それたことをしなくても等身大の自分でいればいい、ということなのか?
ダウンサイズ
人間を1/14にする技術が発見され、マット・デイモン扮するポールが夫婦でダウンサイズされた世界に希望を抱くところから展開します。普通サイズの人とどう絡んでいくのかとか、小さくなってこんないい事があるとか、小さくなったはいいがこんな落とし穴があったとか、もっと掘り下げていく展開かと思っていました。内容が悪いという訳ではないんですが途中から普通過ぎて、小さくなっているのを忘れてしまうほどでしたね〜。いきなり奥さんが"やっぱやーめた"には流石に笑ってしまいました。期待して入口に入ったら、全然違う出口に出てしまった感じでとてもとても残念。マット・デイモンのスキンヘットはめちゃくちゃ怖かったですけど😅😅。