ブルーに生まれついての作品情報・感想・評価

ブルーに生まれついて2015年製作の映画)

Born to Be Blue

上映日:2016年11月26日

製作国:

上映時間:97分

3.8

あらすじ

名ジャズ・トランペット奏者として一世を風靡した、チェット・ベイカーの苦闘の時代を描くドラマ。ドラッグに依存し、暴行されて歯を失い、どん底に落ちたチェットが再生を目指す姿を、イーサン・ホークが見事に再現する。シャープな映像とクールな音楽が抜群の官能をもたらす1本。

「ブルーに生まれついて」に投稿された感想・評価

ダイ

ダイの感想・評価

3.7
かっこいい、、哀しい、、
koya

koyaの感想・評価

3.6
ジャズには詳しくないが、脆さや危うさと哀愁漂うトランペットの音色がチェット・ベイカーそのものなのではないかと思った。
hinako

hinakoの感想・評価

3.8
音楽家のリアルな人生 born to be blueってタイトルがかっこよすぎる
全編に流れるジャズ・トランペットが素晴らしい。
fumika

fumikaの感想・評価

3.5
1950年代ジャズ界で活躍したトランペット奏者チェットベイカーの半生を描いた伝記映画


半年間の特訓を経て臨んだ作品ということらしいが、彼はその期間で見惚れるくらいチェットベイカーの魂を自分のものにしている

麻薬に溺れて転落を味わう気怠げなその姿もイーサンホークが演じるとどこか色気があって素敵


今作に出てくるチェットベイカーを支える女性ジェーンが実在の人物ではないという点は今作の評価を別ける要素になると思うけど、作品として見るには最低限のポイントだと感じたし、終わり際、彼が再起を果たした舞台を見届けた彼女の決断も上手かった


イーサンホークを観るとビフォアシリーズを観返たくなる
Takatsugu

Takatsuguの感想・評価

4.4
イーサン・ホークが最高にカッコいい。
音楽系実話。演出が凝ってた。
実に淡々と進んでいき、一人の歪みや亀裂を眺めているような映画。
MEG

MEGの感想・評価

4.0
2018.9.17/hulu
naca

nacaの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

ドラッグで落ちぶれていって命を焦がすミュージシャンものの映画が多い中この映画は逆パターンでどん底のミュージシャンが改心していく話だと最後の最後まで思っていたが…
芸術と戦ってる人は儚いものなんだと切なくなった。映画としてはすごく良かったがなんかもやっとする。それがリアルなのだけど。
>|