デスノート Light up the NEW worldの作品情報・感想・評価

デスノート Light up the NEW world2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

2.9

あらすじ

~デスノートのルール~ デスノートに名前を書かれた人間は死ぬ。その人物の顔が頭に入っていないと効果は得られない。名前の後に40秒以内に死因を書くと、その通りになる。死因を書かなければ全てが心臓麻痺となる。 人間界で同時に存在していいノートは6冊まで。デスノートを駆使して世の中に野放しになっていた凶悪犯を次々と死に追いやったキラこと夜神月と、命をかけてキラを食い止めたLとの天才同士の対決から1…

~デスノートのルール~ デスノートに名前を書かれた人間は死ぬ。その人物の顔が頭に入っていないと効果は得られない。名前の後に40秒以内に死因を書くと、その通りになる。死因を書かなければ全てが心臓麻痺となる。 人間界で同時に存在していいノートは6冊まで。デスノートを駆使して世の中に野放しになっていた凶悪犯を次々と死に追いやったキラこと夜神月と、命をかけてキラを食い止めたLとの天才同士の対決から10年。再び、死神が地上にデスノートをばらまき、世界中が大混乱に陥っていた。 夜神総一郎が立ち上げた<デスノート対策本部>は存続していた。すでに亡くなった夜神総一郎の跡を継ぐべく、キラ事件に精通した三島を筆頭に、唯一10年前のキラ事件を経験した松田他5人の対策特別チームの捜査官たちを中心に警視庁内に本部を構えていたのだ。ロシア、ウォール街そして渋谷でのデスノートによる大量殺人が行われる中、世界的私立探偵にして、“Lの正統な後継者” 竜崎が加わり事件解明に当たり、地上には6冊のデスノートが存在する事が判明する。その矢先にキラウィルスと呼ばれるコンピューターウィルスが世界中に拡散された。そのメッセージとは「他の所有者に次ぐ。速やかに私に差し出せ」とデスノートの提出を呼びかけていた・・・。6冊のデスノートを全て手にした者が地上を制する。キラ復活を望む者、それを阻止する者たちとの究極の争奪戦の幕が切って落とされた!

「デスノート Light up the NEW world」に投稿された感想・評価

kissed3

kissed3の感想・評価

3.0
漫画にはないオリジナルストーリーだけに好き嫌いは分かれそうだけど、私は普通に楽しめた。
ストーリー展開はデスノートのルールを観客が知っていることを前提にしており、原作を知らない人が観たらわかりづらいかも。
そして東出さんがすごくいいと思った。
長身と小顔のせいでまわりから浮いてしまいがちで、学園ドラマとかあんまり合わないなあと思って見ていたが刑事役はものすごく合ってた。
事件を追う熱が伝わってきたし、あの体躯で走ったり躍動する姿に見とれる。
池松さんも熱演だったけど、共感しにくいキャラだったかもしれない。
最後まで彼の気持ちはわからなかった。
いつだかの金曜ロードショー
シンゴ

シンゴの感想・評価

3.5
池松くんかっこよ
かのん

かのんの感想・評価

2.8
まあまあ
予想を越えない作品だった
わずや

わずやの感想・評価

1.8
ふーん…設定いいのにね
mia

miaの感想・評価

2.0
残念!
前作のデスノートも私的にはイマイチだったが、前作が良かったと基準が変わってしまうほどイマイチ。
ストーリー、登場人物のキャラともに今ひとつ。
期待していた死神の描写もそれほどもなく。
ミサは登場する必要があったのか?
全てが蛇足。
この作品こそが蛇足。
期待していなかったので、思ったよりは楽しめました。池松くん、いい役者さんだなぁ。
>|