ブルーに生まれついての作品情報・感想・評価

ブルーに生まれついて2015年製作の映画)

Born to Be Blue

上映日:2016年11月26日

製作国:

上映時間:97分

3.9

あらすじ

名ジャズ・トランペット奏者として一世を風靡した、チェット・ベイカーの苦闘の時代を描くドラマ。ドラッグに依存し、暴行されて歯を失い、どん底に落ちたチェットが再生を目指す姿を、イーサン・ホークが見事に再現する。シャープな映像とクールな音楽が抜群の官能をもたらす1本。

「ブルーに生まれついて」に投稿された感想・評価

ワーゲンバスで暮らすのいいなぁ
思ったより感
ただイーサン・ホークは凄い
こうき

こうきの感想・評価

4.7
チェットの人生が妙に手に取るように分かる演出で個人的に良い作品だったとしか言えない。

最後の選択はどちらに転んでも結局自分の為だから、正しいとかは無いと思う。人生はタイミングの一瞬で乗り越えなきゃいけないものも変わるし、大切なものも左右されるし、結局その瞬間自分にとってベストな選択をしたかどうかだと感じた。
りんや

りんやの感想・評価

3.5
ラストまでかなり淡々としている、その反動かラストは感情的
Usay

Usayの感想・評価

3.5
想像してたのとちょっとちゃうかった どんでん返し系かなと勝手に思ってた
結構単調で官能的 ジャズやからスローテンポなってまうんかな
ラスト20分は8mileみたいで緊張した
しかしながらクスリはあかんでー まぁこれぞ真のアーティストて感じなんかな
airin

airinの感想・評価

4.0
My funny valentineが心地よすぎてそのまま寝そうになった。ジャズエイジと、その世代に生まれた人たちがつくるビートジェネレーション、たまらない。リバーフェニックスにしろ、ジェームズディーンにしろ、チェットベイカーにしろ、何でこうも。。。ララランドがすごくチープに見えた。
kawara

kawaraの感想・評価

-
ララランドだった
こっちの方が先だけど
ジャズ詳しくないけど大学の友達に教えてもらってからチェットベイカーはずっと聴いてる。素人にも分かる格好良さと哀愁。泣く。
Noriko

Norikoの感想・評価

3.7
人間は弱い。
イーサン・ホーク名演。
ktrmrt

ktrmrtの感想・評価

3.6
なぜだかわからないけどわたしには「イーサン・ホークはほんとにダメな男」というイメージが強くあって、この映画のまあダメダメな主人公を「演じて」いるイーサンを見ていても「ただのイーサンクズ映画」じゃん…と観ていてただただ哀れな痛い感情しか出てこなかったのですが、終盤のシャワールームのシーンから演奏シーン、そしてラストではじわじわ涙が出てきました。
>|