デスノート Light up the NEW worldの作品情報・感想・評価

デスノート Light up the NEW world2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

2.9

あらすじ

~デスノートのルール~ デスノートに名前を書かれた人間は死ぬ。その人物の顔が頭に入っていないと効果は得られない。名前の後に40秒以内に死因を書くと、その通りになる。死因を書かなければ全てが心臓麻痺となる。 人間界で同時に存在していいノートは6冊まで。デスノートを駆使して世の中に野放しになっていた凶悪犯を次々と死に追いやったキラこと夜神月と、命をかけてキラを食い止めたLとの天才同士の対決から1…

~デスノートのルール~ デスノートに名前を書かれた人間は死ぬ。その人物の顔が頭に入っていないと効果は得られない。名前の後に40秒以内に死因を書くと、その通りになる。死因を書かなければ全てが心臓麻痺となる。 人間界で同時に存在していいノートは6冊まで。デスノートを駆使して世の中に野放しになっていた凶悪犯を次々と死に追いやったキラこと夜神月と、命をかけてキラを食い止めたLとの天才同士の対決から10年。再び、死神が地上にデスノートをばらまき、世界中が大混乱に陥っていた。 夜神総一郎が立ち上げた<デスノート対策本部>は存続していた。すでに亡くなった夜神総一郎の跡を継ぐべく、キラ事件に精通した三島を筆頭に、唯一10年前のキラ事件を経験した松田他5人の対策特別チームの捜査官たちを中心に警視庁内に本部を構えていたのだ。ロシア、ウォール街そして渋谷でのデスノートによる大量殺人が行われる中、世界的私立探偵にして、“Lの正統な後継者” 竜崎が加わり事件解明に当たり、地上には6冊のデスノートが存在する事が判明する。その矢先にキラウィルスと呼ばれるコンピューターウィルスが世界中に拡散された。そのメッセージとは「他の所有者に次ぐ。速やかに私に差し出せ」とデスノートの提出を呼びかけていた・・・。6冊のデスノートを全て手にした者が地上を制する。キラ復活を望む者、それを阻止する者たちとの究極の争奪戦の幕が切って落とされた!

「デスノート Light up the NEW world」に投稿された感想・評価

可もなく不可もなくデスノート映画シリーズが好きな人は楽しめる作品。
全然アリ!
むしろ好き!


友人が酷評していたのでハードルガン下げで観ました。(そのお陰かも)
思ってたよりもかなり楽しみました。


1番はやっぱオープニングから最初の30分ですかね。
正直洋画風の英語クレジットとか ちょっと寒いんですけど、でも交差点での大惨事とか、迫力とスピード感がハンパなくて最高でした!


その後も今思い返せば「そんなことかい!!」とツッコミたくなるような仕掛けでも基本的にワクワクは持続してたし、なにより僕の大好きな役者さんたちが、ちょっとどうかと思うオーバーアクトでありながら、どこか繊細な面ももった役柄をこなしていて、それがとても好きでした。


頭脳戦は皆無ですが、佐藤信介監督らしい銃撃戦の迫力を最後の最後まで溜めて溜めて ドーン!と一気に見せてくれたのがたまらんです。

本作のテーマというか、方向性として、あまりキラによるデスノートの体力殺戮ではなく、その神格化されたキラに未だに翻弄され続け、ノートに魅せられた人たちの哀れな姿がメインな気もしたので、これはこれで作品の方向性は合ってるんじゃないのかなというのが僕の解釈。


本作に登場する三体の死神
リュークは毎度おなじみですが、なによりアーマですよ!!
アーマ最高でしたよ!!
声が沢城みゆきさんってこともあって、まぁ色気あるし、もう大好きですよ!

取ってつけたような展開でもやっぱアーマと竜崎のあの展開は感動しちゃうな〜。

ベポが松坂桃李さんってのは気づかなかった。



ラストの展開と、幕引きもグッときました。



ただエンドクレジットの後のあれは もうただのギャグですわ。
kazya1129

kazya1129の感想・評価

3.0
20180617観賞。
デスノートの新作。六冊のノート、Lの後継者、デスノート捜査官、キラ信者の三人を主点に話が動きデスノート争奪戦を繰り広げる。
リュークや松田、ミサミサとか前作のキャラクターも登場してそこら辺も楽しめる。
想像していたのよりは良かった。ハードル下げまくってたからかな。
デスノートの売りの頭脳戦という意味では薄い感じでしたが、それをわかった上でみれば若手俳優が色々みられてエンターテイメントとしては良いかな。
主役の一人三島が分かりにくいキャラでよっぽど竜崎の方が親しみやすかった。
期待していなかったけど、話題性だけで見た感じ
続編を作った意味がわからん
ぽっぽ

ぽっぽの感想・評価

2.5
うーむ。デスノートであってデスノートでない感。池松さんの違和感よ。。。何でもかんでも続編的なもの作るべきではないよね。前作の「デスノート」がなければかなり微妙な気がする。
oyasu

oyasuの感想・評価

3.0
池松君の熱演も何か浮いてるような... 菅田君の役ももうちょっと何とかならなかったのか... やっぱり、藤原君・松山君のデスノートで終わらしてほしかったかな。
昔のシーンの映像も出てきたので、懐かしかった!
全然頭脳戦な感じがなく、よく分からなかったー。
>|