ブルーに生まれついての作品情報・感想・評価・動画配信

「ブルーに生まれついて」に投稿された感想・評価

★あらすじ★

ウエストコースト・ジャズの代表的なトランペット奏者として世界で人気を誇っていたチェット・ベイカーだが彼は演奏や評価への重圧によりヘロイン中毒になり麻薬絡みのトラブルに巻き込まれることも少なくなかった。ある晩、暴行を受け前歯を折られてしまい今までどおりトランペットが吹けなくなってしまう。どん底に落ちるチェットだが恋人の支えもあり、麻薬を断ち切り、音楽界に復帰を果たそうと奮闘するが…。

★感想★

奏でることでしか生きることのできない男の悲哀が時に愛を持って時に突き放すかのように情緒豊かなジャズと共に描かれる。心を打つ音色で奏者として認められてもそこに人としての幸せがあるとは限らない。脆さ儚さも全ては想い描く演奏のためだったのだろう。

★オススメ★

チェット・ベイカーを聞いたことのある人。
ジャズに興味のある人。
人生を賭けている何かがある人。
tulpen

tulpenの感想・評価

3.6
ラストの選択に至るまでの流れが
わかっちゃいるけど切なかった。



U-NEXTリトライ 38本目
イーサンホークの演技が素晴らしい。
人物について全く知らずに観る伝記映画…。
そこでどれだけその人物に惹かれるかが、その作品の一つの評価だろう。

そういう意味ではチェット・ベイカーというミュージシャンにあまり魅力を感じなかった。
ただイーサン・ホークは凄い。

それにしてもなぜこんなにもミュージシャンとドラッグはこんなにも密接なのか。
怖いものと分かっていながらも手を出してしまうくらいプレッシャーなのか。
その心理については一生理解できないだろうなあ。

ジェーンの存在感が素晴らしかったため余計に残念でならない。
滑頭

滑頭の感想・評価

4.2
シンプルに、良作。
『ブルーに生まれついて』というタイトルの通りの着地。満を持してのタイトルバック。地味だけどよく考えられた脚本、編集。短くまとまってて見やすいし、良い。

2016/11/29 @角川シネマ新宿
A子

A子の感想・評価

-
ジャズも音楽も好きだから大好きだった。

ただ一つ、イーサンホークよ、せめてトランペットの指は合わせて。。
未熟

未熟の感想・評価

3.0
2019-013
miitan

miitanの感想・評価

2.3
イーサン・ホークはいつの時代も格好良いね。
>|