ソーセージ・パーティーの作品情報・感想・評価

ソーセージ・パーティー2016年製作の映画)

Sausage Party

上映日:2016年11月04日

製作国:

上映時間:89分

ジャンル:

3.2

あらすじ

"ショップウェル”は郊外にあるスーパーマーケット。食材たちは選ばれ、買われることを夢見て毎日陳列されてい る。きっと外の世界は「楽園」に違いないと。ソーセージのフランクは、パンである恋人のブレンダと結ばれ(合体し)ホットドッ グになる運命♡だと信じている。そしてついに夢が叶う日が!二人揃ってお客様がカートにイン!しかしテンションMAXではしゃ ぐ二人を乗せたカ…

"ショップウェル”は郊外にあるスーパーマーケット。食材たちは選ばれ、買われることを夢見て毎日陳列されてい る。きっと外の世界は「楽園」に違いないと。ソーセージのフランクは、パンである恋人のブレンダと結ばれ(合体し)ホットドッ グになる運命♡だと信じている。そしてついに夢が叶う日が!二人揃ってお客様がカートにイン!しかしテンションMAXではしゃ ぐ二人を乗せたカートにアクシデントが発生し、スーパーマーケットに取り残されてしまう。夢に破れ絶望するフランクとブレンダ だが、実は命拾いしたことに気付く・・・なぜなら彼らは“食材”だからだ。「食われてタマるか!」運命に逆う彼らの闘いがはじま る!

「ソーセージ・パーティー」に投稿された感想・評価

途中何回か「わたしはなにを観てるんだ」ってなる
ノリ

ノリの感想・評価

3.0
オゲレツ。
食べ物大事にしよう。
ご飯食べながら観るのはいろんな意味で絶対にオススメしない。
のらち

のらちの感想・評価

3.3



ゲラゲラ笑える感じ。
だけど意外とメッセージ性
強かったりする。
人種差別とか。


最後の怒涛の下ネタが
ひどすぎ。(笑)


終わり方は予想出来ないし
びっくりだし
「?」で終わった感じでした。


__
miku

mikuの感想・評価

2.9
あんまり
いたる

いたるの感想・評価

4.5
CGアニメ界の動物農場的作品、
というのは冗談にしても控え目に言って感動
下ネタも高校生の下ネタと同質のレベルなので気にならず
が、流石に最後らへんは閉口
yuta

yutaの感想・評価

3.5
あらすじ
スーパーマーケットに陳列された食材たちが人間たちに反逆する様を描いた、R指定の大人向けコメディアニメ。「スモーキング・ハイ」「ネイバーズ」のセス・ローゲンが製作や脚本、声の出演を手がけた。郊外のスーパーマーケットで、お客に選ばれ、買われることを夢見て毎日陳列されている食材たち。ソーセージのフランクは、恋人であるパンのブレンダと結ばれ、ホットドッグになる運命が待っていると信じていた。2人揃ってカートに入れられ、ついに夢が叶う時が来たと喜ぶ2人だったが、カートにアクシデントが発生し、スーパーマーケットに取り残されてしまう。絶望する2人だったが、食材としていずれ人間たちに食べられてしまう運命にあったことを知り、アクシデントのおかげで命拾いしていたことに気付いたフランクとブレンダ。やがて食材たちは、人間への反撃を始める。監督は「マダガスカル3」のコンラッド・バーノン、「劇場版きかんしゃトーマス」シリーズのグレッグ・ティアナン。ローゲンのほか、クリステン・ウィグ、ジョナ・ヒル、エドワード・ノートンらが声の出演を担当。

とてつもなく下品で卑猥な内容ですが、個人的にはそれが面白かったです。ただ、嫌な人は徹底的に嫌いだと思います。
真面目にバカやっていて、何気にちゃんとしたメッセージ性を入れてくるところには笑わせられました。
アメリカ社会の縮図のような光景も秀逸でした。
キャラも個性的でユダヤ系のベーグルや中東系のラバシュがいがみ合っていたり、インディアン系の火酒は先住民のような出で立ちだったり、メキシコ系のタコスはレズビアンだったり。多種多様でした。
個人的にはスティーヴンホーキングのような天才ガム博士が好きです。
プライベートライアンのパロディも笑えました。
まな

まなの感想・評価

3.6
一言でいうと超クレイジー。

清々しいほどの下ネタワールドで笑える。下ネタ平気な方に強くオススメしたい。
ブッ飛んでて追いつけなかったけど
まあ笑
おもしろかった笑
>|