デスノート Light up the NEW worldの作品情報・感想・評価

「デスノート Light up the NEW world」に投稿された感想・評価

菅田将暉の美しさを観る為の映画
ちゃこ

ちゃこの感想・評価

2.0
原作と戸田恵梨香で2点。映画自体は蛇足もいいところ。

そもそもノート6冊出回ってる意味が全くない。ノートの奪い合いをじっくり描いて3部作とかでやるべき。というよりそうならざるを得ない。それなのに1作品で6冊も出すもんだから、原作の特徴とも言える頭脳戦は稚拙になるし、あっという間にノートが揃う。6冊しか存在しえないというルールを使おうという発想は評価できるが、内容がしょうもないのでルールが生きてこない。

最後のキラの後継者の正体は多少は評価できるが、原作のアイディアを見せ方変えただけ。この映画作った人は原作が好きなんだなってレベルで、全く作品としては面白くない。
JACKMAN

JACKMANの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

三島がキラってのもなぁ…竜崎が実はキラだったのがどんでん返し的だと思うけど…
teriyakhi

teriyakhiの感想・評価

2.3
期待全然してなかったけど面白かった
minami

minamiの感想・評価

-
全体的に思ったのですが
特に主役である三島と竜崎のキャスティングがこれまでの作風とは合ってないように感じました。
お陰で全く話が入ってこなくって…
ストーリーも原作の方が描いてるのか分からなかったですがこれまでの計算されたストーリーと違い
脚本のせいなのでしょうか?設定がガバガバ(;・ω・)
前作のキラとLのDEATH NOTEの真似して作ったみたいな作品でした。。
終りもすっきりせず…残念な感じです
>|