ブルーに生まれついての作品情報・感想・評価

ブルーに生まれついて2015年製作の映画)

Born to Be Blue

上映日:2016年11月26日

製作国:

上映時間:97分

3.9

あらすじ

名ジャズ・トランペット奏者として一世を風靡した、チェット・ベイカーの苦闘の時代を描くドラマ。ドラッグに依存し、暴行されて歯を失い、どん底に落ちたチェットが再生を目指す姿を、イーサン・ホークが見事に再現する。シャープな映像とクールな音楽が抜群の官能をもたらす1本。

「ブルーに生まれついて」に投稿された感想・評価

ワーゲンバスで暮らすのいいなぁ
音楽(薬)を取ったチェットベイカー
かつて栄光を知った者の苦しみ
心の弱さ
ビール片手にジャズ聴いて、秋だなぁなんて思ってたらラストでやられた。哀しい
チェットベイカー
秋の夜長に最適な映画。イーサン・ホークにやられました。血まみれになりながらトランペットを吹くシーンは、見ていて本当に苦しかった。しばらくの間、チェットベイカーを聴き入ることでしょう。次はマイルスの映画が観たいな。
映像がきれいね
「ブルーに生まれついて」という言葉好き。Born to be blue.
2017年129本目

最後の選択は色々意見はあると思うけど
あの最後の選択が良かった。

1度到達した境地はやっぱり忘れられないんだろな
スムーズに観終わってしまった‥

どこか孤独で、重圧に負けてしまう人間性や天才性は感じました。

やっぱりジャズはオシャレやな〜と思いつつも、語れない自分に少しもどかしくもあり‥

儚い映画でした。
チェット・ベイカーとイーサン・ホーク。観るしかない。

一過性だからこそ輝く青春を、生まれもってそこでしか生きれなかったのがチェット・ベイカー。

美しい夕陽が永遠に水平線に沈まなかったとしたら、引き換えに自らが沈んでいくしかないだろう。

チェットにとっての〝born to be blue〟とはそういうことだった。

予告はめちゃめちゃ素敵だったのに、本編はイマイチ。でも、イーサン・ホークのチェットのなりきり方は素晴らしかった。

あと、マイルスがめちゃめちゃマイルスしててオシッコちびった。ほんとあんな感じだったんだろうな。鼻っ柱が強くって。

映画としての評価は低いけれど好きです。
sotagokon

sotagokonの感想・評価

4.0
ストーリーが終わった瞬間、余韻でエンドロールの曲に浸る。ものすごいずっしりくる。イーサン・ホーク渋い
elie

elieの感想・評価

4.3
エンドロールで誰も立たなかったのは初めてかも
あーなんて哀しい音
こんなにも命を削る優しい音があるのか
演奏したいという強い想いが痛切に伝わってくる
どれだけ道徳に背いても一度達してしまったその音をまた味わいたい
何より演奏者がJAZZを一番近くで感じていたいのかも
ラストの選択で深く深く堕ちる
心の弱さと強さを
私たちは残された命の音を只聴くだけ
かなしいはいとしい
>|