ブルーに生まれついての作品情報・感想・評価

ブルーに生まれついて2015年製作の映画)

Born to Be Blue

上映日:2016年11月26日

製作国:

上映時間:97分

3.8

あらすじ

名ジャズ・トランペット奏者として一世を風靡した、チェット・ベイカーの苦闘の時代を描くドラマ。ドラッグに依存し、暴行されて歯を失い、どん底に落ちたチェットが再生を目指す姿を、イーサン・ホークが見事に再現する。シャープな映像とクールな音楽が抜群の官能をもたらす1本。

「ブルーに生まれついて」に投稿された感想・評価

naoko

naokoの感想・評価

-
馬鹿だな〜って思うけどわからなくもない。
人間って弱い
yume

yumeの感想・評価

3.7
現在を生きることが出来なかった彼と、その代わり未来にまで色濃く残る彼の音
「hello,fear. hello,death. fuck you.」
イーサン・ホークの掠れた甘い声が良かった
MiwaNakao

MiwaNakaoの感想・評価

3.5
苦しい
苦しいよ、、
おず

おずの感想・評価

4.0
イーサンホークとジャズとパッケージの素晴らしさよ
scarface

scarfaceの感想・評価

3.4
チェット・ベイカー。なかなか。
この時代の三大ジャズミュージシャンのチェットベイカーの話なんですが、物凄く良かった。邦題もいい。ミュージシャンにありがちな女酒麻薬が深く関わっている。芸術家や天才にある心の脆さやそれに対する乗り越え方が凡人からすれば何故そうする?と問いたくなるが彼にとってはそれが正解なのだろう。愛のために奮起するが最後に愛を裏切るような行為をしてしまい、ほかのミュージシャンはだまくらかせても、愛の前では技術など身につけたものは全部透き通ってしまうんだなぁと思った。ブルーに生まれついて、というタイトルのブルーも憂鬱など気持ち的なブルーや名曲のタイトルとしてのブルー、そしてジャズ界での俗語でのブルーもかかっていてうまいこと出来ているなとそこも凄い。

このレビューはネタバレを含みます

ジャズファンだけど、チェットについては詳しくなかったからちょっと分かりにくかったなあ。
でも、公式サイトにあった「チェット・ベイカーについて」を読んでやっとわかったし、勉強になった。

まあやっぱり、バードランドでのアウェイ感は凄かったでしょうね。
マイルス・デイビスの威圧感がスゴいし(笑)。
それにディジー・ガレスピーも出てきて、あのシーンはジャズファンにはめちゃ美味しかった♪
それに、後にディジーガレスピーがチェットを助けた話も、良いエピソードだった。

あと、パシフィック・レーベルのディック・ボック(リチャードボック?)とのやりとりなんかも良いね。
この頃のミュージシャンは、レーベルとの関係がいかに重要かがわかる。

チェットの歌は、今聴くと、こういうのもいいなあと思うようになったけど、若い頃は特に好きじゃなかったから、きちんと聴いたことがなかった。
この機会に聴いてみようかなという気持ちもあったから、私としては、イーサン・ホークでなくチェットの音源で聴きたかったんだけどね。

あと、イーサン・ホークはデイブレイカーを見てからというもの、吸血鬼に見えて困る(笑)。
イーサンは渋さ全開だけど、本来のチェットはもっと甘い感じだったのではないかな。

公式サイト
http://borntobeblue.jp/sp/index.html

このレビューはネタバレを含みます

チェット・ベイカーを演じたイーサン・ホークの色気。

あんなにもボロボロで、すきっ歯だったり、ヘロインでヘロヘロだったり、なのに、とにかく色気。

ジェーンとの痴話喧嘩、からの婚約指輪とプロポーズの流れが、可愛らしかった。

たとえベタだとしても、良いものは良いのです。

スタジオでのセッション「マイ・ファニー・バレンタイン」の渋さ。

そして、バードランドの楽屋での緊張感。

たまらなかった。

もちろん、誘惑に負けず、ジェニーを裏切らずに、ステージでの演奏に挑んで欲しかったが、あの選択は、弱さであり、業でもある。

哀しいが、人間味だ。

嬉しい時には10秒以上、喜ぼう。
>|