ブルーに生まれついての作品情報・感想・評価

ブルーに生まれついて2015年製作の映画)

Born to Be Blue

上映日:2016年11月26日

製作国:

上映時間:97分

3.8

あらすじ

名ジャズ・トランペット奏者として一世を風靡した、チェット・ベイカーの苦闘の時代を描くドラマ。ドラッグに依存し、暴行されて歯を失い、どん底に落ちたチェットが再生を目指す姿を、イーサン・ホークが見事に再現する。シャープな映像とクールな音楽が抜群の官能をもたらす1本。

「ブルーに生まれついて」に投稿された感想・評価

ワーゲンバスで暮らすのいいなぁ
イーサン・ホークの、はにかんだときに歪む口元。声で演技をするところ。

たまらなく好き。


期待して観たけど、期待以上だった。
Yosuke14

Yosuke14の感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

トランペットに生涯を捧げながらも薬物を絶ちきれなかったチェット・ベイカーの1950年代からを描いた作品。
自分を献身的に支えてくれた最愛の人ですらも裏切ってしまった彼を演じたイーサン・ホークはハマり役でした。
最後はそうしてでもトランペット奏者としてのプライドが勝ってしまったのかもしれません。
#薬物ダメ絶対
むらこ

むらこの感想・評価

3.3
Born to be blue.
Chica

Chicaの感想・評価

-
イーサン・ホークが観たくて。
も〜!!めちゃくちゃかっこいい〜!
色気ありすぎてやばい〜!!
演技も素晴らしかった〜。
キャスティングした人に感謝!!

最後はなんとも言えない気持ちになった。

でももう一回観たいやつ。
音楽に打ち込み続けるには、心が弱くないといけないのか?最高に優しくて抱擁力のある、理想的なジェーンはオリジナルキャラクター
必ず選ばなければいけない。人を捨てられるのは、天才だけ。

きっと彼は、捨てた彼女の事を思い出したとしても、後悔しないんだろう。彼女を捨ててまで、彼は演奏家以外になれなかった。どんなことよりも彼は弾き続ける事を選んだ。

彼女が薬だった。彼女がいなければ吹けなかった。

変わらないものですね。そうか、そうでしたか。
shige

shigeの感想・評価

4.0
JAZZトランペット奏者 チェット・ベイカーの半生を描いた映画
大成功を収めた後、ドラッグにハマり
堕落後に再生し復帰する迄の話

チェット・ベイカーの
心は弱くまた孤独だなって思う

ラストシーンは切なさが込み上げてきた

イーサン・ホークのMy Funny Valentine
めっちゃ良かったな~👍

いい映画でした
hagy

hagyの感想・評価

3.0
👍
衣装いい、
タカ

タカの感想・評価

3.8
ラストの展開に胸が苦しくなる…
切ない映画…
>|